2013年04月17日

200Kmのトレーニングって?

8月に出場予定のスイスのアイアントレイルレース。
決まったははいいけれど、それまでどんなトレーニングをすれば良いのだろうか・・・

いつもは試走で消化しているけど・・それは不可能。

やっぱり筋トレが必要と聞くと、中途半端にやってみたり・・。
ロングでしょ、というと焦って走ったり・・
そんなにロングばかりしててもダメ、と言われると心配になったり・・

組織に入ってみんなと一緒にトレーニング出来たら楽だろうなあ。メジャーなスポーツは実業団とかあって、トレーナーさんがいて・・って。
もちろん、トレランでそういう組織はないし、私は趣味の範囲内でやっている。
国内ではトップにはなれない二流選手の私が海外のレースに出たって順位は付かないだろうなあ。
それならそんなに気張らなくて完走目的で?
でも出るからにはベストをつくしたい!

レース自体の詳細も分からない。コースは大体のマップがあるけど、エイドだとかデポお有無だとか、
宿の手配とか、食べ物の心配とか・・もういろいろ。
英語も自信ないのにドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4語が国語という。
そのレースまでの調整として他のレースも出ておきたいけど、お家の事情で難しい・・。
いろんなハードルがいっぱいあるけれど乗り越えられるのだろうか?

と、いろんなことを考えている(笑)
その時間も好きなのかもしれない(かなり強がりでw)


posted by ゆかりん at 05:21| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

トレマンショップにお買い物♪

私の目標は毎年エスカレートしている。
今季から登山メーカーにサポートをしていただいたり、レースイベント関係の知り合いから良いお話を頂いたりで・・今年はスイスのアイアントレイルレースと言うのに挑戦しようと思う。
距離は202km
ポントレジーナを出発してダボスにゴール。全く地理分かりません(汗)
+10960m/-11200mって?
制限時間56時間。はたして異国の地で完走できるのであろうか???

その用意として、ストックは必需品だろう。
UTMFの時はナシだったけど、あった方がもっと楽だったかもしれない。
なので、いつもお世話になっているトレマンさんの所でイイのを相談して買おう!

北長野までは車でも時間がかかる。
そだ!善光寺街道ならショートカット出来て走れて良いぞ!
帰りは電車を使えば帰りは寝れる(笑)

で、明科のあやめ公園に車を置いて走って行った。
目標は稲荷山駅。たいした距離ではないと思うが・・
国道403をひたすら登る・・西条駅までけっこう辛かったなあ。
写真 1.JPG
でも、今日はお天気が良い。しかし、気温は5℃くらいで寒い・・

写真 2.JPG
前回は難所だった聖湖までは意外にサクサク。
湖周辺は寒かった〜

ここで、わたしのハイドレがもれる・・。
前から留め金が緩かったんだけど、荷物を置いただけではずれてしまうとは・・
更に電車に乗る前に見たらはずれていたのにはびっくり(その時は水が少なくてもれていなかったけど・・)
このハイドレ、対策が必要です。

聖湖を過ぎると後はいっぱい下って街中を行くと・・稲荷山駅到着 
写真 3.JPG 写真 4.JPG
ここに人懐っこいネコがいたんだけど、次の日の夕方のニュース番組で、稲荷山駅の看板ネコだったと知った。
4時間弱のランニングだったけど、けっこう辛かったなあ。
で、北長野駅まで電車。
楽ちん♪

北長野駅で、出産のお祝いで花かごを作ってもらった。春だし、お祝いだし、華やかな感じで!と。
その出来るまでの30分で東口飯店のランチを食べ時間調整。
出来あがった花を見ると・・お世辞にも華やかでない。地味〜
おまけに真ん中の花は萎れた感じ。あまりにもひどいので聞いたら、この花は今日入荷して来たばかりでこういうお花ですって・・。そういうお花を真ん中に使う〜と思ったけど・・
センスの悪さにがっかりしたけど・・、時間もないし、お金を払ってトレマンショップに向かう。
ツールド長野では通らない、道を適当に行くと歩いて10分かからないで到着した。

店長は風邪気味のようだったけど、ストックをみてくれて、BDのカーボンタイプの物を購入。
同行者のゆうじんさんは「実用動画」なるものを撮りためていて、ここでも店長にお願いして撮らせて頂いていた。
この場で、すみません。お世話になりました〜!
そんなこんなで、帰りの電車ぎりぎり。5分前に店を出て猛ダッシュ。
高校生の間をすり抜け、あるいは一緒に走り、肺がひーひーするほど走って間に合った!!と思ったら、電車が20分遅れだって・・
20分、吹きっさらしのホームで待つのは風邪を引きそうだった。
電車に乗ると温かくて快適〜♪
長野ー明科は1時間くらい。

たのしくトレーニングとおかいものが出来て良かった一日だった。



posted by ゆかりん at 19:38| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

松本ロゲイニング

ロゲイニングと言う競技に初めて参加した。

場所は松本。おひざ元(笑
しかし、直前に配られた地図を見て、ポイントを取っていくとは全く想像がつかなかった。
ポイントに点数があって、高得点は遠かったり、難しかったり。
さて、どこからどうやって取ったらいいのかな?
写真 1.JPG
受付

写真 2.JPG
説明を聞く。

インターネットの番組「やまちゃん」の仲間で参加した。2チーム!
私はいつもの山仲間ゆじんさんと組んだ。私たちは得意な山から行く事に。山からか待ちからかが明暗を分けるとは・・
ポイントは難しいところはなかったが、どうやってたどるかを何度も戸惑ってロスタイム。時間が余ってしまって右往左往・・
結局10分前にゴールに戻った。今回のロゲイニングは3時間なので、ぎりぎり行動出来た方がもちろん有利。でも時間をすぎるとペナルティーがつくのでまた難しい。
結果、男女混交の部、私たちは3位、街から回った仲間が1位!!
街をがーーーっと取ったらしい。

賞品で お風呂の「おぶ〜」の券をもらったので、仲間の一人と行った。
会場のアルプス公園から道が混んでいて・・
本当は戻ってファイブホルンでケーキをがっつり食べたかったんだけど・・・
amryのお迎えのタイムリミットは18:00。
写真 3.JPG
中の食事で我慢した(笑)でも、と〜ってもおいしくて満足。
女子トークもね!!

ロゲイニング、トレイルランニングとは別物だけど、また違った楽しさがある!!
また出たい・・松本に。(他の地域のはもっと経験してから・・)

posted by ゆかりん at 21:53| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

伊豆トレイルジャーニー

3/10に開催された第1回伊豆トレイルジャーニー。

試走なしのぶっつけのトレイルレース、どうなる事かと心配でしたが、無事完走し、表彰式のステージに乗ることも出来ました!

今年の冬は雪が多くて、その辺の里山も走れる状態ではありませんでした。
毎年雪のない時期があるんですが・・
おかげさまで厳冬期登山もどきをしたり、ワカンやスノーシュー、スキーでの山行で楽しんでしまいました。
それを理由に走れないのは私的に許せないので、ランニングも毎日頑張りました。
しかし、やっぱり気合いが足りず、出発予定時刻にちゃんと走り始めた事は少なく、いつも予定より短めなランニングになっていました。
強い心のトレーニングが甘かったですね。
しかし、70キロに相当するロング走はないにしても、月刊走行距離は400前後だったりでまずまずでした。

写真 2.JPG 写真 1.JPG
まだ夜が明けぬ5:30頃スタートラインに立ち、6:00緊張もなく走り始めると、身体の重さを実感。
体重は怖くて測っていなかったけど、夏より+1kg程度だと思う。
アスファルトの登りはみんなぐんぐん行く。前に並んだのでみんなレベルが高い。
ついて行くのは危険と思い、途中で周りをみないようにして自分を取り戻そうとした。
しかし、上がった心拍と呼吸はなかなかおさまらなかった。

全く土地勘がないのでどこを走っているのか分からないけど、行程表とコース図を頭に思い浮かべながらだいたいこの辺かな?と進む。

20kmの長い未舗装林道へは知らないうちに突入していた。
ここで飛ばすと後で来ると思ったので抑え気味に。
そしたら、次々に抜かされまくる。分かってるけどけっこうヘコむ。
でも、登りでほとんど追いついたかな?w

ペースの合う1179さんと前後する。後ろで走らせてもらうとホッする。
いつも自己中に進んで来たけど、人について行くのって楽しいなと初めて思った。
いつの間にかその人は追いついて来なくなったけど、今度は別の良いペースの集団に付いた。
そのうちの一人の人1295さんは最後まで背中を見て走った。

WP(ウォーターポイント)ではペットボトルに水を足してもらった。
ハイドレの水は600ccくらいいれたけど、多分200くらいしか飲んでいない。
スポーツドリンクをカップで1杯のんだ。
補給は途中で練乳のチョコ味をあけたけど、味が濃くて喉がかゆくなって喘息誘発の危険を感じで控えめに。
あとは第一エイドまでカーボショッツをちびちびのんだ。
第一エイド黄金橋では、楽しみにしていた道明寺は・・ただのまんじゅうだった?
あの米風の道明寺ではなかった。
羊羹、バナナを頂く。水はペットボトルとドレッシングボトルにいっぱいにする。
ハイドレは放置。

二本杉峠あたりからはブナ原生林のトレイル。ココは追い越し禁止区間。しかし、良識あるランナーは後ろから人が来れば譲ってくれるので全く問題なかった。
しかし、カメラマンに扮した?団体のひとたちの目があちこちに。美ヶ原の野鳥の会を思い起こさせる監視っぷりだった。
景色は曇りだったせいもあり、あまりぱっとしない。
大きな木がたまにあってびっくりしたけど。
レースの時は写真も撮る余裕がないので、またゆっくり(きつくないペースで)走りたい。

仁科峠のエイドまでけっこう長く感じた。我慢の区間だった。腰が重くてスピードがない。
しかし、必ず戻って来ると信じ、走り続けた。
補給はカーボショッツを3回ほど。走りながら固形物は食べる余裕がなかった。
第二エイドのうどんは食べる時間の余裕がなくかんじたので、バナナを3切れいただいた。
前日の説明会では一人一個みたいな感じだったけど、エイドの人がイイって言ってくれたのでお言葉に甘えた。

そこからは強風区間!!
しかし、風速20mくらいならまだ体感は0℃くらい?−10℃で走っている私にはそんなにびっくりする寒さではなかった。
なので、みんなウインドブレーカーやカッパを着こんでいたけど、私は使わずに行けた。
身体を持って行かれる強風も、山の稜線の風に比べたらかわいいものだったので、気持ちにも余裕があった。
ただ、キャップを飛ばされないようにだけ気を付けた。

第三エイド、土肥駐車場までも長く観じた。階段のアップダウンがこれでもか!!ってありました。
もう拷問に耐える囚人のようでした。
道路を登るのは辛かったけど、一応全部走りとおした。
やや登りのトレイルも、私の前のあの人はちゃんと走るので、走りたくなかったけど、何とか走りきることが出来た。こうしてみると、今回のコースはほとんど走れる。
なので、わずかの歩く区間はいつもより体の回復を実感した。

第三エイドから3つほど山を越える。
曇りだけど視界はあったので、はるか先に見えるトレイルはやっぱり拷問だった。

下り基調になって来たけど、ココをちゃんと走らないと後ろの女子に追いつかれてしまう。
そう思うと生きた心地はしなかった。
後悔しないように精いっぱい走るだけ、そう心で何度も唱えた。
小さい登り返しが何度かあってこたえた。
あと何キロの表示がなかなか来ない。
しかし、時計を見ると3時前にゴール出来るかもしれないという期待が浮かんだ。
自分を信じて走れ!沿道の声援に手を上げるだけしか答えられない。きっと鬼の形相だったw。

ゴールは突然に現れた。サングラスを取ってゴール!
コースディレクターの鏑木さんが出迎えてくれた。
そして息が荒いうちにインタビューでステージに。
何を話したのか分からないけど、清々しい良い気分だった。
その後に雑誌(名前忘れた)のインタビューも受け、なんだか有名人になった気分♪
しかし、顔が塩でじゃりじゃりのまんま写真は・・雑誌を見るのが怖い・・。

写真 3.JPG
だいたいのコースタイム
6:00松崎新港ー9:00頃 第1エイドー11:00頃 第2エイドー13:00頃 第3エイドー14:51修善寺ゴール
posted by ゆかりん at 12:53| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

=装備= 伊豆トレイルジャーニー

●ウエア●
MHW半袖ジップ
スキンズ アームカバー
C3fitタイツ
HNF短パン
SWライトミニ
いぼ付き手袋(ブラック)

シングルトラック
トレイルスパッツ

サロモン キャップ
オークリー サングラス

この支度で暑くもなく寒くもなく。
強風エリアでもウインドブレーカー、カッパともに着用せず。

●補給
水(ハイドレ)600cc
ペットボトル(Eショッツ+水) 500cc
ドレッシングボトル フルーツミックスジュース 270cc

ショッツ(ワイルドベリー)3 ジェルフラスク
ショッツ(ワイルドビーン)2 ジェルフラスク

アミノバイタルゼリー 1

以下残り
ブラックサンダー 2
菓子パン 1
グミ 1袋
ひとくち羊羹 2

水は各エイドでペットボトル、ドレッシングボトルを満タンに。
ハイドレは使い切って補充はしなかった。
食べ物は固形物は走りながらは食べれず。エイドで食べる感じで良かった。
posted by ゆかりん at 17:58| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

なぜレースに出るか。

自分で決めたコース。
誰かに決められたコース。

それぞれに楽しさがある。

今週末は伊豆で今シーズン初のトレランレースに出る。
大会事務局は何かトラブルで要項が間に合わないというハプニング。
ギリギリになってやっと分かった詳細。
今回は全く試走をしていない。
土地勘も全くない。
そして、冬(雪)を理由にあまりトレーニングしていない。

そんなイメージの出来ないレースは初めて。私は大丈夫だろうか。
まあ、不安だけど精いっぱい走って来ようと思う。

なぜレースに出るか・・・自分の位置を確認できるからかな。どんな結果であってもそれが私なんですよ(笑)。
posted by ゆかりん at 15:52| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

ストックっていいね!

里山だって雪が残っているだろう。きっと凍ってスリッピーなはず!

で、軽アイゼンをとも思ったけど、道路や雪のないところがあるから脱着するのに効率が悪い。
じゃあストックは?と持って行った。

最近目をつけているトレランポール。
こないだ信州トレイルマウンテンに行った時、ほしいな〜と思ったけど、春になってからでいいや、って買わなかったのを後悔した。
スキーのストックを使ってみたら調子の良いこと良いこと。
登りでぐいぐい押せるからずっと走れるし、下りでも4本足で下っているみたいに安定してる。
いやいや、コレ反則かな?コレないとダメなトレイルランナーになってしまうのかな?
う〜ん・・でもやっぱり両手がストックでいっぱいになるといろんな効率は悪くなる。
今日は水をザックから取るのが難しかった。結局止まったりして。

しかし、今日は久しぶりにしっかり晴れた安曇野。
写真.JPG
雪の景色、楽しかった!
こないだのスキーではずっとゴン降りの中で寒かったので、冬ってツライなあって思ったけど、晴れてれば楽しいんだ!

ああ、あのトレランポールほしいなあ。。。
posted by ゆかりん at 19:18| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

TDN3rd 服装

=服装=
いつも迷うレイヤリング。
今年は低温で雪予報。
しかし、低温と言っても−1℃程度。山頂でも−5℃は越えないだろう。
それよりも暑かった場合に脱げないのが困る。
なので、トップスは薄着重視にした。
ボトムスは少し暑くても、濡れに対応したい。
c3fit+ORトレイルパンツ(ウインドストッパー)にしたが、直前までMHWのトレイルパンツのみ、とc3fit+mont-bellウインドパンツと迷った。結局一番厚手な選択だったが、雨でぬれた時は心配したが、特に問題なかった。


ファイントラック スキンメッシュノースリーブ
mont-bell ジオライン長袖ジップ薄手
C3fit
OPトレイルパンツ
SW ライトミニ
ヘリテイジ トレイルスパッツ

シューズ:salomon XTウイング2

mont-bellバーサライトジャケット&パンツ(カッパ)⇒パンツは使わず
patagonia ウインドブレーカー

mont-bell ジオライン長袖⇒未使用

salomon キャップ
BUFF 2枚⇒一枚は使わず
mont-bell ライトウールネックウォーマー⇒未使用

綿半 薄手作業用手袋
100均 スマホ対応手袋
BD オーバーグローブ

走り初はPatagonaのウインドブレーカー、キャップにbuffで耳あて、100均スマホ対応手袋だった。
トレイルで暑くなったので、ウインドブレーカー、buffは取る。
富士の塔からの下りで雨が降って来たので、カッパ(上)を着た。
ヘッドライトをつけるまでキャップにカッパのフードでOK。
ヘッドライトを装着する時はmont-bellのウールネックウォーマーを頭にかぶろうと思ったけど、それほどでもないし、またフードをかぶれば良さそうなので、ピンクbuffで。

グローブは雨が降り始めてからオーバーグローブをしていたが、須坂体育館前で迷った時に落としてしまった。なので、右手は綿半の薄手グローブ二枚重ねで。寒くはなかったけど、雪に手をつく場面では濡れるので、やっぱりオーバーグローブの方が良かった。

足元は、GORE-TEXは却下したけど、そっちの方が良かったかな?
ORのトレイルパンツは雨では濡れたけど、雪では問題なかった。



posted by ゆかりん at 15:12| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

完走して当たり前?(TDN 3rd)

12/1,2の土日で三回目のツールド長野に参戦した。
過去2回とも参加して、120km完走している。
今年はまさかの逆コースで遠慮はぶっ飛んだ。もうそろそろボランティアかな?っていうね。
逆コースっていうのは険しい東山のコースが夜間になるわけで・・さらに逆走すると、今までのイメージとかなり違ってミスコースしやすい。難コースになるだろう。

で、偵察に3回ほど通い、まあ、大丈夫だろうと行ってみると、実際は3回のミスコース。
自分の方向感覚、山感覚の悪さに嫌になった。
1つ目は、尼巌山から奇妙山に向かう登山道。足跡を追ってミスコース。先行者が間違えたようだが、さらに下ってしまたようだ。
登り返して適当にトラバースしてリルート。
2つ目は天徳寺に向かう道路。曲がる交差点を走る前にチェックしてちゃんと曲がったけど、その地図が間違っていた。もっと手前で曲がらないと!詳細を確認しておくべきだった。
3つ目は、須坂体育館に下りる所。なぜか見覚えのない所に下りてしまって焦った。どこで間違えたのか全く分からない。IphoneのGPSで現在位置を確認してやっと分かった。

レースは参加者が多くなって、120km目指す人や、走力のある人がいたので、前半は5〜6人の大所帯で進んだ。
写真 2.JPG
道が分からない人がいたのでくっついて来たという感じだった。
みんながいて心強かった、楽しかった半面、ペースが早くてもついて行ってしまったり、自分が上げてしまったり・・一人だったらもっと淡々と走っていただろう。
どっちが良かったのかは分からないけど・・。

天気がすごかった!予想はしていたけど、富士の塔に向かうころから雪がチラチラ。
茶臼山に向かう頃は雨、茶臼山は雪、松代に向かう時は吹雪いて風も強かった。
山の中は雪景色がほとんど。足元も雪で濡れる。

最後の三登山が一番雪が多かった印象だ。走るのに邪魔だった。・・まあ、ヘロヘロで走れなかったけどね、雪なくても。
道路の凍結も厳しかった。特に岩松院のA7の前はスケートリンクのようだった。
最後、三登山から店に向かう道路もツルっつるだった。
車が後ろから突っ込んでこないかも心配だった。

難所は明覚エリア、雁田エリア。ココは下りでコケまくった。登りも何度も滑って手をついたり、木にしがみついて登った。

各エイドは年々充実している。特に温かいもののありがたさ・・・確実に回復する!心も体も。
個人的には5Aのシチューがおいしかった。あだ温まらないと言っていたけど、ごくごく飲むにはちょうど良かった。4Aでは臨時エイドをスルーしてまさかの水分切れだったのとミスコースをして飢餓感があったことで、すんごい食べた(笑)コーラなんて4杯くらい飲んだし、ジュース、茶も飲みあさってさらに笹団子も食べまくった。
6Aではグローブを片方落としたって言ったら見に行ってくれたり・・。
本当に各所で温かく迎えてもらった。私はちゃんと感謝の気持ちを伝えられたのだろうか・・弱音ばかり吐き捨てていた気がする・・・。

写真 1.JPG
受付に行くと、お店の片隅でエイド食を作ってくれてたスタッフさん。朝3時から頑張ってくれてるって・・選手より寝てないじゃん!!ある意味一番過酷?

そして、お店ではやっぱり「ただいま!」むかえてくれる人がいるっていいです!
写真 4.JPG
トレマンカレー!
今年は胃腸が大丈夫だった気がする。コレちゃんと食べれたし、エイドでもいっぱい食べれた♪

写真 3.JPG
今年は完走賞がボトル!これまた考えてくれていますね!
うれしかったのに、忘れて来ちゃいましたけど・・

やまちゃんで知り合った「サチエ」に初めてあ会えたのもうれしかった。
お家が近所で、たまたま仕事がなかったというのでスタート来てくれたり、エイドにいてくれたり、ゴールに来てくれたり・・
とにかく気が効く娘さんだ(同じ年ですがw)。
ツイッターでの言動からでは想像出来ない上品さがあり、そのギャップが◎!サチエ、これからもヨロシク。

ああ・・・後からあとから色んな場面を思い出す。苦しかったはずなのに、楽しかったに変わっている・・。
来年も走って参加したいな・・・

そうそう、「完走して当たり前」今回この言葉が重く自分にのしかかる。
だから、普通に完走しただけじゃあみんなはびっくりしない。
今年は記録塗り替えが多く、この陶酔があった。
今回はこれがない。
でもね!いかに自分と対話して、励まして、頑張って走りきったことが大事だと私は思う。
誰かに認めてもらうもらうためだけに走るのではない。もちろん、びっくりしてもらうのはうれしいけどねw。
そのレースの前の準備、終わってからの反芻(はんすうってここで使っていいのかな?)
それも自分の楽しみ方だと思っている。
完走して当たり前のレベルに来れた事に感謝し、もっともっと挑戦し続けていきたい。

次の目標を家族に言ってみたら・・・がっかりする返事ばかりだった。
でもね、願えば叶う!信じて頑張ろう。

posted by ゆかりん at 14:45| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

明日はTDN(ツールド長野)

いよいよ今年最後のロングレース、ツールド長野!
約120Km里山をめぐる制限時間27時間。
去年は20時間半くらいでゴールした。今年は逆コース。
難所を夜間に通るため、もっと遅くなるだろう。
しかも天気予報は雨や雪。しかも夜に!
そもそも最近ロングを走ってない私は完走できるんだろうか?!

しかし、エイドは充実しているし、参加者も今年は多くなっている。
だから走る環境としては贅沢だと思う。
自分と対話しながら限界まで行動出来るシアワセ。何よりも、自分のペースでいいというのがすばらし。

許された私だけの時間、大切に大切に走りたい。(歩くかもw)

いつものことながら、こういう機会を作ってくれる主催者に感謝します。

装備や用意なども書きとめておきたいけど、まだ準備が整っていない・・。
時間があったら書くことにしよう。
posted by ゆかりん at 15:46| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

雨でも雪でも(合戦の頭)

TDN前の月曜日は雨予報。山は雪だろう。
せっかく自由に使える時間を平地の雨ランでは面白くない。
だったら雪の山に行けば!
で、お手軽な中房から稜線を目指す事にした。
中房線は今季12/3から閉鎖。閉鎖後、あの12Kmを足で稼ぐのはけっこう大変。
だからその前にってこともある。

朝一のが雨が穏やかそうだけど、旦那の出勤の都合で保育園送った後。
これに付き合ってくれたのはやまちゃんのゆうじんさん。
スタッドレス履いてなかったし、とってもありがたい!
写真 1.JPG
10:00駐車場を出る。
はっきり言ってすごい雨!こんな天気でGOするのはちょっと頭おかしい人だ、とは思う。
登山口までの道路はうっすら降った雪の上に雨が流れて川のよう。
登山道は最初まだ良かった。しかし、雪がだんだんシャビーびなって来るとタチが悪い。
上は雪だと踏んで来たけどなかなか雪にならない。
雪だからびしょ濡れはないなあ・・って思ってたけど、それは軽率な考えだった。
ちゃんと雪になる前はかなりべしゃべしゃ!
中間を考えていなかった。

第3ベンチ(富士見ベンチ)あたりからは冬景色で雪。
合戦小屋あたりは 
写真 2.JPG 写真 3.JPG
こんな感じ。雪も横殴りになりつつある。

途中すれ違った下山者が、上はブリザードだと言っていた。
なので、ブリザードだけ体験して帰ろうと思い、合戦の頭を目標に登った。
途中からスネ ラッセル。
稜線に出ると、顔が痛い。寒い!よし!ブリザード体験!
写真 4.JPG
合戦の頭で数枚写真を撮って逃げるように下山。
あのまま行動するとなると、今回の装備では不十分。完敗だ。

今回はスキーのストックを持って来た。コレ正解!下山がめちゃめちゃ楽しかった。
登りは邪魔な場面もあったけど。

足元は敢えてトレランシューズ(ゴア)+軽アイゼン(4本爪)。どこまでトレランシューズで対応出来るか!
結果、今回はOK.だって、行動時間は登り下りで3時間。止まって休憩はほとんどない。
登山道は半分から下は雨でびしょびしょ。下りでは全身ずぶ濡れだったが、動き続けていれば何とかなる。

こんな山行に付き合ってくれたゆうじんさんごめんなさい。
こんなにずぶ寝れになるとは思いませんでした。(反省)

でもね、私としてはこんな悪天候でもそこを歩けたことが充実でいっぱいなんです!←変態?

●服装●
ファイントラック ノースリーブ
ORTVOX wool 長袖ジップ
mont-bellバーサライト(上下)
MHW ストレッチパンツ
SW 長めのソックス
サロモンXAプロGORE-TEX
キャップ+BUFF
モンベルウインドストッパーグローブ(フリースインナー付き)
薄手手袋

ウインドブレーカー、目出し帽、ニット帽、カイロ、使わず

●補給●
ホットミルクティー(250ccくらい)
posted by ゆかりん at 19:39| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

美ヶ原

TDNに向け、ロングのトレーニングは出来ていない!
でも、毎日コツコツ走って来た。
今回はテスト。ロングの練習を入れなくても120km走り切れるか?!w

そんな余裕はまったくないんだけどね・・。

てな訳で今回はちゃんと走れるトレイル5時間くらいを頑張って走ってみた。
そのコースと言えば!名付けて「扉ラウンド」

扉温泉ーダテの河原コースー王ヶ頭ホテル下ートラバースー百曲がり入り口ー牧場ー茶臼山ー三峰山ー二つ山ー扉温泉
約35km!


今朝の自宅付近の気温は2℃だった。
しかし、扉温泉は付近はきっと-1℃くらい。
寒いがウインドブレーカーは途中で脱ぐ。
トレイル入り口まで45分くらいだたよう。辛かった割にはふつう。

でも・・計算間違いで頑張って走ったから、と思ってしまい、走るポイントでも歩きを入れた。

森林限界を過ぎると、凍った世界があらわれた。
写真 1.JPG
霧氷や霜で白い。まだ雪の世界ではないのでちょっとさみしげ。
寒くてウインドブレーカーを着た。その後ずっと着ていたなあ。

牧場に出たら、遠くに鹿の群れ!!20頭以上いたんじゃないか?
写真 2.JPG
小さいけど遠くに映ってるんだ!

茶臼山へは所々雪が。うまく走れない。
歩きを多く入れてしまった。
意外とすんなり到着し、扉峠に出ると、道路の脇に雪。
ああ、こういう季節になったんだ〜と実感した。

三峰へは走れるところも多いはずだが、雪でうまく走れなくて体力を奪われる。
この区間が一番雪が気になった。
三峰山頂はやっぱり絶景!しかし寒いのですぐに下る。
ココのつづら折れに雪がなくて良かった。凍っていたらかなり危険。
そんな心配は無用で、むしろ霜柱でフカフカして足に負担のない区間がけっこうあってありがたい。
まあ、滑ったら怖いところもいっぱいあるんだけど・・。
慣れた道、淡々と。
写真 3.JPG
森の中は神秘的・・
またココに来れて良かった。

さあ、終盤!二つ山へのトラバース道を淡々と走り、激登りに突入。でもココは20分もかからない。
がまんして登るだけ。

二つ山まで登ると後は3回登り返す。ここ、つらいんだけど分かってるから!
大丈夫!脳をだますw

扉温泉への分岐に来ればこっちのモノ。
30〜40分で車だ!

気持ちよく飛ばして・・って下り長く感じる。
道路に出たら10分もかからないよ!
今回は8分。
全部で4時間44分!!頑張った新記録。

実は3日くらい前に道路で3時間半くらいのコースを走ってる時、3時間くらい経過したた、だんだん不整脈なのか、胸が苦しくなってしまった。
これも脳をだませば・・とがんばったが、どうもおかしい。
立ち止まらないとふらふらするようになってしまった。
そうしないと背中から頭の後ろがしびれて力が入らなくなってくる。
こんなことないのでびっくりし、不安になった。
次の日もちょっと走るとあの症状が。。。
ああ、もう私終わりかな・・と思った。
けど、だんだんごくたまに来て、我慢してると立ち止まる程ではなくなって来た。

今回もダテの河原コースの登りでは少しあったけど、その後はあらわれなかった。
まあ、無理しなければ走り続けられそうかな?・・出たら覚悟して対処しよう。
・・TDN,大丈夫か??


〜後談〜
車に乗って横田のモスバーガーでお気に入りのハンバーガーを購入してから・・ザックがないことに気がつく!信じられない失態。
車の助手席側の前輪の横に置いたのを覚えている。
まさか!!引いてきてしまった??
急いで戻ってみると・・あったんだけど・・アルミの紅茶のボトルがくんにゃり!
そしてとなりに・・・
写真 4.JPG
愛用のドレッシングボトルが!!ひかれていた。ショック!ザックも多分ちょっと引いたと思うけど、他のものは何とか壊れていなかった。
っていうか、自分で引いたんだよね、ごめんなさい!!
しかし、ドレッシングボトル・・あれ、150円くらいだったんだど(100均にもあったけど・・)、3年くらい使った。
なんか寂しいなあ。。。
posted by ゆかりん at 20:26| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

TDN試走 



最後の試走!・・にしたい(笑)

●地附山ー大峰山ー葛山ー頼朝山ー旭山(ステージ1)

旭山下山口に車を置いて地附山の登山口、駒弓神社へラン。
最初は道路の下り。
今日はしし座流星群がまだ見えるらしいので、注意しながら。
東の空に3回流れた!!

善光寺をかすめ、駒弓神社まで登る登る・・。間違えずに一発で行けた。
車から約1時間

駒弓神社の階段を登って、建物の手前(左手)にトレイル。「いにしえコース」だったかな?

金毘羅宮を通って登って行くと、地附山へ。神社から20分程。
写真 1.JPG
ヤッホーポイントで「やっほー」っというと、本当に響いて帰って来た!
大峰に向かうが、ちょっと下から右マキに行ってもいいし、山頂から直に下ってもいいと思う。途中、スキー場跡で金物を確認。毎年通っているけど初めて見た!!
いつもは暗かったからかな??
分岐が四方にあるので注意。基本直進で大峰山につながる。

大峰山へのやや登りの階段は歩幅が会わなくて疲れる。
すぐに大峰山。ココまで地附山から10分程度。

駐車場に山もりの土砂にびっくりしながら道路を下る。
今日は寒くて氷点下!多分ー2度くらい。
で、道路は凍結!注意!!

立体交差トンネル2個通って左に葛山入り口。
1か所ぬかるみ注意。ココで浸水すると悲しい。

広い葛山山頂から頼朝山へ下る。ちょっと滑りやすいので注意。でも、この斜度はまだまだ甘いw。

一回林道に出るけと直進。すぐに頼朝山。
待ちの見える方に下山口。
つづら折れを下る。途中、2、3か所ショートカット。
山倉建設が見えてそっちに行ってもいいけど、ちょっと遠慮して左の道を。多分、こっちのが近い。
道を渡ってすぐ車の通れない細い道を下って、分岐で右折。
里島発電所に向かう。旭山橋を渡って突き当ると、標識のないトレイル入り口。
左に進んですぐ、左に登るトレイルあり。真すぐ行くと巻くだけで山頂には行けないんじゃないかな?途中までしか確認してない。
ずんずん登るが、踏み跡がたくさんある。明瞭な道を選べばいい・・かな?
「通行禁止・危険」の標識の所に左右に分かれる道。古い手すりのある方に進んでみた。でも、左に行っも直登出来るんじゃないかな?確認してないけど。

写真 2.JPG 写真 4.JPG
写真 3.JPG
いろんな人工物が・・・

荒れた道を進む。途中、「初心者は若穂方面から」の看板を左に進んでやや藪へ進む。青テープやピンクテープに導いてもらうが、本当に荒れている。急だし。
いい加減嫌になったころに山頂付近に出る。
山頂はひろば。南方面に下りのトレイル。展望園地には行かずに右に下る。次の分岐も右で下ると駐車した登山口に出た。

・・・出ない人には読むのが苦痛だろうな・・まあ、いい、記録として書きます。

●若穂太郎山ー大洞山ー井上山(ステージ5)

2ラウンド!天王口へ。朝で冷えて寒い。お腹すいていっぱい食べたら眠い。
走りだす気がしない・・。
しかし、鞭打ってGO!
動き出すと楽しくなって来る。
急ですべりやすい登りをがんがん登る。途中こしき岩は登って眺望を楽しむ。
もうひと頑張りで太郎山。
写真 1.JPG 写真 2.JPG
1時間近くかかったか?
余裕でいたが・・・ココからがいけない。思い込みで山新田方面に下りてしまった!
途中、違うかな、と思ったけど、超スリッピーな斜面との格闘に夢中で気づくのが遅かった!もう下まで行って、林道で正規ルートに合流。
今回の敗因は、もうこのルートは完璧だと思っていたので、地図を持って行かなかったこと。ココに詳しく注意書きがあった!
林道でつないだけど、やや登りで辛かった。馬越峠までも登りでキツイ。沢山走った後だったら歩いてしまいそう。
馬越峠の大洞山入り口から入る。最初、急斜面。長野の里山は急な所が多い!
まあでも大洞山まではそんなに長くなく、すぐに着く。
井上山に向かうが、このあたりは落ち葉の下に岩がかくれていて滑ったりして危険。注意して進みたい。
井上山手前になぜかとおせんぼの木がある。が、右に行かずに直進するとすぐに井上山山頂。
ココで安心しないように。下山口は左手。山頂標識の正面。間違っても直進しないように。尾根が違う。
ここの下りも注意!急で荒れてて細くて危険。慎重に。しばらくするとごろごろが少なくなってはしりやすくなるけど、たまにかくれているので注意。
写真 3.JPG
道なりにいくと下山口到着。その直前も岩に落ち葉がかぶっていて見えにくいので注意。

道路をつないで天王口へ。ラウンドで3時間くらいだった。道迷いうが痛かった!

今日はけっこう頑張った?のでへろへろ。途中、水も落としちゃったし、精神的にも参った。

●タイム●
旭山下山口ー善光寺ー駒弓神社ー地附山ー大峰山ー葛山ー頼朝山ー旭山ー旭山下山口(約3時間)

天王口ー太郎山ー山新田口(間違えて)−馬越峠ー大洞山ー井上山ー下山口ー天王口 (約3時間)
posted by ゆかりん at 22:26| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

長峰ー光TT

光城山・長峰山をつなぐアイムトライアル。今日は2周でやってみた。
雪予報はまんまとはずれ、ちょっと寒いくらいの走りやすいコンディションの中、頑張って走りきった!!

1round 長峰荘ー光登山口ー北周りー長峰山頂ー長峰荘 52min
2round 長峰荘ー光登山口ーさくらー長峰山頂ー長峰荘 50min

頑張った!!

よしよし。
posted by ゆかりん at 19:05| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

光城山のカエデ

朝練で走ってて目に飛び込んできた赤!
写真 1.JPG

なんじゃーーー!赤い!

写真 2.JPG
秋もいいなあ〜。


posted by ゆかりん at 19:43| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

一の沢の紅葉

11/8

昨日の帰り、林道の紅葉がとってもキレイだったので、今日はランで見に行った。写真ではショボイけど、見ごろです!今日は一の沢登山口まで行って来ました。
IMG_3377-1.jpg
落ち葉がステキ!

烏川渓谷緑地も通ったけど、落ち葉でふかふかのトレイル♪ 昨日の今日でしたが楽しくランニング出来ました。
IMG_3381-1.jpg
こんな地図もあって緑地内楽しめます。
しかし、猿が多いので注意。たまにクマも出る様なので熊鈴を必要です。
IMG_3379-1.jpg
森の湧水は・・
IMG_3380-1.jpg
ちゃんとありました♪しかし、チョロチョロ。

IMG_3386-1.jpg
先シーズン厳冬期敗退した横通岳が良く見える。それに繋がる尾根も。
今シーズンは行けるといいなあ。。。

IMG_3392-1.jpg
安曇野公園敷地の林。
けっこう下にあるんだけど、下草まで紅葉して美しかった!!




posted by ゆかりん at 05:02| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

一の沢から常念・横通岳

11/7

常念ってまだ行けるの?そんな質問にお答えすべく・・?
いえいえ、アプローチが近いので行ってみました。この時期の常念詣では初めて!!今までは冠雪するともう近づかなかった。。。

まだ暗いうちスタート。車で用意をしているとヘッドライトを付けずに道路を黙々と歩いている人がいた。大丈夫か?この人、とか思ったけど、自分もやってみると、意外になくても歩ける。
月明かりで明るいが、星も適度に見えてキレイ!!

沢を渡る橋は全て撤去されていた。冬支度なんだろうか。
渡渉と言うほどではないが、飛び石の石が滑るので浸水する可能性は大!!
注意。

大滝ベンチあたりから石がキラキラ光り出す。凍っている。
笠原の沢は凍ってツルツル。このあたりからストック(1本)を出して進む。
笠原の先から4本爪の軽アイゼンを付けた。
正直このアイゼンで大丈夫か心配だったが、今回の状況だとベスト!
6本や10本なら岩の歩行に苦労しただろう。

乗越に出ると、ガスを抜けて視界が戻った。朝日もばっちりあたって気持ち良い。
しかし、風は強い。ウインドブレーカーに更にカッパを着てフードをかぶった。
手袋は冬用にチェンジ。

天気が悪くなりそうなので、常念へ行くか大天井に行くか迷った。
常念に登って、余力があれば大天井へ行ってみる事にした。

真ん中くらいまでは雪は気にならない。途中から氷も多くなって、風ももっと強くなった。途中引き返すか迷ったが、身体も動くし、顔以外はそんなに寒くなかったので目出し帽をかぶってGO!途中吹き飛ばされそうな突風が吹く。目出し帽をかぶってGO!
山頂手前の三股からの分岐に来たらあと少し。なぜか風が穏やかになった。
山頂ではびっくりするくらい風は少ない。そうは言っても寒く、視界悪いので、退散w。
やっぱり途中から強風に。山頂付近はたまたま風が当らない所だったみたい。
下りはアイゼンが効いて歩きやすい。下の方は岩ばかりになって歩きにくかったが。

常念小屋前は比較的明るくて穏やかだった。疲れていたけど、横通までくらいは行っておこうと行ってみた。
最初の樹林帯は風がなくて温かい。
木がなくなると、とたんに風が強く寒くなった。
もう横通も嫌になっていたけど、一応登頂!

帰りはちょっと余裕で、動画を撮りながら下る。
常念乗越から下りは暑いくらい。カッパ、ウインドブレーカーは脱ぐ。

笠原あたりからあいぜん、ストックはしまう。
後はトレランスタイルのでぐいぐい進める。
濡れて滑る所もあったけど、上の事を思うと楽ちん♪

一の沢登山口からふり返ると・・もう来るなよ!系な天気。

帰りの林道は紅葉真っ盛り♪
車で走ってしまうのはもったいないなあ。。。

●装備●

アイゼン(モチヅキ 4本爪)
ストック(1本)⇒本当は2本欲しい

●服装●
ODLO right ランニング
ortovox 長袖ジップwool
patagonia ウインドブレーカ
norrona GORE-TEXレイン
長袖アンダーウエア(予備・使わず)

C3fitロング
OR ウインドパンツ
mont-bell バーサライトパンツ(使わず)

Buff ヘッドウエア
mont-bell ジオラインバラクラバ
ニットキャップ(使わず)

薄手手袋(100均スマホ対応)
mont-bell フリースつきウインドストッパーグローブ

サロモンXAプロGORE-TEX
mont-bell ロングスパッツ

●コースタイム●
一の沢登山口ー(3:00)−常念岳ー(:30)−常念乗越ー(:30)−横通岳ー (:25)ー常念乗越一(1:10)−の沢登山口
posted by ゆかりん at 04:53| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

池田トレイル 新ルート!?

11/5

旦那出張のため朝から時間がなかった。
保育園送った後だとどうしても10:00近くになってしまう。

久しぶりに近場の池田トレイル♪
クラフトパークー夢農場ー二本松ー八代峠ー田の入峠ークラフトパーク
3時間の予定がまだ2時間ちょっとおかわり、最初の分岐を右折。
なんとか城跡方面へ林道を登る・・と分岐。
そこにMTBトレイルのパウチ。で、右に行ってみると・・
ご機嫌トレイル♪さすがにちょっとアップやバンクがあってMTBが楽しそう!
最後は道路を少し走るとクラフトパーク下の駐車場に出た!
次回よりオプションといて活用できそう♪
posted by ゆかりん at 05:10| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

まさかの雪〜!蓼科山・八子ヶ峰

10/24

今回は中ア、空木ー木曽駒あたりをねらっていた。
しかし!前日まさかの冠雪!しかもしっかり降っていそう。
時間がかかっては目的のラウンドは出来ない。
泣く泣く変更。北八ヶ岳、蓼科山ー北横岳へ!

ちょっと早く着いたけど、夜明けを待ってスタート。
女の神茶屋に車を停め(奥に50mほど登った所に駐車場有)道を渡ってすぐの登山口から。
笹が刈りたての整備された道。しかし、前日の雨でぐちゃぐちゃ。
今日のトレランシューズはゴアにして正解。しかし、スパッツはショート。
後でロングスパッツなら完璧と思うことになる。

しばらく進むと霜。雪がうっすら。登るにつれてなんと、真っ白に!!
2200m付近からは完全に雪景色だった。

森林限界を過ぎて岩地帯に突入すると、足場が分からなくてゆっくりしか進めない。更に景色に圧倒され、写真を撮りまくる(笑)。
写真 2.JPG 写真 1.JPG
そんなこんなでもうトレランスタイルをすて、ゆっくり山頂へ。
山頂は風があって寒くて一瞬で戻る。
写真 3.JPG 写真 4.JPG
そして、当初の予定の北横岳方面はとりやめ、女神湖へ下山し、中央分水嶺でつないで八子ヶ峰で繋げてラウンドすることにした。

下山道はこれまた岩地帯は冷たい雪の積もった岩に手を置いて一歩一歩慎重に下る。
しばらく行くと普通ならカッ飛ばしの幅の広いごろごろ地帯。今日はうっすらたまった水が凍っていて超スリッピー。
走れないけどバランスの良い練習になった。
かなり足を使ってしまったけど、ここで抜けるようになるとうれしいな。

七合目登山口はお日さまでキラキラの世界。
蛇行する道路をくし刺しにプチトレイルを下る。白樺高原国際スキー場のリフトの左を女神湖を見降ろしながらがーーっと下ると女神湖畔。
美ヶ原トレイルランニングのレースで通った中央分水嶺に入る。
途中の紅葉が美しかった。
写真 1.JPG 写真 2.JPG

中央分水嶺トレイルは一部沼地になっていたが、基本的に走れるご機嫌トレイル♪
最後の激登り、レースでは淡々と登ったけど、今回同行者がガシガシ飛ばすのでついて行くのがやっとだった。
写真 3.JPG
落ち葉がキレイ。

大門峠に出て、白樺湖を右に回り、白樺湖ロイヤルヒルスキー場を通り、八子ヶ峰に乗る。一応道が出来ていたけど、適当にゲレンデを直登すれば峰に出ると思う。
ココからはなだらかな稜線。
蓼科山や八ヶ岳、南、中アルプスを眺めながら走れる。
八子ヶ峰までは登りでキツイけど、走ってみた。
頑張って走っていると同行者に歩きで抜かされて心折れる。
珍しく全く動けなかったw。気を取り直して走る。
向こうも意地があるので?早い速い。
八子ヶ峰はしらかは2in1のゲレンデトップ。ちょっとふり返ると山頂がある。
見落としがちなので注意。
写真 4.JPG
そこで景色を楽しいんだ後も・・プチバトル。ヒュッテアルビレオは見ただけスルー。ココからの下りは4分で車に到着。あっけなく今回のラウンドは終了した。

最初はどうなることかと思ったけど、この状況を無駄にしない良いルートを描けたと思う。
posted by ゆかりん at 19:53| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

燕TT

10/22

久しぶりに本気TT(タイムトライアル)

登山口の気温は多分5℃くらい。
昨日7時間近くトレランレースに出ていたゆうじんさんとスタート!
余裕で勝てると思ったけど、最初はぶっ飛ばしてくれて全く追いつけない。
しかししかし、昨日の今日。先行させてもらった。
クマ鈴忘れて「ほぅ〜!!」と言いながらがんがん登る。

合戦小屋まで来ると近い。
寒かったけど、ウインドブレーカは着ずにファイントラック(タンク)とモンベル薄手で心拍上げる。
稜線でさすがにウインドブレーカを着て山頂へ。
もうすぐ日の出の素晴らしい景色の中稜線ランニング♪
写真 1.JPG
山頂は誰もいない。日の出を待たずに帰途へ。
燕山荘で日の出。富士山も見える。
写真 2.JPG
下りもぶっ飛ばし!記録を狙う。(この時期この時間は登山者が少ないので)
しかし、ゆうじんさんはあっという間に見えない。4分くらい差をつけられてゴール。でも新記録40分。自分では飛ばしたので下りなのに暑い暑い。身体ガチガチで下ったので全然楽しくなかったけど、良いトレーニングになった。
posted by ゆかりん at 18:34| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする