2015年11月12日

ハイランド整備

今シーズンもお世話になりかもしれない廃ゲレンデ、ハイランドの整備のお手伝いに。
山は放置されると容赦なく植物が育つ。いい斜面なんだけど、藪になってしまって滑れないことも。
だから雪が降る前にうるさそうな木を切っておこうと。
IMG_8659.JPG IMG_8663.JPG
白馬のガイドさんたちがメインで集まった。私はオマケみたいなもんだけど精一杯切ってきた。
作業の支度がまるでダメ。次回はもっと適した装備で臨めそうだ。ススキの背が高くて埋もれながらの作業、カラマツは切るたびに降ってくる。枝が体に刺さりまくる。足元は長靴が良さそう。
まだまだ切れる木があってもっと切りたかったけど時間で終了。
皆さんはお風呂に入りに行ったけど、私はせっかくなので周辺のトレイルを偵察。
アップダウンがあってなかなか走れる良いトレイルだった。
IMG_8666.jpg IMG_8674.JPG
ここは白馬トレランの大会でも使ったよう。MTBも楽しめる良い里山コースだった。
IMG_8665.JPG
posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

ゴビ砂漠でのレース

11/8(日)中国のゴビ砂漠で50kmのレースがあった。これはウルトラマラソンという名前がついていいるけど50km・・・かなりのスピードレースになりそうだ。
このレースは3週間前に舞い込んで来た。最初は砂漠なんて・・って思ったけど、招待だしいけたら行ってみたいという気持ちになった。私がレースをあまり入れてなかったから自分の予定ではOK。しかし旦那さんの出張が二つも重なる事態が!しかしあっちゃんに頼んだりでいろりろ手を講じてなんとかなりそうなのでOKの返事をした。そしたら、出張は最後の日のみになり!今回のレースは「行ってきなさい」と神様が背中を押してくれているようだった。

その後の連絡が全く来ない。これが普通かと思って待っていたけど出発5日前になっても全く連絡が来ない。
朝の集合が早いと聞いていたので電車は無理なので乗り合いタクシーにしようと思っていた。いい加減に予約しないといけないので連絡を取ると・・・中国スタッフから直接連絡がきているはずと。出発時刻と到着時刻をきいたのでeチケットの名簿一覧のみ教えてくれたけど・・・直接お話していた方はその日中国へ行ってしまった。集合時間とか日程とか全くわからない。名簿に知っている人に名前があったので連絡し、FBや日程を教えてもらえた。FBは詳しい情報があってとてもありがたかった。しかし・・日本のメンバーに私の名前はない。

日程
2015年11月6日
4:30 東京羽田空港3Fゲート案内カウンター付近集合
7:05 東京羽田発 CA422便
10:05 北京首都国際空港着ターミナル3 着後、空港内にて蘭州行きの飛行機にトランジットのため待機
12:10 同上 CA1271便
14:45 蘭州着 着後、エアーポートトレイルにて、蘭州西駅へ
17:40 蘭州南駅 D2743 高速鉄道にて酒泉市へ
21:57 酒泉南駅 避泉南駅着後ホテルへ 酒泉東方国際酒店 "住所:中国甘粛省酒泉市肃州区倉門街6号
電話:+86 937-2699999" jqdfhotel.com

2015年11月7日
15:30〜16:00 酒泉東方国際酒店 1F会議室前 レジストレーション
16:30〜17:30 同上 メディア告知式典
17:30〜18:30 同上 1F会議室 選手ブリーフィング 時間前には、会場にお越しください。
18:30 同上 1F大宴会場 歓迎晩餐会
20:00 歓迎晩餐会終了


2015年8月8日
6:00 ホテルにて朝食
6:50 ホテル出発指定のシャトルバスに乗車してください
7:20 ゴビ砂漠試合会場 競技会場着
7:20〜8:00 スタート前の準備 事前に預ける荷物等は、指定の場所におあずけください。
8:10〜8:50 ウォーミングアップ
9:00 競技開始
14:00 会場にて表彰式
14:30〜17:30 競技終了後の選手はホテルへ 表彰式終了後、毎30分間隔で選手の人数に合わせ、会場からホテルまでシャトルバスが出ます。各選手は預けた荷物を忘れづにお引取りになり、ホテルにお帰りください。
17:00 競技終了
17:30 会場クローズ
18:30 酒泉東方国際酒店 ホテルから晩餐会会場へ
19:00 感謝晩餐会
20:30 晩餐会終了


2015年11月9日
お昼の出発まで自由行動
11:00 ホテル発
11:30 酒泉南駅着
12:10 酒泉南駅 D2758 高速鉄道にて蘭州へ
16:59 蘭州西駅着後蘭州中川空港へ
19:25 蘭州中川空港 CA1222便 蘭州発
21:35 北京首都国際空港 北京着
着後航空会社指定のホテルへ

2015年8月10日
8:35 北京首都国際空港 CA181便
12:50 東京羽田空港 着後解散

こんな感じだったけど、幾つか変更があった。
まずは初日で目的地の酒泉に行っているよてだったけど、天候で飛行機が飛ばず蘭州で宿泊。
7日早朝に出発して昼過ぎに蘭州に。予定していた観光はナシし。
その代わり観光ランはで来たけど
IMG_8600.JPG

8日当日が予定どうりでなくて笑った。
まず朝食の時間になってもない。出発の時間になってもバスが来ない。
スタート会場に時間にギリギリ間に合って行ったけどきてない人がいるため1時間延期。
海外、特に中国なんてハプニングはつきもの、あきれたけどうまくこの波に乗ろうと思った。

帰りは北京まで行く予定。日本チームは念には念を入れて11:00に出れば間に合いそうなものを5:30朝食6:30出発に。結局予定どうり深夜に北京到着だった。

久しぶりの外国。荷物は最小にしようとモンベルの65Lザックで収める。
乗合タクシーなので家から羽田まで荷物を担ぐことはないので問題ない。
4:30集合の羽田に3:30には到着していた。1時間どう過ごそうかと思ったが、いろんな人が「待ち」をしていた。空港は待つ人が多いのだ。広い空港でうろうろしてみた。
まず両替をした。1元=20円なので1000元(約2万円)両替。後から多いかもと思ったけど、最後の北京でお土産で全部消化。
保険もかけようと思ったけど結局かけず。(5:00〜だったから集合後忘れた)
集合場所に近いとこに座ってゆっくりしてたけど、ギリギリになってやっと2人。知っている人がいたので近くに行って挨拶。しかし・・・のこりの人はなかなか揃わず・・・連絡不行き届きだった。
でも時間的には4:30集合ははやいから・・・
IMG_8442.JPG
浅間山の煙が見えて、松本の上空を飛んで富山方面に抜けた。北アルプス、乗鞍が白く見えた。

北京は雪が降っていた。
寒いけど荷物にダウンを入れてしまった。空港内は暖かいと思ってトランジットの荷物預けでも出さずに。
そしたら天候不良で遅れ、待つことに。困ったことに空港が寒い。特にゲート前は全く暖房が入っていない。
でも、寒さには強いのか、フリースのみで乗り切った。
蘭州のホテルはショボかった・・シャワーがカーテンのみで仕切られて、トイレが水浸しになる。
夕食は各自ということで近くの食堂へ。中国語は全くわからない。英語も通じないので適当に注文。
以外においしかった。
IMG_8470.JPG
2人はラーメン、2人はチャーハン。チャーハンはとても油っぽい。
IMG_8448.JPG
中国語の品物は外国にきていると実感する。

次の日の移動は高速鉄道。蘭州と敦煌をつなぐ立派な新幹線。
IMG_8487.JPG
ありがたいことに一等席に座れてゆったり。日本チームで二等席だった人もいて・・ラッキーだった。
IMG_8623.JPG
これは帰りだけど、電車から素晴らしい景色がみれる。中国は広い。日本アルプス並みの山脈が永遠につながっている。
IMG_8512.jpg
さすが酒泉のホテルは綺麗でひろい!

受付でトレーナーとニット帽が参加賞にあった。ニット帽、オレンジと紺のリバーシブルでかぶり心地もGOOD。

運動不足なのでみんなでランニングに出かけた。
IMG_8600.JPG
さっきも同じ写真載っけたけど。
知らない待を観光しながら走るのはいいね!

歓迎会が盛大に行われました。
IMG_8699.JPG
ご馳走のオンパレードですが、デザートがありません。
中国はデザートの習慣がないのでしょいうか。

デポなどの用意をすませ、就寝。

次の日は5:00朝食(お弁当?)の予定が用意できておらず・・・
結局、持って行ったα米を。同室の大石さん(今回3位入賞賞品ゲット)もかわりそうだったので半分分けてあげた。降りていくと朝食配布終了後だった。
食べなかった人に恵んでもらえたけど・・クロワッサン1個とみかん、ゆで卵(衛生的にどうかとうい代物)と細いソーセージのみ。α米たべておいて良かった。それを食べながら待つけど時間になっても来ない・・・
やっと来たバスにギリギリ乗れて会場に。でもまだ乗れてない人がる・・
会場はとても寒い。控室(テント)は暖房完備とあったけど全くなく凍るような寒さ。でも、ダウンを着た私は大丈夫。トイレの汚さも想定内。山ではもっとやばいところがいっぱいあるし。
スタートも9:00だったけど1時間遅れた。
たぶん0℃くらいなんだろうけど寒く感じた。ウインドブレーカーを脱げなくてスタートラインに立った。ザックは背負わず、シンプルハイドレーションで水分を持って、ランスカのポッケに3つショッツを入れて。
ウインドブレーカーはおいていこうと思ったけど、寒くて脱げなくてスタート。案の定暑くなって途中で脱いだ。
IMG_8579.JPG IMG_8651.JPG
こんなところを走りました。前半はもっとアップダウンがあって結構進まなかった。でもウルトラランナーさんはもっと苦戦していて抜かせてもらっった。
エイドはすぐに来て背中に入れた水はほとんど飲まなかった。距離半分までにショッツ2個、エイドでバナナ半分、15k地点でスペシャルドリンク、コーラを飲んだ。
26km地点ではデポザックが。そこにウインドブレーカーを脱いでいれ、カロリーメイトのゼリー(200kカロリー)を飲んでショッツ1個追加して持った。
その後はシュペシャルドリンク(コーラ)をのんで、最後の42km地点ででショッツをのんだ。後はエイドで水を半分(150くらい)を毎回飲んた。スピードは苦しかったけど、緩めずに頑張って最後まで。何度か緩めそうになったけど、呼吸が苦しくて肺が痛かったけど頑張った。出走した人たちは口々に景色が良かった、飽きずに楽しめたというけど、私はなんだかそういうことはなく、地平線が遠くてそんな遠くは途方もなく感じ、変わらぬ砂の世界にうんざりしながらロボットのように手足を動かしていた。山のようにここ通るの?的なスリルがないのかな?とにかく余裕がなかった。だって心拍上がりっぱなしではーはーだった。意外に走れるので、歩くところは全くなかった。ゴールは5時間切った(と思う←まだリザルトが発表されてない)しかし、男子のトップは3時間半くらい!って信じられない!女子のトップは4時間半くらいだったからまだ救い。なんとなく6位くらいだと期待しているがどうだろうか。
お友達の大石さんは3位で賞金げっと!
ちなみに日本円で1位120万円、2位70万円、3位50万円!
この大会は中国のバブルに乗っているのだろうか、かなりの資金が投入されている。全員(役300人)エントリー費はタダ。日本の招待選手の移動費宿泊費もタダ。
おいおい100kmのレースにするよう。そうなったらまた行ってみたいけどまた招待というラッキーはこない気がする。今回は募集が直前すぎたり、開催日が変更になったりで行ける人が少なくてもうだれでもいい感じだったから。全てが一期一会、出会いに感謝である(ここで使う言葉なのかは自信ないが)。

男子は日本人最高位は4位。あと一歩!本人も残念がっていた。この人もトレイルランナー。砂漠はトレイルランナー有利だった。
表彰式を見るために終了後のサービスのマッサージは受けず。最近お金出してもマッサージして欲しいことがある。終了後、フードのふるまいがあったけど、どれか一つを選ぶのかと思ったけど全種類でも良かったみたいで後悔。ゴール後はやはり少し胃にきていた気がする。

早めに到着した日本人たちがバスでホテルにかえるというので一緒に乗って帰った。もう少しゴールをみたり観光してりすれば良かったな。娘のお土産の砂も取り忘れた。しかし、それはシューズに入っていた砂で対応できた。良かった良かった。

ホテルに戻ってシャワーを浴びてスッキリして、後夜祭までゆっくりする。荷物をまとめたり、やることはいろいろあった。

後夜祭パーティーは前夜祭と同様、盛大でお酒も飲めるので盛り上がった。
次の日の出発が早まったので買い物に行けないことが分かり、終了後ぎりぎりに買い物へ。
デパートみたいなところには食品や衣料品、化粧品、雑貨などいろいろあった。
時間がなかったので手早く。中国の食品は日本では敬遠するのでお土産を選ぶのが難しい。
でも、韓国のりならもってこい!と思って買ったけど・・よく考えたら中国に来ていたんだった(笑)
子供に買ったパンダのぬいぐるみは早速鼻がもげていた・・。(うちに帰って縫った)

次の日は北京まで。到着は深夜になる。
まさかの5:50朝食だけど、やっぱり少し走っておきたい。30分くらい、と出かけるが、体が重くて15分で断念。でも少しは走れて良かった。
朝食バイキングはおいしく食べすぎる(笑)絶対カロリー取りすぎ!
バスと電車で蘭州の空港まで行き、北京行きの飛行機19:05発まで待機。5時間くらい時間があったけど、なんだかんだであっという間。バスで中途半端に食べたのでみんなで一緒に昼食は遠慮。中国の空港は必ずお湯が汲めるのでカップラーメンを食べてみた。5元(100円)が一番安いのでそれ。高いのは20元(400円)!
辛くて酸味があっておいしかった!スープは甘いものと一緒に食べて完食!

時間どうり飛行機出発。機内食は夕食代わりだったけど、絶対足りない。アルコールもない。
ホテルに到着したのは22:00すぎだったけど、何か食べるものとアルコールが欲しくて買い物に。
24時間営業のコンビニ発見!ガソリンスタンドと併設されていた。
日本人はほとんどそこに来てお買い物。部屋に帰って飲んで食べる。
そのホテル、実は直前で無断で変更になったらしい。お部屋は暖房入れても効いてない。まあ蘭州のホテルよりはいいか。500のビールとおつまみとカップラーメン(今度は味噌味のでこれもおいしい)で落ち着いて、シャワーは朝にして就寝。
少し早起きして朝ランに挑戦!10分走って同じ道を帰ってくる20分をやってみた。時間もなかったけど空気が悪くて長時間は無理。でも少しでも走れて良かった。走ったおかげでシャワーの水が熱くならなかったけど、何とか耐えれた(笑)ドライヤーはなかったので頭は洗わず。蘭州のホテルもなかったのでドライヤーは持ってくるべきだった。

8:30の羽田行きに乗るために5:00出発のバスに乗る。仲間の人が寝坊して遅れた。昨日遅くまで飲んでいてまだ酔っ払っているらしい(笑)
北京空港はお土産が豊富だった。それぞれで時間を潰し、朝食に高価な(日本円で600円!)サンドイッチを食べ日本へ。機内食のおかゆは美味しかったけど足りない。昨日は3時間くらいしか寝ていないので飛行機で寝る算段だったけど、隣がこの旅の仲間の人だったのでアレヤコレヤお話。考えてみたら飛行機は今までみんなバラバラだった。相手の方は男性だけどお話好きだったので途切れることなく。でも男性がトイレに立った時に寝てしまったようで30分くらいは寝れたかな。同じ趣味の仲間との話は本当に楽しいものだ。
日本に到着し、荷物を受け取るとホッとした。届かない可能性もあったので。
羽田空港は平日なのに結構込み合っていた。
これで解散、寂しいような、ほっとしたような。これからの自分の予定を確認しイメージしないとな、と思った。
帰りも乗り合いタクシーをお願いしていた。今日もラッキーなことに一人。
気さくな運転手さんと少し話し、FB処理したり連絡したり寝たりしてたらすぐにうち。6:00近くなってしまったけど、娘は良い子に問題なく(多分)待っててくれた。
お土産やお話して疲れてたけど夕食準備。この生活の波もうまく乗ろう、旅行中も何とか乗れた思う。

これからの予定もいろんな弊害や事情があるけれど精一杯、最大限楽しめる、でもいろんな人への迷惑は最小限に計画していこうと思う。これが私の現在の人生の楽しみかたなのかな。全体的に幸せ!全てに感謝!

posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

2015−2016初滑り

毎年恒例軽プリ(軽井沢プリンス)
IMG_8396.JPG
今年駐車料金500円取ってた。

娘もだいぶ滑ってくれるようになった。
・・・でもまだまだ元取る感じではないけど。小学生以下ただだったから今日はいいけど。
IMG_8409.JPG IMG_8432.jpg
4時間券で滑ってアウトレットへ!
娘の欲しいブーツは何とかあった!しかも1500円ってうれしい!すぐに履けなくなっちゃうし。
私はサングラス!やっぱりオークリーのチタニウムクリア(レンズ)が自分にはあっている。
知り合いにおまけもしてもらった。
旦那さんはよくわかんない(知る人ぞ知る人気ブランドらしいけど・・)ウエア上下買ってた。
値段は・・・言えません、よくポイっと買ったなあ(本人はどう思ってるか知らないけど)
posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

中房から槍

前線は通過したけど冷えなかった。槍はまだ行けるかもしれない。
で、おととい思い切れなかった槍に!朝の早起きや段取り、長い行程を思うと一人で行くのはかなり覚悟がいる。
誰かがいれば「行かないと」という気持ちで簡単に行ける(はず)
最近はあえて一人で行くようにしていたらいろんな人と行く山が遠のいている。
だから仕方ないのです。
3:00スタートの予定で1:45に起きた。30分で用意できると思ったらうだうだして1時間かかってしまった。なのでスタートはかなり出遅れ登山口3:50出発(笑)
まあ、13時間かかっても17:00には帰れるか・・
燕山荘までゆっくりを心がけてうまくいった。でも、ゆっくりだったかは疑問。結構辛いんです。。。
ずーっと月が正面に見えた。ヘッドライトを当て返されてるようで笑えた。だから今夜は全く怖くない(いつも怖くないけど)。
山荘付近で夜明けちかく。空の色が美しい。でも稜線は風が強くて寒い。カッパ上下着込んだ。今回のカッパ上は旦那さんのプルオーバータイプの大きめのもの。いつもの私のは手まで隠れないし、丈が短い。その点、旦那さんのはすっぽり覆うのでいいと思った。思ったとおり大正解。自分のだったら寒かった!←自己満足(笑)
もう気づいてはいたけど槍は白い。思った以上に雪が降ったみたい。でもこっちは全くないので行けるところまでいってみようと進んだ。
IMG_8175.jpg
雲海が綺麗!
進むペースははかどってないけど、この景色の中進むのは悪くない。やや登り走らないとな、と思うけど後のことを思うと・・速歩き程度に。

IMG_8181.jpg
白い白い。大天井山頂は通らずヒュッテへ。もちろんやってない。冬季避難小屋があった。
ヒュッテは風が来なくてポカポカしてたので、入り口付近で楽しみにしてたドーナツとペットボトルの甘いコーヒー。下では怖くてなかなかできない組み合わせ。
そうだ、進まないと!と思い出す。歩きながら食べればいいのに・・と自分に言う。
西岳ヒュッテまでって1時間くらいだからすぐだよね、って思ったら・・・けっこうアップダウンあるし岩場もあった。私の記憶は相変わらず当てにならない(笑)

西岳ヒュッテで槍方面を見ると、東鎌尾根途中からダメそうだけどそこまでは行けそうだ。しかし・・・
目に入るのはぐーーーっと降ってがーーーと上ルート。
決断した!ピークハントしながら引き返す。どうせ槍はいけないからな・・・と逃げた(笑)
どう考えても良いペースで進んでない、おとといの疲れがあるかな。
とりあえず西岳(西田家w)に。標識がない?
まあ、以前にもなかったっけ?とりあえず一個目。
ここから常念岳が良く見えるおとといは向こうからこちらを眺めた。少しだけ槍に近づいた。
いろんなプラス思考を引っ張り出すけどやっぱり目的地に行けないのは悔しい。

次は大天井。ヒュッテをから大天荘に登り、山頂へ。ぐーっと上る記憶があったけど、けっこうトラバースしてなんとなく大天荘に。登山者2人一緒に山頂へ。中房から来て今日は常念で宿泊だそう。
大天荘へのトラバース道はロープで通せんぼしてあったけど、この人達がこっちから登るということは通れたはず。聞いたらやっぱりそうで、もう冬道で誘導してるけど、雪ないし、トラバースの方が歩きやすいと。
山頂からの下りは以前に転んだことがあるから怖かった。迷わず遠回りだけどトラバースへ。思ったとおり走りやすい。風は向かい風になって寒くて大変だったけど。何か着ればよかったけどめんどくさくてそのまま。寒いけどなんとか大丈夫だった。会う人はみんなニット帽にジャケットにパンツの冬スタイル。私はタイツにスカートにウインドブレーカー、頭はヘッドバンド。
次は燕。途中までけっこう走れる。そういえば西岳から大天井ヒュッテも走れるところがいっぱいあった。
そうか、帰りは少し楽なんだ!
燕山荘からもうひと頑張り。今日は槍に行けなかったペナルティーをしっかり消化する。
走れるとことは走った。おかげでタイムもいい感じ。

燕山荘からの下りも最速を狙おう!
下り始めると軽い!久しぶりにいい感じで下れる。たぶんこのルートが下りやすい。いつもここは調子が良く感じるのだ。たぶん足場がしっかりしているからブレーキをあまりかけなくていい。
もちろん1時間かからずに終了。
全体的にはよくまとまったけど、槍には行けなかった。もう今年はチャンスはないだろう。残念。

3:50中房温泉ー5:06合戦小屋ー5:40燕山荘5:48ー7:15大天井ヒュッテ7:20ー8:25西岳ヒュッテー8:40西岳8:50ー10:25大天井10:30ー11:45燕山荘ー12:00燕山頂12:05ー12:20燕山荘ー13:12中房温泉
posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

三股三角

お天気がいい予報だけど週末空けた私は朝からお願いする勇気がない(笑)
それから、なんとなくだるい。講習会やっただけだから体力的には問題ないと思うんだけど、気を使ったりで結構疲れているのか。
なので子供が小学校行ってから出かけられる近所の常念ー蝶に行くことに。
どちらから回るか好みだけど・・・なんとなく下を気持ち良く走りたくてこちら。
最初にガンと登ってしまえばラクだというのもある。
結局最近ラクな方へと体が動いてしまう・・。

8:28登山口出発。今回も登山届がなかった。
7:30には家を出る予定が・・まあ時間はあるから、となってしまう。今日のラウンドは5時間ぐらいだから9:00に出ても余裕で帰れる。でも下山後は少しでもゆっくりしたい。
今日は記録を狙おうかな、とも思ったけど体が重くて平らを走れない・・・
しかたなく淡々と上と、1時間5分くらいに台上。そんなに悪くないタイム。
でも、やはり体はおもいのでその後も淡々と。写真タイムや、シューズの紐の調節で何度か止まる。
シューズは最近左足小指の下の骨が当たって腫れる。ゆっるゆるにして甲をしっかり縛るよいうにすると少しいい。
山頂は相変わらずの絶景。今日は街が良く見える。槍穂高は雪がない。今日は無理を行っていくべきだったか。
スタートしてしまえばなんとかいけたような気がする。誰のせいでもない、全て自分の判断だから仕方ない。
IMG_8025.JPG
常念手前。

山頂で同じルートで蝶まで行ってテント泊をするという男性としばらくお話。しかし、今日は前線が通過する。
大丈夫だろうか。小屋はやってると言ってたけど・・もうしまったんじゃなかったけ?
まあ、その人の自由なので、天気図と前線通過で風がやばいことを伝えてお先に進んだ。

蝶までは3回のぼるという記憶。確かに大きい登りは3回。風が吹いてきた。蝶の稜線は結構な風が吹いていた。
景色はまだもってるんだけど。一部吹き飛ばされそうになりながら山頂。
何度きても良い眺め。
IMG_8086.JPG
定番のアングルだけど。
下山は最速を狙う。リズムはそんなに悪くない。風がないと暑い。
まめうち平からはがんがん飛ばしてみた。お友達と走ったときみたいにはいかなかったけど、下でプッシュすつときの体の使い方を思い出した。最近はゆっくりしか下っていなかった。
常念の登りで調子出なかったけど、後は淡々といけたのでいつもの5時間くらいか。

8:28三股登山口ー10:48常念山頂11:00ー12:35蝶山頂12:45ー13:33三股登山口ー13:38駐車場
posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

岡山トレイル

岡山ってどこ???恥ずかしながら四国地方はほとんど知らない。
ご縁があって講師を承った。

岡山の山ってどんなん?
大山、蒜山が有名だけど・・・そこは行かないらし。
初心者女子を対象とした講習会を土日で。
金曜日から現地入り。その日は子供の音楽会でバタバタだったけどなんとか最初の電車間に合い、予定通りいけすだった。
が!やっぱりやらかした。名古屋まではよかったけど、新刊線乗り場で岡山行きならなんでもいいと思ってたら、「ひかり」と「のぞみ」があrって、後者が正解。間違えて「ひかり」に乗ってしまって30分遅刻。なんでもこれは各駅停車って。しらないわ(笑)

岡山駅から新庄村は車をかっ飛ばして(高速も使って)1時間半ほどかかっった。
夕食をスタッフの皆様で。地元の関係者の皆様にご挨拶。気さくな楽しい方たち。

宿は合宿所のようなところ。でも新しいくて綺麗で暖炉もある。
IMG_7836.JPG

翌朝はコースの試走。
IMG_7839.jpg
昨日は暗くて確認できなかったけど、ソメイヨシノの桜並木。有名な「がいせん桜並木」というらしい。
桜の咲く時期にトリルランニングレースを開催予定らしい。素晴らしいロケーションになりそうだ。

講習会をする「山の家」に送ってもらって約15kmで迎えにきてもらう。
だいたい2時間くらいの計算だったけど、行ってみるとなかなか進まない。落ち葉で見えなくて足の置き場に気を使う。
稜線に登り上げるのは40分くらいだった。その後稜線アップダウンはけっこう大変。初心者女子にこのコースはちょっと酷か。最後の山頂(ランチする予定の場所)からのダブルトラックとアスファルト道路が長い。
これはアスファルトまでにしたほうがよさそうだ。

午後から森林セラピーと講習会。
森林セラピーはゆっくり森の散策。
IMG_7894.JPG

その後机上講習。私の用意した机上講習はたぶんとても退屈で過去最悪。自分が喋りまくって終わってしまった。もっと少なくして余裕を持って雑談しながらワイワイしたほうがよかったな。

さあ、6km2時間くらいで講習に出かける。土曜日は10人。結局30なんて(笑)
登り下りレクチャーはなんとなくうまくいったかな。

その後の交流会までの時間がタイトだった。宿にバスで移動してお風呂に入って着替えての時間が45分しかない。女子に風呂急げはダメでしょう!
隣の公民館では盛大なパーティーが用意されていた。
たくさんの手作りのおもてなし料理、もちろんお酒、餅つき。
たくさんたくさん食べて大満足。

宿に帰ったら女子トーク。山トークもたくさんでとても楽しかった。
女子はこういう会話がたのしいもの。
IMG_7921.JPG

日曜日は朝からツアー。12kmくらいを5時間くらいで。昨日の試走からアッスファルトはカット。
対応してもらえてよかった。
今日はあまり講習はしないでトレイルを楽しもうとスタート。
雨が降ったので霞んでた空気がクリアになり、大山、蒜山が意図房できた。
IMG_7932.jpg
みんな楽しそうでよかった。

稜線はかぜがあって寒い。落ち葉は案の定苦戦。
ちょっと下のコツをやってどんどん進んだ。
みんなちゃんとついてきてくれてすごい!
IMG_7948.jpg
雨でなくてよかった。
いろんなところで地元のスタッフ(役場関係の方々)が出迎えてくれて至れり尽くせり。
最後の山頂でみんなでランチ
IMG_7970.JPG
素敵なお弁当で女子じゃなくても大満足!
そこはポカポカしててゆっくりしてても寒くない。
さあ、後は林道を下って、アスファルトに出て少し行くと・・
IMG_7977.jpg
サプライズの手作りアーチ!地元のスタッフさんたち、本当に泣かせてくれます。
私のショボい講習会なんてこれで大成功に導いてくれます。
感謝感謝でバスまでトラックの荷台にみんなで乗って(内緒w)バスへ。こういう連携も絶妙。
私たちは新幹線に間に合うように役場の方に送っていただいた。
遅れるかもなんて心配したけど、最終に間に合う1本前の便に乗れた。
こんどはちゃんと「のぞみ」に乗った。混んでたので指定席。でも狭いからゆっり寝ることはできず。
帰宅後はお風呂はかろうじて入ったけどベットまで行けずコタツでダウン。
山にいってもこんなことないんだけど・・・
精神的に疲れますかね。

posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

近道(高瀬川線NO.73)

昨日通った林道にあった送電線の作業道、とっても綺麗だったからもしかしたら繋がってるかもと思ったけど、送電線で止まってるパターンとか、沢に出るけど渡れないパターンとか考えたら思い切れなかった。
なので、疲れの残った今日はそこを下から見に行くことにした。
家からアクセスはランではなくMTB。途中未舗装になり本格ライド。夢中で漕ぐのも悪くない。ただ、整備不良のMTBがギアチェンジがガチガチいうのと、どっかでパンクするんじゃないかの不安が常に付きまとう・・。
送電線が交差する地点まで来ると、何度かコンクリートのしっかりした橋があって問題なく送電線の作業道を見つけた。
IMG_7452.JPG
ここからは急なのでMTBは置いて登る。
とても良い道!
よく手入れされた感じ。
FullSizeRender.jpg
カエデも綺麗!
FullSizeRender.jpg
鉄塔に到着。
この周辺は身長より高いススキが行く手を阻む。
送電線直下に一度出ると上に続く道があった。がんがん登ると10分くらいで昨日決断を迷った分岐に到着!
IMG_7439.JPG
40分ほどで到着。300mくらいアップだしたいしたことない。ただ斜度がすごいから冬は使えないかな。
下りは慎重にゆっくり入ったけど15分くらいで沢に出た。
時間があったので沢を詰めてみたけどすぐにヤブヤブになってしまった。この林道は調査終了。
帰りはMTBでゴロゴロの林道をダウンヒル。ブレーキが伸びてて握ってもちゃんと止まらまいから怖い・・。
道路に出ると楽チン。
IMG_7513.PNG
今回の近道。

10:25家ー1124作業道分岐1132ー1153鉄塔ー120973分岐1212ー1230沢出合ー1235沢終了ー1255小野沢ー13:30家
posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

家から蝶ー大滝ぐるっと

最近高い山の上は冠雪の便りがちらほら。
でも家から見える北アルプスは白くない。
冬に通った東峠を通る林道はランニングになるだろうな。
で、今回は
家ー蝶ー大滝ー鍋冠ー東峠ー烏川渓谷ー家
9時間くらいかな、で5時スタートすることにした。

しかし、うだうだしててスタート5:40
もうライトいらない道路を走る。涼しいし、水場は登山口にあるのでボトルの水は300mlくらい。
ちょっと不安なのは食料が少なめ
パン2 ショッツ2 アミノバイタルゼリー1 グミ1袋 ドライトマト少し
ポンジューススパークリング410ml
IMG_7167.JPG
林道は朝日が差し込んで美しい!
今日は良い天気。
登山口はあまり車がないと思ったけど結構あった。
まあ、ここは常念へも蝶が岳へも行ける。バスが出たり売店があってもおかしくないのになあ。

登山口には用紙なしで登山届け出さず。
明るい登山道はそれだけで楽しい。走って登ってきたからかやっぱり足が重い。
途中で下山者に多く会った。
悪路付近で同じ山岳会のN山さんに会った。最速で行こうと思ってたけどここでおしゃべりしてしまう(笑)
山頂は風があったのでテント場の階段でカッパを着てパンとスパークリング。
FullSizeRender.jpg
槍穂高は雪化粧。青空がくっきりさせる。
しばらく撮影して大滝に向かう。
池の橋は架かっていて良かった。これがなかったら迂回して藪漕ぎだった。
IMG_7423.JPG IMG_7374.JPG
こんな優しい稜線。もうすぐ雪の世界になってしまうのだろうか。
IMG_7413.JPG IMG_7414.JPG
一応南峰まで行って戻って鍋冠へ向かう。最初は急なつづら。
しばらくすると船形地形。冬に通った時の面影を感じて楽しい。
少しアップダウンがあって、鍋冠への最後のゆるい登りを走ってると、遠方に人が。
山頂には男女5人のトレイルランナー。少し進むともう一人。ここはトレイルランナーには人気の登山道なんだろうか?
はっきり言って展望はないし、あまり景色は良くない。アクセスも悪くて三郷スカイラインは長くてもちろんバスはない。タクシー使ってまで来るところじゃないかな?車できたら普通は大滝ピストンしかない。
でもトレイルは走りやすいことは確か。
冷沢入り口で水を飲んでグミを食べた。残りの食料はショッツ1、ドライトマトだった。
まあもう帰るだけだし足りなければ自販機もあるだろう。
林道を走り出した。体は普通に動いてくれている。今回は吐き気はない。
途中でしっかりしたトレイルの入り口があった。
IMG_7439.JPG
ジオグラフィカで確認するとこのまま沢に降りれば林道に出て近道になる。
しかし、送電線の作業道は地図に載ってないし、下の沢の状況もわからない。
少し下ってみたけど、どんどん道が繋がっている。とても良い道。でもしたまでは思い切れずに登り返し、いつものように林道経由で。
下り基調なのでそんなに大変でなくアスファルトに出た。お家までも淡々と。でもやっぱり走り続けるのは疲れる(笑)
結局冷沢からプチ林道偵察も含めて約2時間。トータル9時間弱で今日のランニングは終了!
iPhoneの写真の時間が狂っていてタイムは記憶をたよりに、になってしまった(汗)
なおるといいなあ・・・

5:40家ー6:30ホリデー湯先ゲートー7:45登山口ー8:35まめうち平ー9:50蝶10:15ー11:03大滝北峰ー11:06南峰ー11:57鍋冠山ー12:21冷沢12:30ー14:20家
posted by ゆかりん at 13:10| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

大峰山

連休最終日、家族で出かけようという予定。
しかし、朝はゆっくり起きてゆっくる朝食を。
うだうだしてるともう11:00。
ちょうど長野に用事あるし、大峰山とか地附山に行きたいと話していたし・・・で長野に行くことに。
用事の待ち合わせ13:00に間に合うように11:30ころ家出発!
お土産やお昼やら上で料理するものを買っていたら12:00!急いで高速を飛ばして長野。
待ち合わせには間に合った。そこは自転車屋さんだったので物色→購入の定番の図(笑)

今日は大峰山をぐるっとしようということに。
旦那さんの岩下見のついで。
お寺に車を停めさせていただいて・・・
IMG_7131.JPG
ボルトもいっぱい打ってある。
登山道を登って物見岩
FullSizeRender.jpg IMG_7165.JPG
ここで終了したいanryをなだめ、せっかくなので大峰山に登る。
なんども登ったり降りたりしたところだけど、ゆっくり行くと長いな、と思った。
やっとお城にでて駐車場の東屋でお料理。
バジルのパスタとほうれん草とベーコン炒め。
暖かいミルクティー、美味しい。
止まると寒い。1時間くらいゆっくりして下山。
下山でもブーブー言いながら、でも楽しそうにanryさん。
お寺から少し離れた歌ヶ丘に下山したので私が喜んで車回収。
内緒でもう少し遠回りして戻ろうと思ったけど待ってるだろうからやめた(笑)

帰りはトレマンによってお買い物。あいにく購入まで行くものがなかったけどTDNの申し込み。
また120km走らせてもらえそう!今度は頑張る(MFリタイヤしちゃったんで)
posted by ゆかりん at 13:14| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

DSソフトごをGETするために

なんだかよくわからないけどDSのソフトが欲しいと言うanry。
チャレンジ(進研ゼミ)が2ヶ月もたまってしまったので、2冊(9.10月号)やったら買ってあげることにした。多分うだうだやって結局1ヶ月くらいかかるかと思いきや!
な、なんと3日でやってしまった!
下校後は毎日お友達と遊んでいたけど断り家にこもる。
休校の今日は私は仕事なのでお留守番の一日ですべてやってしまった。その後答えあわせがちょっと大変だったけどすごい頑張りを見せた!いままでにそんなに頑張ったところを見たことがなかっただけにとっても嬉しい。
今後他のことでも力を発揮して欲しい。

さて、いざできて買ってあげることになったら・・・
悪態ついて拗ねてみたり、泣いてみたり、いらないと言ってみたり・・・まあいろいろ面倒くさい子だけど(汗)本当によく頑張ったと思う。
IMG_7120.jpg
posted by ゆかりん at 23:46| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする