2010年02月07日

雪の怖さ

2/7

R&Bのツアーに混ぜてもらった。
私も入れて6人。

今回も栂池。
集合8:00だったが長野組遅れて9:00。
雪だから、いろんなトラブルがある。しょうがない。

今日はゴンドラとリフトを使う。
回数券のポイントを確認してなくて、一枚がカラだったみたい。
ゴンドラとリフト両方で係の人のお世話になるが、お金は払わずにスルーさせてもらった。

10:00歩きだす。
N村さん、ビーコン忘たよう。
そしたら登らずに帰るって。
自分にキビシイ。
会の方針なのだろか・・。

今日の天気は回復傾向。登り出したら薄日が差したり、晴れたり。しかし風が強い。
天狗原の下まで行くがこれ以上は寒すぎる。
ここでピットを掘ることに。
向きの違う斜面、2ヶ所。
私はたけさんにくっついて。いくつものギアが出て来て、吹雪の中観察。1メートル位に顕著な弱層があり、その上は何層にもなっている。今回の寒波で沢山雪が重なった。
CA380202-0001.JPG
雪まみれになりながらしっかり記録を取るたけさん。マメだ・・。

ふとハクノリの斜面を見ると、青空の中に真っ白な斜面。そこには破断面。いつも登る斜面の右。
そして、真ん中を滑った後に振り返ると、右の斜面にも雪崩た跡。
滑った斜面は、ややしまった快適斜面だったので、もう一本と思ったが、やめといた方が無難…と思わせた。

でもでもこれで帰るのはもったいない。
風はあるけど晴れている。
分かれて一人ヒヨドリに行こうとしたら、みんな付いて来てくれた。

樹林帯の南斜面でラッセルの雪は深め。
モンスターツリーがお出迎え。
素晴らしい景色に感激!ここは滑らなくてもハイキングだけでもたのしそう。
2番手を歩いていたら、交代になってしまった。
だんだん疲れてスピードが落ちるが、自分が言いだしっぺだし、頑張って西ヒヨのコルまで。
CA380212-0001.JPG

正面は誰も滑っていない。
崖横のこないだ滑った斜面はパックされて固い。
ちょっと左はもう滑られてて荒れ気味。
でもこっちのが雪のがは良かった。

登りのトレースもしっかり付いていて登り返す。
ここでも用意が早く出来たので先に出発してると、KG井さんがぴったり後ろに。あおられてたけど、譲るほどの長さでもないので頑張って登った。おかげで心拍トレーニングになった。

これで早稲田小屋に下りる、という事だったけど、まだ3時前。
私はもう1本滑ることにして、ここで単独。

もう滑るところも登る所も同じなので、滑りの練習に徹する。
雪が良いせいもあるが、テレマークターンが結構決まって気もち良い。

あっという間に登り返し地点。
登り返しはさすがにへろへろだったけど、景色を楽しみながら静かな私だけの時間。
分かれた地点までは30分もかかからなかった。
もう1本行けたかな?

早稲田小屋への斜面はそんなに悪くなく。ここでもテレマークターンで。林道ショートカットもいい雪だった。

ゲレンデは固くなってたけど、今日はなんだか良い感じ。
足の動きを確認しながら練習練習。

PM4:00車到着。今日も楽しかった!
posted by ゆかりん at 22:03| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

晴れ!パウダー5本

今日もトレーニングがてらチャンピオンゲレンデから。
動くものを使わないのでお金もかからないし、一石二鳥。

今日もTさんと。
でも、予定があるのでお昼にはあがってしまう。
雪次第で現地解散

AM7:30発
ゲレンデはまだシーンと静まり返っている。

急斜面の難関は、今回の斜面の状態が悪く(30センチ下に固い面があって、エッジで切って行かれない)シールは断念。
ツボにして登るが、踏んでも固い面(10センチくらいのクラスト)が割れて引っ掛からず、戻ってしまってなかなか進まない。
四つん這いで膝を使ったらあまり沈まず良かった。

後は尾根伝いにラッセル。今回は頑張って自力で。
Tさんは別ルートでそれぞれラッセル。
効率悪いけどトレーニングなんです。

CA380160-0001.JPG
3時間ほどで西ヒヨ。今日の天気は良し!
移動性だけど高気圧に覆われている。
最近の天気は低気圧や高気圧がいたるところに発生して天気が読みにくい。ただ、寒気が下りてきていないので暖かいのは確か。

前回の滑り出しと同じ所に。
まずは慣れた所で足慣らし。
今日の雪もいい!底付きしないパウダー。
テレマークターンも出来る。
減速しようとすると埋まる。

Tさん時間がないのでサクサク ラッセルして2本目。
登って解散。
来た道を帰るそう。私もその予定。後でメールや電話で情報もらって安心下山になる。

3本目は他の人も入ってギタギタだったので、もう少し東よりの斜面に。
一人だったから心配だったけど、開けた良い斜面が待っていた。
もう1本登り返して滑って、来た道を帰ろうとさっきのドロップポイントに行くと、知り合いたちがいた!
こんなところでばったりでうれしくて、調子こいてもう1本。
みんなで滑るって楽しい!
皆で登るのはもっと楽しい!

みんなはゲレンデ方向に帰るというので尾根で分かれて、私はヒヨドリ登り返し。
さすがにヨレヨレ。
下りは上の方は重めだけど、ところどころパウダーが残っていて楽しい。でも、転んで雪崩れてもやなので、テレマークターン封印。
もう少し落ち着いて斜面を選べばいろいろ滑れたかもしれない。
それは次回のお楽しみにしよう。

チャンピオンゲレンデに出る前のオープンバーンは恐ろしくクラストしていて、私では歯が立たない。
アルペンターンでも板が持ってかれた。最後力尽き、目立つ所で大転倒。久しぶりにガーンと来た。

ゲレンデはガチガチ。
今日のパウダーがふわふわだったからこのギャップは厳しかった。

PM4:00チョイ前に車に到着。
今日もよく遊んだ!
posted by ゆかりん at 21:52| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

ヒヨドリツアー

日曜日、新築訪問のため、土曜日は私が行かせてもらった。

今回は、ルートファインディングと地図読みの練習のため、おなじみ栂池。
ケガから復活したTさんに付き合ってもらい、チャンピオンゲレンデからヒヨドリ尾根ツアー。


ゲレンデはちょっと気が引けたので、なるべく迂回の林道を使い、使われてないまっさらなゲレンデを直登。
超ドライパウダー。程よい斜度。とっても滑りたかった。ゲレンデから見える所は遠慮して、見えないところを1本。
気もち良かった短いパウダー滑走。
後ろ髪引かれながら尾根に取り付く。

途中急な所があって苦労した。
ここはTさんに助けてもらってルートを作ってもらった。
私一人なら敗退だっただろう。
そこからは平和な尾根道で迷うことはない。
ラッセルは大変ではないけれど、確実に体力を奪って行く。
Tさんと交代・・と言ってもTさん7割くらいで進む。

3時間くらいでヒヨドリ峰
CA380082-0001.JPG
この辺は雲の境目で晴れたりガスったり。
ドロップポイントを探す。私はヒヨドリの先の一段低い鞍部からの急でない斜面で十分だと思っていたが、Tさんはが入りたいという所で入ってみた。
地図で見ても、見た目でも急で、怖かったけど、いつもゆっくり行けば何とかなるのでついて行った。
しかし、雪は30〜50センチパウダーの下に氷の層があって、滑落と雪崩の危険を感じた。さらに、どうやら尾根を間違えて、ロックバンドの上に来てしまったよう。私たちの技術では下りれないので登ることに。
しかし、シールで登るのは急だし、しかも板が噛まなくて苦労し、ツボでもクラストの下がグサグサで大変。
Tさんは早い段階からツボ。私は出来るところまでシールで行った。
谷を横切れば行けそうだったけど、危険なのでジグを切るとやっぱり転倒。技術ないなあ・・。
仕方なく板をザックに付ける。これでも手間取ってしまう。
登るのは大変だったけど意外に危険を感じなくて、はやくこっちにしとけばよかったと思った。

尾根に取り付き、休憩。
Tさんコーヒーを入れてくれた。

こうなったら、天狗原を目指して登ろう!ということになったけど、歩き始めるとすぐ、知ってるガイドさんに会う。
「めちゃめちゃ軽いですね。斜面いっぱい残っててもったいないですね」なんて言ってくれたので、即滑ることにした。
もう登りのトレースがついているのでラッセルしなくていいし。

滑りだすと、軽いバフバフ。
超おたけび走。決してうまくは滑れないけど、この気もち良さはたまらない。
登り返すと、20分ほどで尾根。
これはもう一本行くでしょう!もう3時だったけどもう1本。
プッシュしすぎで前転2回。でも楽しかった。
帰りは表を滑る。
こっちはしっかりクラスとで不快だったけど、テレマークターンしなければ全く問題ない。

早稲田小屋下の林道ショートカットの方が雪が良かった。

ゲレンデはなんて滑りやすいんだろう!
しっかりテレマークターンの練習をして終了。

目的のトレーニングは??って感じで、滑り重視になってしまったが、雪が良かったからしょうがない!

posted by ゆかりん at 22:34| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

大渚山

冷え込んだ朝だった。−14℃
大渚山北面を狙うツアーに混ぜてもらった。
私も加入している松労の仲間4人と。

5時こっちを出て、7:30登り出す。
CA380028-0001.JPG
山田旅館裏から。
スノーシューのトレースが付いているが、急で、いきなり難易度高い登りとなった。
鎌池をかすめて湯峠に未除雪の車道に出る。ここまでのルートファインディング、最近頑張ってる地図読みの成果がでるか!
・・結果、何となくしか分からず、皆がいなかったらたどり着けたかどうか・・。
まだまだ修行が足りない。

湯峠までの林道は平らなので、ハイキング気分。ここまでは天気が良かった。
CA380031-0001.JPG
目指す大渚山

湯峠からは風が出て寒い。
雪尻の出来た稜線か、雪深い左側か。
左にした。
ま、ラッセルは交代でしたので大したことなく・・
しかし、私の順番の時急斜面で切り返しが出来ず、代わってもらったのは悔しかった。技術のなさが悲しい。

崖マークの所は細い尾根で、視界も悪かったし、踏み抜きそうで怖かった。

山頂はガス。北面は天気の良い時にということで、今回は断念。
代わりに大草連(おおぞうれ)向かって少し下り、尾根を登り返して熱湯あたりに出て、林道を経由して戻ることにした。

上部はやぶはあるが、深くて軽い雪。快調に進む
CA380039-0001.JPG

登り返し、最後頑張って先頭を務めた。
切り返しも何とかスムーズに出来た気がする。

目標の台地に到着、これから下りるルートを皆で地図とコンパスを見ながら相談。
私は理解しようとするが、なかなか追いつかない。
理解半分で、みんなに着いて行く感じ。
早く、ルートファインディングに参加できるようになりたいな!

下の方は重重で苦戦したが、起伏のある変化に富んだ地形を滑れて楽しかった。
しかし、やっぱりテレマークターンほとんどせず。
だって、しない方が楽しいんだもん!
そんなこと言ってないで、ちゃんと練習しないとね・。

2:30頃車に戻る。

やっぱり一人でない山は安心して楽しめる。

今度は北面!行ってみたい。
posted by ゆかりん at 22:05| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

鹿島ナイター


1/15夜

夕方、買い物に行こうとするとメールが入る。
「仕事が早く終わりそう。6:30ころ帰れるからナイター行かない?」という旦那。
急だけど、北は降ってるはず!パウダー当てるか?と期待膨らむ。

買い物手早く済ませて、スキーとお風呂の用意。
なんだかんだで出発は7:10
8:00到着。雪道なのに飛ばしてた旦那。
いつ滑るか冷や冷やしたけど、結局滑らなかった。

で、ゲレンデは・・雪はたっぷりあるけれど、軽いので、下の固いのが分かる。私はなかなか滑りにくかった。
月夜棚のカッキンは薄暗くて、一人だし、怖かったので、超慎重にアルペンターンのみ。
ボードの時にここで痛い目にあったし。
上は軽くていいけど、斜度があって怖い。でも、悪いことをこっそりしたドキドキ感はたまらない。

後半は旦那が。
私とanryは雪遊び。
CA380023-0001.JPG
結局リフト終了9:30まで遊んでいた。
そんな3歳児いるか???

さらに、お風呂に入ったので、帰りは11:00過ぎ。
さすがに車で寝るかと思ったけど結構粘っていたanry。恐るべし。
posted by ゆかりん at 01:44| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする