2011年11月12日

軽プリ

毎年恒例の軽プリ(軽井沢プリンスホテルスキー場)で初スキー。
今年はこの週末は旦那が立山る(立山に行く)予定だったので、ナシだと思っていた。
が、前日降るはずだった雪が雨だったので、急遽そっちになった。

今年の雪の遅さは雪待ちの人々には切実で、その一人の旦那も立山れる(立山に行ける)期限(今月末、バスの最終日)が迫っていていて、やきもきしているだろう。

そんな中スキーが出来るのは本当にありがたい、ありがたい。
しかし、ひどい時はリフトは20〜30分待ち。
一反木綿(いったんもめん・・ってこの字?)のようなゲレンデ。
・・まあ、初滑りのイベント、お祭りと思えばね!!!


オープンからanryがいるので交代で滑る。
5歳になったanryはいろんな事で遊んでくれるので、持て余すことはなく、子守り当番も楽しい。
奥のゲレンデは
SH3F00460001.jpg
去年はソファのようなものが!!・・たぶん、コースわきに置くクッションだと思うけど・・。
座れるし、くつろげるのでうれしい。
レーサーの人たちがいっぱい。

anryはしばらく久しぶりの雪で興奮して遊んでいたが・・案外早くあっさり飽きて・・
森で遊ぶ。
SH3F0049.jpg
今日は天気が良く、ただ歩いているだけで楽しい。カラマツの落ち葉の雨もキラキラ輝いて奇麗だった。
anryも「あ!雨がキラキラしてる!!」って。かわいいなぁ。

交代して滑ろうと思うけど、リフト並ぶの面倒なので、担いで登る。
いつもはもっと仲間がいるけど、今日はあんまり。
滑るだけなんてもったいない!と思うのは私くらいなのかな?
ジャケットはもちろん、ウインドブレーカーもいらない。
インナー一枚で登りも滑りもOK。
4往復くらいでanryにつかまり交代。

登って滑っている時間は、何というか・・自分が主役。誰も見てないと思うけど、こんなに何回も登ってたら変な人だよね、とか・・がっつり登ってるのに滑りショボイって思うかな〜とか・・なんだか自意識過剰な自分がいた(笑)。
山の中ではギャラリーなんていないからこんな感覚はないけど・・レースの応援してもらってる時と同じなのかな。

今年の旦那はアルペンらしい。
SH3F0040.jpg
滑りを見ると、なんだか普通の人(笑)。

午後は5分待ちくらいになったので、がんがん滑る!!・・って言っても交代するから1時間。
SH3F0057.jpg
やっと一番上に。浅間山ば〜ん。

しかし、もうコブが出来ていて・・滑りがショボイ。
リフトまでにはもうモモがパンパン。
上手でない証拠。

そして、帰り際になってやっとanryが滑りたいと言って来た。
昼前も少し履いてみたけど、全くやる気なしでブーぶー言ってたから、もうめんどくさい。
でも、「やめとけば〜」なんて言えば言うほど「やる」って聞かないanry。
これは良いチャンスなので、もう少し引っ張って、いろいろお約束をして・・・
SH3F0059.jpg
うん。頑張った!転んでもちゃんと立ちあがってました。
ちょっと私のいない時間にベソかいたみたいだけど・・(^^:)
営業終了4:00までしっかりいたのは私たちと他に何人かしかいないだろう。

そして、anryいい加減疲れているのに・・
「アウトレット行きたい」という旦那。
今でも眠くてふらふらなのに・・大変じゃん!!
と反対したけどもう駐車場。(隣なので・・)

案の定、抱っこ&おんぶで大変だったけど、掘り出し物もGET出来たし、結果オーライ?

帰りは東御町の湯楽里館で夕食&お風呂。
お家に着いたのは11時半。
一日中フル活動だった。

posted by ゆかりん at 22:05| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

吉尾平

久しぶりに山スキー。
今回は労山企画「吉尾平」
昼闇山の西の谷。

4:30集合
焼山温泉7:30頃出発。

くもり空。今日は回復傾向の予報。
スキーウエアは暑いのでウインドブレーカーで。
他のメンバー明らかに厚着。
好みの問題?
SH3F0440.jpg
途中、3回川を渡る。下の方は橋があった。でも雪たっぷり。
他の所もT野さんのナイスルートファインディングで吉尾平に導いてくれた。
とちゅう、3か所くらい怖いと思ったトラバースがあった。
いつもは放任のT野さんだけど、今日は女子が2人いたので「怖くない?」と声をかけていた。
私もいつも怖いんですけど・・女子扱いじゃないいですね(笑)。
SH3F0433.jpg
里山とは思えない雄大な景色。みんな写真撮りまくり。
どんどん晴れて、吉尾平当たりは暑いくらい。
しかし、ここは広くてなだらか。景色を楽しみながら楽しく歩いた。
SH3F0462.jpg
目的地(?)の昼闇山と鉢山の間の稜線に乗ると、景色最高!!!
山頂で食べる特製サンドイッチ(自家製酵母パンでつくった)も最高!
みんなと楽しく会話も最高!!!

さて下山。いつもは下りはどうでも良い・・というか、無事に帰れればいいだけだけど、今日も斜面と雪は最高!!
パウダーではないけど、カリカリやパックはなく、程良い固さで安心してテレマークターンが出来る。
下に行くとさすがにシャーべになってストップ雪たけどそれも楽しかった。

右に右に行って、昼闇谷上部に入って最後の休憩。
そこからは少し台地を滑って、谷にドロップ。ひと滑りして隣の尾根を乗りこすと、アケビ平に。
そこからスギ林を通って、元の林道に合流。それからはたらたらトレースに沿ってくだって、最後の廃ゲレンデを消化して終了。
ここのゲレンデは、あえて踏まれていない雪を行き、漕ぎで体力消化も果たした(笑)。

帰りの車でも会話が弾み、今回も楽かったい山行が終わった。


posted by ゆかりん at 21:52| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

四阿山

レース前の木曜日、悩んだけど山に行った。

労山Tさんがお守をしてくれた(笑)。

ここのところ寒気が入って冬型。気温ながらず降っているので悩んだけど・・
強風カチカチで有名な(?)四阿山へ。

天気予報では晴れると。
8:00ジャストあずまや高原ホテルから。
風があって寒いけど、明るい。
牧場に出ると
SH3F0333.jpg
こんな感じで穏やかそうだけど、風が強く顔が痛い。

夏道をたどろうとルートファインディング・・はTさんのご指導のもと。
なかなか分かっていない私。
Tさんも呆れてると思うけど、つっこまれない・・やさしいなあ。

最後山頂前で尾根にあがってしまってちょっと苦労するも、無事山頂。調度雲の中で展望ほとんどない。
11:00ジャスト!3時間かかった。もっと早く到着と思われたが・・ノンストップだったのにね。まあ、今日はレース前だからなるべくガツガツしないように登ったけど。

SH3F0342.jpg
ドロップ。
トラバって行くと晴れて来た。景色を堪能し、下る。
途中は藪がうるさい。
牧場に行くともうまったり。
斜度がなるいので何にもしなくて下へ。
SH3F0353.jpg
ふり返ると良い天気。

最後は自分たちのトレースでボブスレー。
1:20頃車に到着。
お手軽に楽しい四阿山だった。
posted by ゆかりん at 15:19| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

コルチナ

今週もスキーツアーは仲間が見つからず断念。
登って滑りたいな〜

今回は信テレメンバーK村さんとコルチナでゲレンデスキー。
山梨に帰る予定をキャンセルして付き合ってもらった(笑)

SH3F02890001.jpg
朝は雪でガス。
今日の天気予報は冬型でずっと雪マーク。
寒さ対策万全で挑む・・というのも、K村さんダイエットのためか長く滑りたいらしい。
そういう持久系は私大好きなので、いかに疲労せずに長く滑るかを課題に。

前日の雪と冷え込みでドライパウダー間違いなし・・なんだけど、雪の状態不安定なため、急斜面のバーンはすべて終日クローズ。・・ま、平日だからあんまりやる気ないのかな〜。

緩斜面だけど、パウダーもそこそこあって楽しめる。リフトを何回もぐるぐる・・・
K村さんは手に入れた何とかっていうロッカーした板を終始べた褒め(笑)。
その板を完全に愛してしまっていた。スキーを滑る事もね。
K村さんとのリフトのトークも楽しく、あっという間に時間が過ぎる。

途中、お仕事で試乗会中のN木さんを発見し、お昼に合流。
今日はなぜかお昼は
SH3F02910001.jpg
青い空。お外のトランクショップでランチ。

その後、特別に?試乗させてもらえることに!!!
それだけでも幸せなのに、N木さん率いる上手なテレマーク集団に入れて頂きパウダーセッション(?)
私の履いた板はBDのエレメント(?)だったかな?ロッカーした110くらいの太い板。
パウダーは感動するくらい楽で楽しい。でも、固いバーンは・・ちょっと乗りこなせない。
まあ、こういう板だから慣れなんだろうけど・・で、抜けて転倒したとき右肩が・・はずれた?
あ、やばいかな〜と思ったら戻った。でも、痛みは残る。
新城前にアホなことした。こないだ足首もやってるし、右がおかしい。

そんなこんなでもう帰る時間。
2時半チョイ前に出たら、4時のお迎え余裕で間にあった。

今日も充実したよい日だった。
posted by ゆかりん at 16:47| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

一難場山、蒲原山

16日
労山の方と山スキーに行った。
今回は平日なのに私も含めて6人。

木地屋から一難場山、蒲原山へ。
除雪の最終まで行くと、工事現場みたいな所で終了。
そこに中途半端に水を流しているもんだから、スケートリンク状態。
バックで引き返す時車が思う方向に行かない。押してもらって脱出。冷っとした。

スペースに車を停め7時半過ぎくらいに出発。
南へ進み、杉の平で木地屋川を2箇所渡り、平原の突き当りへ。
そこから南南東へ登る。
最初ラッセルするも、「交代で行きましょう」とリーダーの提案で後ろへ。
何だか余力があるので、休憩で滑って登ってみた。
その時の雪は良かった。
SH3F02520001.jpg
今日は晴れ。前日降雪という絶好の山スキー日和。

SH3F02580001.jpg
稜線に出ると、雨飾方面が丸見え。海も見える。

一難場山に12:00頃到着。1名疲れた人は残って、5人で蒲原山に向かった。
今日はぽかぽか陽気で雲ひとつないのでこういう行動が取れた。

丸くて広い山。手前にこんもりあり、その奥が本ピーク。ピークと言っても標識があるわけでもなく・・。
歩きと景色を楽しんで戻ると2時間くらい経過していた。
待っていた人はお昼寝出来たほどぽかぽかで良かったと。

さあ、下山。雪は腐っていることまちがいないので消化試合か。
ところどころ良い!
・・しかし、疲れちゃった人は下山の力も残っていなく・・っていうか、大きな人だけど、小さい板なので、それだけで不利。
途中でツボに。板は持ってあげた。それでも牛歩。
最後のなるい所は頑張って滑ってもらって、転んだら起こしてあげたら効率が良かった。
この人の良い所は、自分の疲労を認め、最善を尽くしてくれたところ。
下山後も、すねることなく(たぶんショックだったと思うけど)元気にふるまってくれた。
こういう時のまわりの対応は困って無言になるが、帰りの車も楽しくおしゃべり出来て良かった。

下山開始が3時頃で車に着いたのは6時。長い下山だった。
車を出したので運転手。
有意義な一日だった。
posted by ゆかりん at 21:21| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

ゲレンデスキー

旦那が土日のお休み出来ないので、「平日どうぞ」と言ってくれた。
じゃあ、お言葉日甘えて・・・

水曜日、今日は鹿島でゲレンデスキーにした。
長野県民デイなので一日券2000円。

朝一から行こう!・・我が家のお外を見ると、雪が降っていた。
これは大町も!!・・と思ったけど、行ってみると大したことはない。

8:30リフト開始。
最初はブナ。10センチくらいのパウダーが心地よい。
2本行って、南の急斜面。でも、大きなこぶにうっすらパウダーで危険なのでやめて迂回。
1クワが調子良い。何本か回してると、10ペアが開きそう。
でも、今度こそ!と思って乗り続けて1時間。結局10:10位に開いた。
実は薄着していて寒くて寒くて・・我慢だった。
いざ10ペア乗ると、最後はやっぱりこぶにうっすらパウダーで不快。
1回でやめて車に戻る。30分ほど休憩して、ふらふら滑って、10ペア横の林道を行って見よう!
林間ショートカットが3本くらいあって楽しい。
ここを3回し。ブナの長い林道も行って終了した。
ゆっくり長く滑れて楽しかった。林道なかなかいいな!!

結局、ずーーーっと湿雪が降っていたので、最後はウエアがびしょびしょ。
1:30頃家に向かったので、お迎えも余裕!なかなか楽しめた!
(降ってて写真取る気にならなかったなあ・・)
posted by ゆかりん at 19:42| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

セルフレスキュー

日曜日、信テレのセルフレスキュー。
土曜日は技術講習だったけど、どっちか出て良いって旦那言ってくれたので、最近遠ざかってしまったセルフレスキューへ。

午前中は埋没者捜索。
4人組で雪崩を想定し、ビーコンとゾンデで埋没者を探す。

埋没者の消失地点の標高の安全な地点まで行く。
ビーコン、サーチモードへ。
ビーコン、ゾンデ&スコップ、見張りを決める。
声を出しあって情報を伝え、すみやかに地点を絞る。
ある程度ヒットしていたら、ゾンデをフルに使いながら絞り込む。(ゾンデヒットの確率が高い)
その最中もまわりの状況に注意。二次雪崩に注意。

掘り起こしたら、埋没者を安全な場所に移動し、保温、手当。

そんな流れなんだけど、ビーコン操作から始まり、流れをイマイチ把握していないので、何をしていいかわからない。おろおろ・・・。

本当にこういう場面に遭遇したら、焦ってしまっているはず。
しっかり訓練しておかないと出来ないな。

午後は搬送。
埋没後、安全地帯に移送させる、最も簡単な方法→ザックのショルダーベルトを二人で引っ張る。

ロープを使っておんぶ。
これは、ロープをしっかり束ねたり、しばって固定出来なければならない。
しかも、パウダー上だったら、一歩も動けないだろう。プラブーツを履いた人はいくら軽い人でも重いだろう。

ブルーシートを使っての搬送は・・・これはなかなか道具も時間もかかる。
これは少人数の山行ではなかなかできない。
あーだこー出しているうちに、けが人が寒くてかわいそうだなあ。
SH3F0196.jpg
でも、出来あがると、搬送は楽。
SH3F01980001.jpg
安全に。

スキルも意識も上がったと思う。
これからもすすんで参加していきたい。
posted by ゆかりん at 16:02| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

真那板山

やっと平日の山行が実行された!!

小谷の里山、真那板山。

労山のTさんと。
7:30頃大網集落から。
875の小山を目指して段々畑を登る。
しばらくすると鉄塔→杉林→林道に出てまた杉林を過ぎると、少し藪。開けた所で現在地の確認。
Tさんは地図をみながら、あれがあの尾根で、谷で、コルで・・と確認していく。
私も頑張って目で追うけれど、ピンと来ない事も。
ルートはTさんのナビで中盤は私がラッセル。
でも、今日の雪は足首ラッセルなので辛くない。
後半は急斜面で普通に大変なんだけど。。
稜線に出遅れて、吸収される谷を登る。山頂のやや西に出た。
そこから東に向かうと
SH3F01740001.jpg
広い東西に延びた山頂。到着は10:00頃。

SH3F0178.jpg
手書きで消えかけていたが、確認。

跡杉山が見えるあたりまで歩いてみた。とても気持ちのよい山頂散歩!
東を見ながら、大渚山からここまで縦走の計画を。
実現できたらいいなあ。。。
良いタイミングがあるといいけど・・天気が良くて、anryのお迎えを頼める水木、Tさんも都合が良くないといけないし・・。

山頂でゆっくりし、11:00過ぎに下山。来たトレースをたどる。
登った時にこの北斜面の雪はよさげだった。斜度もけっこうある。
日の当たるところは急に悪くなるけれど、基本的に快適。私的には少し急だったが。
下るだけでも楽しい。私は上手ではないからその斜面を安全にクリア出来ればそれで満足。
でも、何とかなるところが多くなった。うれしい。

12:00頃車に到着。
大網集落は雪おろし作業で忙しそうだった。でも、私たちを見ると、にこやかに会話してくれて、とても気持ちが良い。
こんな集落がなくならないよう願う。山スキーヤーも共存するために、駐車などのマナーを考えたい。
SH3F0183.jpg

保育園のお迎えにも十分間に合った。
お手軽山スキーになったのはベテランTさんがいてくれたから。
一人でもたくましく偵察できるようになりたい。
posted by ゆかりん at 14:59| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

鹿島で雪満喫!

土曜日、夕食もanryと作り、食べていると・・。
旦那から電話。「ナイター行きたい」って。
もう6時過ぎ。これから??と思ったけど、外は一日中降っていたし、日曜日も予定なし。
旦那は日曜日も仕事だからナイターしたいみたいだった。

手早く用意する。
anryの用意が前ほど大変ではない。大きくなった証拠か。
7時ちょい過ぎ家を出た。
雪道だったから遅い車とかいたけど、何とか8時に中央駐車場に到着。
これはえらく降った。
旦那はまたすぐに用意して滑りに行った。ホントに犬のよう。ぶんぶん振ってるシッポが見えた(笑)

anryと私は雪遊び。
SH3F01410001.jpg
これだけ楽しんでくれると喜んで連れて行きたくなる。
今日の雪はさらさらで確かに良かった。

コースは・・パウダーはあまり残って無かったけど、次から次へ積もる雪。
9:30ナイター終了。10:00までやってよ〜。
そのくらいの時間には雪はちょっと穏やかになっていた。

降り続いていたら、サンライズを狙って泊る案があった。
なかなか「よし!」と行かなくて、うだうだお風呂に。
出てからフロントで問い合わせると、ベットは空いていて、1泊朝食付きで3800円。未就学時はタダ。お風呂に入る前だったらお風呂も料金に含まれていた。
帰るのも雪道大変だし、泊ってみることにした。

2段ベットの舟のなかみたいなベッドルーム。
何とか寝付いたが、anryと寝ていた旦那は咳が止まらなくなって退室。
私がanryと寝る。途中、狭くて何度も起きる。早く朝にならないかな〜と思った。
朝、旦那に聞くと、部屋が乾燥していて喉が辛かった、しばらく部屋の外の椅子で寝てたらしい。
anryは何度か起き、「おとうさ〜ん」と泣いたり。
暑かったみたいで下着だけで寝ていた。
そんなこんなで朝が来た。

さあ、バイキングの朝食・・あれ??すっからかん。
用意遅過ぎ!!いろいろ食べれないものがあった。

旦那がまた先にサンライズから滑りに行く。サンライズは7:30からだったけど、8:00くらいスタートか。
anryと車に行くとびっくり!!
SH3F0142.jpg
車が埋まっていた。旦那が半分は掘り出してあったけど、これでは脱出できないぞ!

掘り起こしてたら、旦那来て交代。
SH3F0143.jpg
今日の鹿島はイベントやレースがあって大賑わい。
でも、リフト待ちすることもなく、全コース周ってみた。
どのコースもそれそれ楽しい。いろんな人がすべっていて見るのも面白かった。
鹿島でこんなに満喫できるとは!

11:00引き上げ、皆と合流。
すると、anryがリフトに乗って滑りたいと言う。
一番短い所で1回やって終了。
けっこう自立できるようになった。スピードも慣れている。
最後手を離して、新雪に突っ込む手前で自分で転んでストップ。
転ぶのも上手。泣かなかったし。

そんなこんなでお昼を食べて帰って来たのは2時頃。
えらい疲れたけど、楽しい週末だった。

posted by ゆかりん at 18:06| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

鵯(ヒヨドリ)尾根トレーニング

土日、時間がもらえるのは期待出来ないので、平日朝から時間をもらった。
せっかくなので、山スキーツアーに行きたい。
でも、一人では不安なので、心当たりに声をかける。
・・全部×。
仕方ないので、先シーズン行った鵯尾根。
リフト使わなくて良いし、1箇所登れるか不安な所がある。
滑走も自分だけの判断で。
不安いっぱいだが、決行!!!

朝6:30中間駅駐車場。
気温が低いが空は明るい。
前日降ったようなので、直前までゲレンデパウダーでいいんじゃない?と自問。
いやいや、一人でどれだけ出来るかチャレンジしたい!と自答。

7時チョイ前、チャンピオンゲレンデを登る。
SH3F0109.jpg
リフト下り場上のフラットバーン。
いきなりラッセル。まさかの膝上。雪が軽いせいか、板が埋まる。
軽いはずなんだけど、きっつ〜い!!!
心拍を上げないように行くけど、いつも使わない筋肉は悲鳴。
後ろを振り向くとゲレンデ丸見え。
何となく悪いことをしているようで休まず進む。

今日の道路の温度は−4度たいしたことない寒さ。なのに、車から出ると寒いので、ニット帽子&サングラスでなく、メット&ゴーグル、いつもは脱ぐウインドブレーカーを中に着たまま、いつもは持たない薄いフリースまで持って行った。
やっぱり途中で交換。
おまけに、ニット帽はかぶらず目出し帽にサングラス。かっこ悪いけど、一人だから大丈夫。
喘息の咳に悪いので、なるべく直接冷たい空気を吸わないように・・と思ったけど、苦しくて7割直接だった。

毎回苦戦する所に来た。
左に巻いてみようとしたが、やっぱり正面!
今回は切り返しがうまく行く。ボレーにしたらイイ!!私には合っているみたい。
SH3F01140001.jpg
後は尾根を通すだけ・・スネ〜膝のラッセルはツライ辛い。
何度も足を止め・・3時間くらいで鵯峰。
滑走は何度か滑ったことのある西ヒヨの予定。
ココだ!と思って休憩していたら、あれ??栂の森レストハウスが見える。早大小屋でない!
おまけに東側に岩が・・
コンパスを出して地図を確認。
もう一個隣の山だった。
もう一度登り。ここの斜度もキツイ。でも登れる。雪が良かったのか?
SH3F0117.jpg
結局滑り出しポイントは11時30分。1時が下山のタイムリミット。
早く滑りたいけど、ピットを掘って雪の観察。やっぱり怖い。
SH3F0120.jpg
左は指観察。1mくらいの所に固い層。その上はふかふか。
右はハンドテスト。
掌3回で10センチ、肘2回で30センチ、肘5回で全部崩れた・・。
これって弱い???悲しいことにやってるのを見てるだけで、自分であまりやらないので比べる事が出来ない。
まあ、登りで使う斜面を見ながら林の中を慎重に下ってみた。
軽い!極上パウダー。もったいないけど何度も止まりながら下りる。
見覚えのある地形に。もっと下れそうだけど、とりあえず登りのトレースをつけなければ・・・。
上でピットを掘った時はツボで腰まで埋まった。大丈夫か??
登ってみると意外に行ける。途中、10センチの層がはがれるが、問題ない。
スタートポイントに12:25。もう1本行ける!ただし、同じ所。
今度は思い切ってドロップ!
力入りすぎたか・・沈。雪崩れないか心配したが大丈夫。でも、怖くて急いでスタート。
良い感じでさっきのポイント。あ〜、もっと滑りたいけど帰らないと!!
早大小屋に下る。西ヒヨに登り返し、滑走準備。13:03スタート。時間的に計画どうり。
ちょっとガスが出て、小屋は見えない。見えた時には左に行きすぎ、もっと右だった。
途中、野ウサギと、イタチ?に遭遇。

後は林道をたどってゲレンデへ。
ゲレンデはなるべく止まらずに良い所に乗って疲れないように・・でも足パンパン。
13:45車に到着。
時間いっぱい行動で来た。満足満足。
一番は無事だったことに。
posted by ゆかりん at 17:07| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

大渚山

たけちゃんたちが大渚ツアーに行くらしい情報が。
旦那に投げがかけると・・行ってもいいことになった!!
自分は仕事で行けないのだけど、毎週末じゃ悪いと思ったか。
今回は天気予報的にもばっちりだったので、お許し本当にうれしかった。

メンバーはR&B3人、テレ組2人(のべ3人)計5人
SH3F0070.jpg
私以外は男子

7:45頃、大草連から。
いつもより上に駐車出来た感じ。
雪はまだ少なく、段々畑を登って行くのは結構大変。
雪も意外に重い。

林道に出て、しばらく行くと広場へ出る。
尾根を通して登ることにしたが、ここも雪が少なく、起伏が多く苦戦。
SH3F00680001.jpg
ラッセルは膝上くらい。雪が重いのでツライ。

交代しながら登って行くと、後ろから3人パーティー。
そのうちの一人がラッセル隊長で、半分から上は全部ルートを作ってくれた。
たどるだけの登りは楽しく、途中スイッチが入ってガンガン登って気持ち良かった。
実は私は咳が出ていて、今回は頑張りすぎないようにゆっくり行く予定。
・・なのに、やっぱりスイッチは入ってしまった。

今日はやっぱり天気がいい。
風が吹くも暑くなった体を冷やしてくれる程度。
SH3F0078.jpg
樹氷も美しい
北面斜面を狙う。
いけなり斜度があり、ビビる。
かっこ悪いターンをするが、雪がいい(軽い)ので、どんなふうになっても気持ちが良い。真っすぐ滑るだけでもアドレナリンが出る。

あっという間にボトム。
今回は湯峠付近に登り返す。
私的には北斜面もう1本!行きたいところだったけど・・次の機会にとっておこう。
湯峠付近の登り返しは樹氷天国。
SH3F0092.jpg
白と青と黒(人)のコントラストが美しい。
私は3番手だったので、余裕で景色を楽しめました。
ナイスルートでラッセルしてくれたK太郎さん、ありがとう。

本当は三角を滑って戻る予定が、藪藪で三角すら確認できなかったので予定変更で山頂まで登りあげとなった。
途中で、ラッセル私の番に。藪の濃い急斜面は苦手。ルートファインディング悪いし、技術がないから苦手。でも、今日はやってみたら調子がいい。
ビンディングを変えたおかげ?
ブラックダイヤモンドO-1からボレースイッチバックになっている。
最後まで先頭をやらせて頂き、ありがとうございました。
ちょっと自信がついたので、次の機会も頑張ります!!

さあ、後は南斜面を滑って帰る。
気温はー6度だったけど、日が当たったおかげか、やっぱり修行。
テレマークターンはほとんど出来ず。でも、最後の緩斜面だけはちょっと頑張ってやってみた。

林道ボブスレー楽しく下り、段々畑もトランポリン状態で楽しかった(雪は全然良くないけどね!)

posted by ゆかりん at 18:20| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

初スキー

25日土曜日、信テレ初滑り会でコルチナに。

この日はanryの初スキーとなった。

前日、保育園から帰るとサンタさんからプレゼントが届いていた。
SH3F0141.jpg
スキーセット全部マリーちゃん!!!じゃ〜ん!

板→ぐーぐとばーばのサンタさんから
グローブ→ママ(旦那の妹さん)のサンタさんから
ブーツ→あっちゃんのサンタさんから
ストック→anryのうちのサンタさんから

そんな具合に分担して持って気来てくれた。
SH3F0140.jpg
早速。
しかし、すぐに脱いでしまって・・。
これは明日期待もすぐに終了かな〜。

そして、25日は白馬方面は2〜3日前から雪が降り止まない状態でパウダー天国。
コルチナの駐車場は前日からの宿泊者の車は埋もれて掘り起こさないと出ない状態。

8時頃到着すると、旦那は犬のようにうれしそうにリフトに並びに行ってしまった。
まあ、私はパウダーでも何でもいい。
その時の雪をちゃんと滑れればそれが楽しい。
だから悪雪で苦労して足がパンパンになるのもある意味楽しい。
だから旦那の好きな時を譲ってあげられる。我ながらいい奥さん(笑)。

さてさて、anryさんは・・
吹雪いているので、温かい格好をさせて外に出る。
広い駐車場はanryが遊ぶのにはちょうどいい。
雪の塊に登ったり、のトラックの雪を歩いたり。
そして、板も履いてみた。
ブーツは最初っから履いて、それで遊んでいた。さて、板は・・
履いて歩いてみると、板が重なってしまうことがあってイヤそう。
平らな所で、ストックを持たせて引っ張ってあげた。
体を全部預けてしまうので、尻もちをつきやすいが、ちょっと楽しかったみたい。
でも、やっぱり長くは続かず脱いでしまった。
でも、ブーツはかたくなに脱がず・・動きにくいと思うから脱いでも良かったんだけど、あれは意地になって履いていた系。
結局最後まで履き続けていたんだから、拍手拍手。
でも、最後はブーぶーで・・ご機嫌を取るのが大変だったかな。
この意地っ張りさんをうまく利用出来れば頑張って練習してくれるようになるだろう。
うまく利用出来れば・・それが難しい・・。

写真は私に余裕がなくてナシ(笑)。
「初めて」は重要。
気を使って疲れたけど、クリスマスのプレゼントに「スキーが欲しい」と言ってくれたこと。今回、ブーツを嫌がらずに履いていてくれたこと、すごーーーーくうれしかった。

posted by ゆかりん at 05:53| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

強風だったので

23日の祝日。
この日も旦那夕方から仕事なので、朝一で八方へ。
道は雨。まあ、上は雪だろう・・しかし、この山の雲は・・強風かも。

道から見ると、下は雪ナシ。
今日は皆で上に行く事に。ゴンドラ乗り場へ行くと・・あれ・・強風でゴンドラが動いていない。
発券も拒否。

仕方なく、隣の47へ。
スキー場の分岐で係のおじさんが待機。ここもやっていないが、五竜は下だけあいてると教えてくれた。
私たちは、下に雪が付いていればあそべるかな〜と思って、ゲレンデまで行ってみる。
・・しかし、遊べるほどもない。
五竜に行ってみると・・
まあ、なんと賑やかな
SH3F0113.jpg
斜面にはまだらに薄〜く雪が張り付いている。そこを大勢の方々が・・いる。滑ってる感じでなく。

もう滑ることは諦め、雪遊び出来るところを探す。
道から見える、あの斜面に行こう・・なかなかたどり着けなくて、よくよく位置を確認すると、やなばの上部だった。
最後に佐野坂に寄ってみる。
駐車場が日陰で、いい具合に雪が残っている。
SH3F0123.jpg
貸し切り!!!

最初に上部を偵察に独りで線路を渡る。
すると・・雪少ない。
ウォータージャンプの方はあるかな?と林道を行く。
近くだと思って、走り始めてしまったが、なかなかたどりつけない。
一応旦那にメールをして、進んだ。
ゆる登りのい坂道、久しぶりに木々の間を走る。き、気持ちいい!!!!
ウォータージャンプのあたりは、日当たりがよくてもっとダメだった。
引き返して、下りがもっと気持ちよい!!!!
ただ、スキー用の服装で、暑い。
上二枚を腰に巻き、無帽で走る。頭の中を風がなでてイイ!
あっという間に駐車場。
anryと旦那が滑り台を作っていた。
ここでソリで滑ったり、おとなは板を履いて歩いたり、滑ったり。
最後はanryがぐずぐずになって終わり。
子供がいると、こういう楽しみ方もあるんだなあ。
私たちだけだったらこんなことはまずしない。

帰りに「ぐーりょきぱー」でお昼。
おばちゃんが覚えててくれるので、またうれしい。

帰りには雪の降りが激しくなっているようだった。
これからの降雪に期待!
posted by ゆかりん at 04:52| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

八方で雪遊び

日曜日は夕方から仕事に行くと言う旦那。
朝一から滑りに行きたいと言うので、皆で八方へ。

旦那は早々にゴンドラ乗り場へ。
私たちは車でDVD→着替え→ゴンドラ
SH3F0098.jpg
昨日降ったので、下もけっこう雪がある。
ゴンドラは長蛇の列。
タクシー乗り場のひろばまで並んでいた。
並ぶのいやなので、私たちは横のゲレンデで少し遊ぶことにした。
SH3F0100.jpg
こんなにいい雪なのに、貸し切り。
時々上から滑って下りて来る人いるけど、下はあいてないので、危険はない。
最初は雪遊びをし、斜面に登ってソリをした。去年は怖がってあまり楽しめなかったけど、今年は良いぞ!
めいっぱい遊んで
SH3F01050001.jpg
ゴンドラ横の売店で帽子とチュッパチャップスをGETしてご機嫌のanry。
結局上には行かずじまい。

旦那が2時半頃帰って来て、しばらく遊んで、私は自分の板をゴンドラを乗って回収に。
帰りは滑って下まで。
ブッシュは出ているけど、問題なく滑って下りて来れた。
問題なのは滑り。今年はちゃんと練習しないとな・・。
posted by ゆかりん at 19:10| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

初スキー

今年も行きました!
軽井沢プリンスホテルスキー場(軽プリ)

SH3F0758.jpg
寒い予報でしたが、日中は天気が良くて暑いくらい。

交代で滑ってanryは雪遊び
SH3F07530003.jpg
とっても楽しそうにしてくれました。

しかし、最後になって一緒に登りたいって。
リフトの順番に並んで散々待った挙句、滑るものを履いて無い人は乗せられないと・・。
おんぶ紐でおんぶすればいいから、とやったけど、それも大変。
でも、anryさん、もっとって言う。
1回はリフトで上がったけど、並ぶのも乗るのも大変なので、歩いて登る。
それも全部歩いてくれるわけではいので大変。
結局2回で何とか終わりにしてもらった。
中途半端なやる気はやめて欲しい。

おかげで私の滑る時間が短くなった。
リフト終了前1時間を滑れた。こぶやウエーブになっていて難しいけど、楽しかった。

スキーはスキーで楽しい!!
posted by ゆかりん at 13:11| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

信テレ納会

7/11

日曜日最後の予定、信テレの納会!

鹿島でお風呂ゆっくり入って、更に出てからみんなとお話してたら、予定時間ぎりぎり。
買い物もしないと!

道すがらあるのはコンビニのみ。・・適当に買う。
今回はナビなしでも楽勝かと思ったら・・
会場分からず・・電話でナビってもらう始末。
何度来てるんだココ。

到着すると、赤々とした火が迎えてくれた。
SH3F03340001.jpg
参加者は過去最低・・会員5人。
せっかく作った会計報告(まあ、結局間違いがあったけど・・)、確認してもらえたって感じ。
皆さんにはメールで。

会場をお借りしたお宅の赤ちゃん見せてもらった。
私と同じ誕生日。
ちっちゃくて、超かわいかった!!
じっと見てても「飽きないね〜」って言う人いて、「そ、そうかな・・」って思ってたけど、その時、そう思った。
でもでも、抱っこしてたらもぞもぞ動いたりして、どうしてあげたらいいかわからないのはやっぱり困った。
そんなんでも私、二人目ならもっとかわいく思える・・と思った(笑)。
欲しいなあ〜

最近お酒が弱くなって、次の日地獄なので、控えめに飲んで車中泊。
意外に蚊の攻撃なし。
でも、タオルケットで寝てたら寒くて何度か起き、早起きで来た。

長い充実の一日だった。
posted by ゆかりん at 22:01| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

白馬鑓

5/29

久しぶりの山!!!
100529_0720~010001.jpg
信テレメンバー3人と白馬鑓ツアー。

スキーいつ履いたん?って感じ。
去年は早々に板収めだったから、今年はまだやってる方だ。

7:20
駐車場から夏道を登る。
ブーツはとても歩きにくい。

小日向のコルに向けてシールを付けて登る。
コルの登りあげでジグがうまく出来ずに皆さんをお待たせ。
久しぶりにぜーぜー登った。
トレランはユルイと思った。
山スキーはもっと過酷。ここで頑張らないと!って場面が多い。
(場所にもよるか・・春スキーは、か)

大出原への登りまで滑る。
ミゾで滑りにくいけど、滑るって楽しいなあ、と堪能。
2〜3パーティーと一緒になったが、みんなはツラそうだった。
スキーだったから?テレマークは楽しいのかな?

SH3F00100001.jpg
登りあげ。
グサグサの所はシール効きにくい。
誰かの後を頂いて体力温存。
私はなるべく直登が良かったが、結構ジグの人もいた。

温泉を横目に稜線に向かう。
靴づれが痛いので、広くなった所で処置。
だんだん風強くなって冷える。
最初はTシャツ&アームカバーで良かったけど、ウインドブレーカー&スキーウエアまで着こんで稜線。
12:45
最後の所だけ板を脱いでツボ。

SH3F00180001.jpg

途中動きづづけられなくて何度も止まった。
いろんな理由を付けて(写真とか、会話とか)
精神面の修行にもなったと思う。

しかし、稜線の向こうを見るってホント素晴らしい。
空が近い。
山っていいな。

SH3F00250001.jpg
素晴らしい景色の中滑る!
上は快適なザラメ。
しばらくすると重くなるが、下手なことしなければコケない。
石の地雷はたまにあるけど、よけられる範囲。

温泉で休憩。
男性陣はマッパでご入浴。
私は・・直前で下着で入ってしまおうと思ってたけど、自分ら以外の人が多かったので遠慮。
足湯にとどめた。
SH3F00300001.jpg
入浴中だったので湯船は撮れず。
流れだけ。

しかし、靴ずれヤバかった。
かかと全部がブヨブヨ。
絆創膏とテーピングで処置してたけど、お湯に入ったら取れて、テーピングしかなかったので、レシートをかませて対応。
この対応は・・テーピングを取るときにくっつかないように、は正解。
でも、紙なので痛かったかな。
まあ、何しても痛かったような・・。

足湯のおかげでスタミナリセット!
帰りは快調。

ミゾも藪も楽しい。

いよいよスキーを担いでの歩きもなかなかイイ。
特に、登山道の下りは、ブーツのおかげでガシガシ歩けて楽しかった。
石も根っこも渡渉も問題ナシ。
板が足に当たるのと、枝にひっかかってしまう以外は快適だった。

16:20駐車場着。

やっぱり山はいいなあ。

posted by ゆかりん at 05:53| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

久しぶりゲレンデ

3/28日曜日

信テレ企画
土曜日ツアー、日曜日ポール練習&技術講習会。

土曜日は旦那が行って、日曜日から参加。
本当は奥久慈の練習をみっちりしたいところだけど、前からの予定だからいろいろ言えない。
仕方なく、スキー。
何やってんだ、私・・状態だったけど、久しぶりのゲレンデ練習も楽しかった。
出来てない事ばかり。

特に角付けの練習はためになった。
スピードに弱い私は、何と言ってもスキーを縦に使えていない。
横にするからバタバタして怖いのだ。
これにはエッジコントロールが重要だ。
その練習方法は分かった。後は練習練習・・なんだけど、なかなかやらない。登ってしまうと練習しないし。
そして、既にトレランに移らないとヤバイ。今年は雪があってなかなか入れこめないトレラン。
天気も悪い日が多いし、最近はいろいろで自分の時間もない。
グチになってしまった。

たぶん、anryも今年最後のゲレンデだろう。
私たちの子供なのに、なぜかスキーやソリはやらない。
ひたすら雪とたわむれる。
CA380560-0001.JPG
雪を知るのも重要、と前向きにとらえよう。

posted by ゆかりん at 06:15| 長野 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

大渚北面

旦那がいないので土日も遊びに行かれない。

あっちゃんに見ててももらえれば!

土曜日に点数稼ぎして、夜からこっちに来てもらった。
anryはめったにないお客さんに大喜び。

日曜日、AM5:30集合。

労山の仲間4人と。男2、女3で珍しく女性多い。
初めて会った女性の方は、近くの病院のお医者様だった。
そういえば、話し方がテキパキしててお医者様風。
性格もさばさばしててステキな方だった。

今日の目的地は大渚山。前回断念した北西面を滑りに。

今日の天気は晴れ。
朝の気温は現地で−8℃。寒い。
風がなく、穏やかな山
CA380280-0001.JPG
大草連集落から入って、樹林帯を登る。
もうトレースがついていて、ラッセルなし。
CA380281-0001.JPG
青い空、白い雪。
木の枝に雪がびっしり。とっても奇麗な樹氷。

7:30登りだし、9:30には山頂。
CA380289-0001.JPG
もちろん360℃眺めがいい。山々、海、集落みんな見えた。
これから下りるルートを地形をみながら確認。
・・なんだか私には分からない・・でも、一生懸命話を聞いて私なりに考えた。

10:30頃北西面GO!
底付きするけど、上はドライパウダー!
ブナの林の中を気もち良い斜度がつづく。
メンバーみんなで大歓声。
雄たけびを上げながら開けた所に出た。この緩斜面もするすると板が走り気もち良い。地図で方向を確認しながら進む。
大渚沢の左を進んでいたようだ。林道にぶち当たるあたりまで下る。
しかし、林道は見つけることは出来ないまま、12:00頃から登り返しにした。

私からしたら、起伏の激しい地形で、どこが尾根で谷なのか全く判断出来ないが、ベテランメンバーは地図をにらみながら的確に進む。
私に出来ることはラッセルで頑張ること。
遅いけど、指示どうりのルートを黙々と汗を流す。
天気が穏やかで、アンダーウエアー1枚で寒くない。
CA380303-0001001.JPG
ここも発達した樹氷の森。景色最高の中進む。

目標の1096地点が見つからず、1150くらいまで登ってしまったよう。
左の谷を下り気味にトラバースして、1365と大渚山のコルへ向かう。
途中、登りのトレースを見つけ、頂く。

14時頃コルに到着。
一足先に着いた私とK太郎くんは三角を滑りにチョイ登り。
日が当ってサンクラストした斜面。
滑るのは修業だったけど、楽しかった。
後は右にトラバースして、良い斜面を見つけて滑り下りる。
しかし、太陽が当った斜面は足を取られて修行修行。
今回はテレマークターンをしつこく頑張ってやった。
だいぶ良い感じをつかんで、みんな撃沈してる中、下の方は楽しく下れた。

車に帰って来たのは15:30お腹いっぱい遊んだ!って満足満足。
帰りの車は、女の人が多かったせいか、今回に山行が楽しかったせいか、眠くもならずに会話が弾んで楽しかった。

渋滞もあり、家に着いたのが18:00。
旦那が30分くらい前に北海道旅行から帰って来てたみたい。
だけど、あっちゃんとanryには長い時間待たせて悪かった。
あっちゃんは、anryとたくさん遊べて楽しかったって言ってくれたから・・ま、いいか???
anryは怒り口調だったけど・・。

楽しい一日だった。
またお願いしまーす!!!
posted by ゆかりん at 22:10| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

自分で考える。

前は旦那任せだった雪山仕様。
問題が次々に起こる。旦那に聞いても最近は親身に聞いてくれない。
なので、自分で解決してみる。

@
シールの粘着力がなくなって来て、2度目からははがれそうで不安だった。なんてったって5〜6シーズン使っている。
テレマーク始めてから、板もずっと同じ。
会う人に板変えないの?旦那は毎年違うのに・・。
なんて言われるけど、違うのが欲しいと思わないから・・ね。
ってなわけで、買い替え予定がないので、シールも新調する予定なし。

ノリをつけたしてみた。
CA380218-0001.JPG
なんでも、販売中止になるとか?
ブンリンさんにあるという噂を聞きつけて早速買って使ってみた。

最初はちょっとだけやってみたら良い感じ!
結局ほとんど塗った。
雪が付いても何度も貼りなおせるのでツアーでは安心!
欠点は網をちゃんと噛ませないとくっついて取れにくい。
でも付かないより良い◎。

A
登ってるとき水分を取りたい。
今までは小さいペットボトルをポッケに忍ばせていたが、取りにくいし、かさばって動きにくかったり。
で、ショルダーベルトに100均で調達したボトルケースを取りつけられるようにした。
CA380216-0001001.JPG
手縫いなので、近くで見ると奇麗に出来てない。
こないだ当選したハンドメイドザック(INOXさん)の仕事に比べたら笑っちゃうくらいだけど、自分んで出来るったすごい!

さて、結果。
水が凍る!!
場所、使用感は◎なんだけど・・。
断熱物質を入れないとダメだね。

B
無線のマイクが、はずれやすくて困っていた。
旦那のウエアーにはホルダーが付いていたので真似して付けてみた。
CA380215-0001.JPGCA380214-0001001.JPG
使ってみたら・・
柔らかいヒモだったので、クリップに挟むときに寒い中の作業が難しかった。凍ってごわついたり・・。
場所が頬に当たるので、ちょっと気になる。
旦那のはもう少し下のほうに付いていたから、もう1箇所付けてもいいか。



posted by ゆかりん at 17:44| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする