2013年08月09日

2・Swiss Irontrail (pontoresina-Savognin)

全体のコースマップ
T201_map.pdf
高低表
irontrail profile.pdf

いつのまにかスタートになっていた。
小雨の中、パイレーツオブカリビアンのテーマ曲で。
やっとスタートできる、晴々とした気持ちだった。
もう走るしかない、進むしかない。

写真 3.JPG
急いではいけない、でもちょっと早いかも〜
最初の山はどれだろう・・・あれかな?あれかな?どれも高くて険しそう・・・
しばらく線路沿いで平坦なダブルトラック。右の山だった。どんどん登る。雪渓が見えて来た。
足はちょっと濡れるけど大したことない。最初のエイドの手前の雪渓がちょっと急そう。下りはストックが欲しいところ?
最初のエイド(Diavolezza/ディアボレッツァ3004m)、ゆうじんさん他取材陣がいた。知ってる顔があってなんだかほっとした。2時間くらいしか走ってないんだけど・・もういろいろ不安になっている。
このまま走り続けられるだろうか・・どんなコースが待ち受けているのだろうか・・
バナナ1本とスポドリを補給。
途中はカーボショッツをシェルボトルに入れたのをチビチビ飲んだ。

心配した雪渓の下りはすれ違いだし怖かったけど短かったのでクリア。そこから先のルートはけっこうくだって、放牧地みたいなところに来たら道がない・・けど目印がある・・ってことはテキトーに走れってこと。
幸い先に走っているヒトがいたので何とかなったけど、迷いポイントだろう。

線路を渡る手前にエイド(Bernina Diavolezza/ベルニナディアボレッツァ)
ここでもバナナを食べてなぜかもう1本手に持って走り出した。
あまり食べる気がしないのに・・もう焦っているのか?仕方なくウエストポケットにそっと入れた。

次の峠Crasta Langard2927mへは860mアップ。
写真 4.JPG
こ〜んな景色のなかなので気持ち良い〜!
日本にはない大きな山や岩。森がなくて見晴らしが良いところばかり・・
がーと登ってがーーーっと下ってまたスタート地点のPontoresina(ポントレジーナ)
12:00くらいだったかな?

ここでシューズとソックスを履き換え。そんなに濡れは気にならない。
しかし、この先の足の負担を考えるとHOKAに履き替える。
ライトをザックに入れる。
3004m小雨でもバーサライトで寒くなかったのでウインドブレーカーはいらない。デポザックに入れる。(後にこの荷物は届かない・・)
トマトソースのパスタ・・もう少し甘味が欲しい・・そしてフォークで刺して食べるのに食べにくい・・。
ちょっと時間を使ってしまった、急いでまたスタートと同じ道を走る。沿道の応援にだんだんペースが速くなって息が上がる。抑えて抑えて。。。

しばらく平坦な所を走ってダラダラ登って・・次の峠へは950mアップ。
最後の方が岩が出て来てなかなか進まなくて辛かった。けっこうヘロヘロで峠に行くと、またまたゆうさんと取材陣が。ここでも元気をもらって進む。傍らにヘリがとまっていた。
これで上がって来たのかともったけど、それば別口だったらしい。
後にこのヘリでの撮影にバッタリする。

ちょっと下りるとエイド。
ここにエナジージェルが。
写真 1.JPG 写真 2.JPG
これぱっと見、これで178kcalもあるんだ〜と思って(レース中ずっと)
飲んでたけど、60mlに換算すると112kcal程度だった(汗)まあ、日本のジェルやゼリーと同じだったわけで・・でもコレ、かなり助かった。いろんなところに置いてあって、固形物よりとりやすかった。

ここでかなり雨〜。
下りなので、けっこういい気分♪
外国人は下りを飛ばさない人が多い。私飛ばしてないけどけっこう抜ける。
で、調子に乗ってたら・・ロストした。。。
分岐があったけど、マークがない。
GPSトレッカーは作動しなかったぞ!
まあしょうがないもう二人ひきつれて来ちゃったのでみんなで地図を見て確認。もとに戻ると左手に行く選手が見えた。ああ、あそこまでもどるのか・・・。
ショートカットしようにも深めな谷がやっかい。仕方なくしっかり戻る。20分くらいのロスかな。
お二人ごめんなさい。
私はココでちょっとヘコんでペースダウン。しかし、ヘリの空撮に出くわしてしまった。
これはちょっと頑張らないと!と調子に乗りだしたもんでタチが悪い。
結局この区間の下りでけっこう疲れてしまった。

なので、次の大きなエイドのSamedan/サメダン67km地点ではかなりヤラれていた。
19:00頃。
ブイヨンスープにタイマイを入れた物を食べ、足裏チェックしてガーニーグー塗布。
デポしておいたストックを取り出し、ライトを頭に付けて出発!(約30分)
けっきょくココにデポしておいたハンドライトは持って行かなかった。
200kmを走る私のスピードではハンドライトはいらない。

外に出るとまだ明るい・・ってか全然明るい。もう19:00だよね〜・・・
結局21:00過ぎまで明るかった。
登りに入るまで平坦な所をひたすら走る。雨がかなり強く降っている。
いつも一緒になる151Jan、私が疲れているのを気遣って体力を温存して、みたいなことを言ってくれて一緒に走ってくれた。
登りでは3人パックの真ん中に入れてくれた。暗くなってきたのでそう仕向けてくれたようだ。
しかし、だんだんペースがバラバラになって、峠(2466m)では一人旅。だんだんT141(141km)の人たちが抜いて行くようになる。
下りは雨でどろどろでコースマークも分かりにくく飛ばせない。
いつの間にか追い抜いて来たJanが「look at me!!!」と言って追い抜いて行くけど・・着いていかれない。
でも次々に141の選手が抜いて行くのでルーファイは大丈夫だった。
けっこうボロボロで次のエイドBergun/ベルギュン90km地点
なんでも私は1位と言う。
半信半疑だけど、この位置でリタイアなんてありえない。
マイペースで進むのみ!!

ココで仮眠をとる計画だった。が!しかしココにはベットがないって。。。
ゆっくり30分くらい仮眠する予定が・・・
仕方ないので机に突っ伏して10分くらい寝た。
そしたら少しスッキリ。何を食べたか覚えていないけど、足裏ケアはしっかりして出かけた(40分休憩)

ここで重要なのが、この先待ちうけている峠、Pass digls Orggls2688mはフィルスールから1600mアップ!!UTMFの天子山塊のような恐怖。
とりあえずフィリスールまで下りる。下りもだらだらになって来た。
さあ、ここから!!気合いを入れてGO!!

しかししかし・・ここのやや登りのアスファルトの林道・・永遠と続く・・
眠くなる。蛇行蛇行蛇行・・・UTMFのアスファルトの登りもそうだった。
暗くて単調な登りは眠くなるんだ。。。
何人かに抜かされる、なんでこんなに早く歩けるんだっ!(怒)
このマイペースが良かったのか、ダブルトラックの登りになり、エイドに到着。
この先の激登りに立ち迎えた!!
目の前に数個の明り・・・まさかここを登るんじゃないよね・・違うよね・・と進むとそっちに行く。
あの林道登った後にコレって!!!って絶望感。
しかし、淡々と。足を前に出せば必ず進む!
岩ゴロゴロの足場の悪いルート。ヘッドライトや反射板が目印にある。
前に抜かされた男子たちはとりあえず全員抜かした。みんな道をゆずってくれる。
滑ったら下まで落っこちちゃいそうな急な岩場、ここは下りたくないなあ・・と思っていたら、峠の先のくだりはこれより険しくてガラガラしていて危険だった。
峠に立って、ホッとしたのもつかの間・・この下りにしばしボー然。しかも小雨で風があって寒い!!
一歩間違えたら滑落まちがいなし!ココで事故が起こらなかったのが不思議。
命からがらで次のエイドに到着(予定ではないところなんだけど・・)。
先に到着した4〜5人はブルブル震えて座っていた。
私は寒かったのであんまり休まないで先を進んだ。
もうこの辺から薄明るい。5:00くらいだっただろうか。ここの夜明けは遅い。
下りだけど、マークをしっかり見ながら慎重に。
やっとゆうさんの走るT81(81km)のスタート地点Savobnin(サボニン)119km地点。

(続く・・)






posted by ゆかりん at 08:47| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

swiss Irontrail T201(スイス アイアントレイル 201Km) スタート編

現地時間
8/9、スタートは8:00.
4:30起床。
5:45から朝食。
6:55フロントでクレアと待ち合わせ。
7:00受付。
と言う感じのスケジュール。
なんだかんだ昨夜寝たのは23:00過ぎ。
写真 1.JPG
こんなに広いお部屋で一人で贅沢だった。

朝食はバイキング。内容はシンプル。パンやシリアルやドライフルーツ、ヨーグルト。フルーツジュースやコーヒー紅茶・・
なるべく食べた。日本食がなくても大丈夫なんだ、と自分を確認。
長い長いランニングに出かける、目標45時間。

ちょっと時間があったのでスタート地点へ偵察
写真 2.JPG
スタッフさんに撮ってもらった。
天気は小雨。9日は雨予報。10,11は回復傾向のようだけど・・
コース最高地点は最初にある。装備はどうしようか・・悩むところ
結局、ウエア類はいつもの長袖&ロングタイツ、mont-bellのバーサライト上下(カッパ)とウインドブレーカを持った。更にオーバーグローブとbuff。耳と手は寒い時は一番重要だと思っている。

前日受付が間に合わなかったので当日にゼッケンやGPSトレッカーを受け取る。
GPSトレッカー、写真を撮っておけば良かった。最初のたまごっちのように小形。
防水ではないようなのでケースに入れてザックに。
なんと、コースを外れるとアラームが鳴ったり、緊急ボタンを押すと本部のヒトとお話が出来るそう!
もちろん自分の位置もレース中ずっと追われている。
なんと安心なシステムなんでしょう!!
(ロストした時はアラームならなかったけど、トイレに行ったときに鳴った・・)
デポは最後まで悩んだけど、

●pontoresina(ポントレジーナ)←正式にはココはデポできない
シューズ(HOKA)
食糧・ライト
●samedan(サメダン)67km地点
ストック・食糧
●savognin(サボニン)119km地点
サングラス・電池・食糧
●zorten(ツォルテン)148km地点
厚手カッパ(上下)・食糧

こんな作戦で。
シューズはMammutのシューズは最初に履いておいて、クッションのよいHOKAがメイン。
雨だったので、濡れたシューズとソックスを履き替える作戦もあったけど、結局履き替えた後も雨にあって濡れた。そこで用意していた足裏対策が有効だったかもしれない。
TJARでも仕様者が多かった「ガーニーグー」という塗るもの。これをエイドの旅に裸足になって足裏を確認し、塗った。そのおかげか、目立った靴ずれはなかった。

ストックは最初から使うと慣れてないのでかえってへんな所を使ってしまうので、疲れが出て来てから使うように。

サングラスはライトを使うレースには悩む。思いきって使わない方がなくしたり壊したりしなくて良いと思うけど、今回は一応デポしておいて天気が良ければ使う作戦で。
道具はできるだけシンプルな方がいい。レース中は全てにおいて面倒になるから。

後半はあまり走れなくなるだろう、そしたら寒いかもしれないので、厚手のカッパを最後にデポ。

食糧はまんべんなくエイド食がなくても走れるだけ十分に毎回置いた。
(ういろ、ゼリー、羊羹、ハニースティンガージェル、ドライフルーツなど・・)

さあ、スタート!なぜか5分早くなって7:55だった
2013swiss irontrail pontresina.jpg
この時クレアとタッチ出来て良かった。

クレアは現地のMammutの人で、一応私のお世話をしてくれることになっていた。
23歳で若いけど、前日の夜会った時は色っぽく美しくてピカピカしていた。私との会話も英語が聞き取れない私に分かるまでしゃべってくれた(結局早口で分からなかったけど・・)。
後の一生懸命な姿や、何か思いがあるんでは、と思わせる若者らしい葛藤の表情が何となく好感がもて、彼女の顔を見るとうれしかった。もっともっと会話したかった。だからこのタッチは特別だった。
・・・英語頑張らないと!
(つづく)






posted by ゆかりん at 08:45| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

swissへ出発???

いよいよスイスへ出発!!
いろいろあったけど、もう行くしかない!!
朝4:30にゆうじんさんに迎えに来てもらって家を出た。
現地までゆうじんさんと行くので心強い。
しかし到着したら別行動。さて、どうなることやら・・。

渋滞にハマりながら駐車場到着予定時刻ギリギリに到着。
順調に空港へ。
写真 1.JPG
バックを預けようと列に並んでやっと順番になった。
パスポートを渡すと・・
「おひとりさまの御搭乗ですか?」と聞かれるなんのことやら・・
どうやら私のパスポートは無効のもの。
新しいパスポートを忘れた。

・・・・・!!!!!!!!!!!!

パスポートなしでは無理だ・・日程も余裕がない。
早割の航空券はもちろんキャンセルすると全額負担〜。
もー頭真っ白。
100%帰る気でいたんだけど、周りの人々の動きがすごかった!!
まずはたまたま電話くれてこの事態を伝えたられた今回のレースのコンタクトを取ってくれたお方、フィールズのNN氏、空港に駆けつけてくれいろいろと手を打ってくれた。
そして翌日のスイスエアをHISで取れる手配を。
お金はかかってしまうけどこれまでの準備を考えると・・・行きたい!!

結局ゆうじんさんも後便に変更。余計な出費をさせてしまった・・・。

肝心のパスポートは・・母に見に行ってもらっていたけど、届けてもらうのは運転的に無理。
で、友達のO谷さんにも頼んだ。そしたら彼の方が家に早く着いたのでお家に入ってもらってパスポートを発見してもらった。
その足で成田に向かってくれ、国立あたりで合流し、受け取り!
写真 2.JPG
まあ後から考えると、自分で取りに行っても間に合ったけど、レース前の行動としてはハードになってしまっていたので、ここは本当にありがたかった。
そしてNN氏の事務所のコテージに泊めてもらうことになっていたので千葉に移動。
この移動が渋滞で大変。ゆうじんさんがずっと運転してくれたので申し訳なかった。
結局18:00過ぎに到着し、ちょっと走ったり夕食プチ飲み会になったりで23:00ころ就寝。
10:20のフライトに間に合うように7:00前に出発。
しかし渋滞・・
またギリギリに駐車場。成田は定時に到着。搭乗手続きが終わってホッとした。
ココがまた誤算!朝食をゆっくり食べた。
手荷物検査や出国手続きの時間を忘れ、ギリギリまで両替にならんでいた。
なのでフライトギリギリで搭乗!!両替は出国手続きの先にもあり空いていた。
余裕の行動が重要だとあらためて思った。現地になってしまったが間に合って良かった。。。
そんなこんなで日本を出発。
写真 1.JPG
チューリッヒに着いてからも両替、電車の乗りつぎ、ホテルまでのタクシー・・不安いっぱい〜

さあ、チューリッヒ空港に到着!荷物は全て機内持ち込みにしたからすんなりでれたけど・・
両替・・なんだか機械みたいのはあるけどさっぱり使い方が分からない。
通りすがりの人に聞くと、すぐ裏に有人の窓口があった!
そこで3万円分を替えてもらった。
posted by ゆかりん at 08:44| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

富士山!!(富士登山駅伝)

富士登山駅伝の応援&取材に行った。

スイスの200kmを控えていたので遠慮した富士登山駅伝。
しかししかし、わたしの出る幕で無いと痛感した今日。。。

前日11時に出発!
取材の前に登頂しとく予定。
3:00頃着いたけど、仮眠したり4:30頃出発。
間違えて砂走り(下り道)を登ってしまった!!どうりで大変だった(汗)

渋滞もあったけど、けっこういっぱいいっぱいで3時間半で山頂へ。
剣が峰へはやっぱりヘロヘロ・・・
酸素が薄いってすごいね〜

ゆっくりしてそろそろ登って来る選手を見に下山。
途中ですれ違う姿はココが富士山であるのを疑うアスリートたちの走り!
こんな競技がトレランが流行る以前から公認されていたとは・・・

砂走りの下りもすごかった。
力つきてつまづく選手続出。しかし、いいバランスで起き上がる・・
すごい!!

やまちゃんの取材、いいものが撮れたかな!

気にしてた女子チーム、おしい所で繰り上げスタートにひっかかってしまったけど、77位の大検討!!
来年も!って言って私は・・出場は遠慮したいなあ・・・。。。
でもでも応援したいし・・
またその時考えましょう!!!(笑)

とにかくスイス前に富士山詣でが出来て良かった♪
posted by ゆかりん at 08:43| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

中央アルプス

ビバーグ練習第一段!

中央アルプス

原野駅より福島Bコースで木曽駒が岳ー空木ー越百ー奥念丈ー飯島ルートー七久保駅

7:35原野駅に降り立つ。
写真 2.JPG 写真 3.JPG
ほんとうに無人。どこが出入り口なのかも分からなかった。

道の駅がすぐ近くにあって、そこからすぐのところを木曽駒高原スキー場に向けて登る。
以前に私がアルペンスノーボードをやっていたころ良く通っていたところなんだけど・・・
見覚えがあまりない・・。
そして、何となく道を間違える。宇山カントリークラブ方面に・・
約20分のロスか?

木曽駒高原スキー場跡・・懐かしいけど廃ゲレンデになってしまっていてさみしかった。
水場あり。

重荷で坂道を走って登るのが大変に感じているころ、やっと登山口。(約2:00)
9:30登山者カードに記入してGO!
しばらく続く林道で大汗。なんであんなに汗をかいたのだろうってくらい。
川を渡って、登りだす。一応ストックを出して登った。
けっこうしっかり登って、途中水場(力水)で休憩。
チョロチョロしか出ていない水だけど、待てばたまる。
写真 1.JPG
七合目避難小屋。
この中を見てさて、出発と言う所でけっこう激しく雨が降ってきた。
暑いけどカッパを着こんでGO!

大体予定どうり1:00過ぎに木曽駒ヶ岳に到着!!
ガスって寒い。視界も悪かった。

だいぶ疲れてきた。小屋で食事をしたいけど・・出来るところは限られる。
玉ノ窪山荘、頂上木曽小屋は飲み物くらいしかなかった。
仕方なく宝剣小屋に向かう。
中岳へは視界が悪いが、緑ロープ沿いに行けば迷わずにすみそう。
まき道はNGのようだ。そっちには行かないように。

今日は中学校の学校登山。
沢山の中学生が挨拶してくれるが、返すのが大変。。。疲れている。
2:00宝剣小屋に到着し、早速食事♪
カレーライスとコーラ。
写真 2.JPG
おいしい!
山で食事はあまりないけど、今日は食糧を残すため仕方ない。

30分くらいして出発するが、雨・・・。
装備の調整をしていざ!宝剣越え。
山頂は行ったことがあるけどその先は未知の世界。
写真 3.JPG
雨の岩場はエグイ!けっこうしっかり岩場だった。TJARで雨で夜間とかだったらいやだなあ。。。

檜尾手前で一瞬晴れ間!!
写真 4.JPG
しかし、その後も曇ったり小雨だったり・・
16:00檜尾
頑張って空木まで行こう!
18:30ころ木曽殿山荘。何か食べ物は・・と思うがダメ。飲み物のみ。
私の買った缶コーヒーは微糖のカロリーオフ・・ガツンと甘いのでいいのに・・。

仕方なく空木い向かうきつかったけど30分くらいで登頂。さて、今日はこの辺でビバーグしたい。
しかし、この空木平周辺は幕営禁止という・・。
せっかくビバーグ練習なんだけど・・・。
とりあえずちょっと下の駒峰ヒュッテへ。
木曽殿のおじさんは無人だと言っていたけど管理のヒトがいて、素泊まり3000円だった。
私たちはツエルトを張りたいので、カップラとアルファ米を買ってそこで食べさせてもらった。
写真 2.JPG

外は風雨。インスタントコーヒーやお湯をサービスしてくれた親切な穏やかなご主人、ありがとう。
ゆっくり用意して20:00過ぎに出発。ご主人には下の避難小屋に行くと言って・・
あまり下らないところに幕営。
写真 3.JPG
今日の寝床はしたが草地なのでより快適♪こないだ鉢伏では小石の所に張ったから寒かったのかも。
今回は小屋でゆっくりさせてもらったので、タイツやブラは濡れていない。
上着だけ着替えて、サーマラップジャケットを着てシュラフカバーで寝た。
今回はカイロも使ってみた。足先が寒いので、スタッフバックを両足履いて温めたカイロを入れた。
しばらくすると冷めるので何度か身体で温めた。寝れたけど、何度も起きる。
結局4時間半程の睡眠時間。2:00出発!!
夜間の稜線は難しい。ルートを見失うこと数回。で、方向感覚がなくなりコンパスで確認すこと数回。

南駒ヶ岳まで1:30くらいかかった。近いと思ってたけど、意外に巻いたりしていたみいで遠く感じた。
仙涯嶺付近の鎖場もえぐかった。夜間なので、慎重に進んだ。
途中、転倒。大したことなかったけど、一歩間違えれば危ない所がいっぱい。
で、そこで初おろしのボトルを落としたみたい。
ああ、でも取りに行くのはまた登らないと・・・ってことで断念。今日の行程もタイトである。

5:00越百山到着!予定どうり!この先も長いよ!
この先はどんどん藪が出て来る。ハイマツやシャクナゲが厄介。
笹藪もちらほら。

南越百からは完全に笹藪こぎになった。
良く見ると踏み後はあるけれど、倒木などで分からなくなるとリルートするのが大変。。。
しかし、基本尾根通し。一部峰が別れているところはiphoneのGPSで確認出来て間違えずに済んだ。
ココは電波がかろうじて届くみたい。

藪こぎ2:30で奥念丈を見つけた!(本当にそこだけ開けていたあとは背丈ほどの笹藪)
何度も倒木に足を打って痛い。
念丈に向けて先を進むが、笹藪はかられたあとはあるけれど、育っていてこれも辛かった。
念丈岳過ぎは比較的良い道で走れる
写真 4.JPG
植生も変わった。

烏帽子が岳まで1:30ほどで。ちょっと走って急いだ。
ここで10:00。11:00までに下れるだろうか・・
と言うのも、お迎えに間に合う電車は七久保12:18
ひたすらすすむが、この飯島ルート、すんごい急斜面だったり、でテクニカル!
疲れた体ではなかなか進まない。。。
11:40頃登山口に到着。もう間に合わないだろうとお話しながら快適な速度で走る。
すると、意外に駅が近くて間に合いそう!!
ダッシュしたら出発2分前に到着!!
コーラを買って電車に飛び乗った。
すごい!良く頑張った!
一緒に走ってくれたゆうじんさんありがとう!!

松本で乗り継ぎ待ちがあったので、カラあげセンターでビールとカラ揚げ。コレまた格別!!

電車を使う山行もなかなかいい。






posted by ゆかりん at 15:29| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

美ヶ原で講習会

美ヶ原トレイルランニングレースのコース試走を兼ねた講習会の講師を引き受けてしまっていた。
走る前に机上講習もある。

朝8:30からの受付のために8:00ころからスタンバイ!
八島湿原駐車場。
他のお客さんもいるので混雑してた〜
写真 2.JPG
30名弱の参加者って・・・

マイクロバスとうちのセレナで山本小屋に集合。
机上講習は1時間では足りなかった・・ちょっと押して終了。

外でストレッチしてからGO!
今日は天気良く気持ちが良い!!!
写真 3.JPG
皆さんよろしく〜

写真 4.JPG
牛さんもヨロシク〜

何箇所かでレクチャーってか、ちゃんと伝わったかは疑問。
でも、一人ひとりとお話出来るように移動しながら走ったりしてみた。

思った以上に時間がかかって、結局先頭集団にはあまりお話出来なかったけど・・・そういう人たちは大体出来てるからいいよねw!むしろトレイルを楽しんでもらった方が♪

終了は3:30の予定が4:00.まずまずかな?
あわただしくおかたつけして、ソフトクリームとコーラを買って車に乗り込む。
そしてあわただしい運転で松本へ
ちょっと酔ったw

まあ、何とか終わってホッとした。
参加者もイイ人ばかりでFBでつながったりした。

もう講師はしばらくいい。
でも、教えると言うことは自分にも勉強には必ずなると思う。



posted by ゆかりん at 19:32| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

ビバーク

7/17水曜日

午前0:00扉温泉から登り始め、鉢伏山でビバーグし、三峰山・茶臼山を経由し、牧場したのトラバース道を通ってダテの河原コースで帰ってくる計画。

写真 1.JPG
TJAR用に買うのはまだ先。エントリー出来てからでも遅くない。
旦那さんのスキー用ザックをお借りしている。
しかし、ザック揺れないので重さがあまり気にならない!!

今回はトレマンさんのストックシェルターで初めてビバーグしてみる。
シュラフカバーだけで寒かったらやなので、着替えとmont-bellのサーマラップジャケットを持って行く。

こういう時にお供してくれるゆうじんさん。いつも感謝しています!!

さて、いつものところに駐車してしばらくすると・ぽつぽつ雨が降って来た。
もしかして、と思ってザックカバーを持ってきて良かった!
小雨の中急な道路の登りをてくてく行く。
ちょっと走るけどやっぱり荷物が重い・・

1時間半くらいで山頂。
写真 3.JPG
雨は途中激しく降ったり、大汗かいたりでびっしょり・・
山頂は小石がある程度、ペグはかろうじてささる(どっちかって言うとぐずぐず)
写真 2.JPG
濡れたものを着替えたけど、寒くて何度も起きた。タイツとブラはそのままだったのが敗因か。。。
シュラフカバー・サーマラップジャケット、ユニクロヒートテックタイツ
カイロあったけど面倒に思い使わなかった。

2時間ほどのビバーグで出発!
朝はさわやか。雨は降っていない。 
写真 1.JPG 写真 3.JPG
茶臼山で三城に下りようかともなったけど、時間もあるし、結局全部回った。
休憩多かったけど、トレランとまた違った山行で新鮮だった。走りのキレは悪かった〜

足は痛いけど動く。なかなか改善しない。

扉温泉ー(1:30)−鉢伏山ー(2:00)−三峰山ー(1:00)ー茶臼山ー(1:00)−ダテの河原コースー(1:00)−扉温泉
posted by ゆかりん at 09:01| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

撮影

キタタン後は八島湿原へ向かう。
某雑誌の中央分水嶺トレイルの撮影。
キタタンだって前日夜から出かけさせてもらって、さらにその後外泊。
許してくれた家族に感謝です。

最近私の「遊び」をある程度許してくれる旦那。
N家の「遊び」は真剣にやっていいのだそう。
でも、わたしの仕事は主婦であってそのプロであることが大前提。
こないだ最近手を焼くanryについて旦那と話し合った時に言っていた。

すぐにいじけたりメソメソするanyが嫌で出来れば一緒にいたくないと思ってしまう私。
そのanryの症状は私の愛情不足なのは分かっている。でも、頑張って愛そうと思って愛せるものでもない。
その葛藤はいままだ進行形。
走ることにのめりこんでいるから、とも言えるし、それだから現実逃避でのめりこんでいるのかもしれない。
子供の育ちに母親の愛情が足りないと世間で言われることが多いが、その言葉はとても残酷。
愛せない現実がさらに母親を苦しめる。

向かうは「ヒュッテみさやま」
ココは湿原ビジターセンターから湿原の木道を歩いて行く。
ワタシだからじゃない、宿泊者はみんな。
レース後のバリバリの足で15分くらいかけて歩いた。
そこに広がる景色のおかげか、楽しかった。非日常は楽しいものか・・。

なんだかんだやっていて寝たのがPM11時過ぎだったのにも関わらず、AM4:00に起きた。
レース後はいつも長く寝れない。身体がまだ興奮しているのだろう。

忘れ物もあって、駐車場まで散策
写真 2.JPG
今日の撮影はいいかも!!
さわやかな朝だった。それでもビジターセンターより先はガスが。。。

写真 3.JPG
ケーキとコーヒーの撮影をしたりして・・・

写真 4.JPG

28歳の雇われオーナーさんと別れ。
若いのに真っすぐにヒトとお話が出来る好印象の男性です。

鷲ヶ峰、三峰山、美ヶ原、白樺林と撮影。 
写真 1.JPG 写真 2.JPG 写真 3.JPG

お勧めの素晴らしいところをご案内出来たと思う。
雑誌の創刊が楽しみです。


posted by ゆかりん at 19:32| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

キタタン!

伊豆の大会からえらい間が空いてしまった。
道志村トレイルのDNSから故障を治療しながらトレーニング。
自転車にとってもお世話になった。
やっと痛いけど走れる感じ。
さて、44km走れるだろうか・・・

前日9:00頃家を出た。
近くの駐車場に停めたいから。
11:00頃着くと一番近いところはもう満車。ちょっと上の広い駐車場。
まだ数台しか停まっていないからいいところを選んだつもり。
写真 1.JPG
ちょっとお腹すいちゃった。寝る前だけけど明日走るしいいや♪

相模湖近くの山の中だけどやっぱり暑い、もちろん対策は練ってきた!!
写真 2.JPG
電池式小形扇風機〜!!
これがあって良かった!止めたら暑くておきて結局つけっぱなし3時間半。ぐっすり眠れた。

暗い中起きて着替えや装備の準備、朝食。
朝食はおにぎりとヨーグルト。ちょっと少なかったかも。
スタート前にゼリーをと思ってたけど、持ってくるのすら忘れてた(汗)

5:00受付に間に合うように歩いて行く。
6:00開会式で招待選手で呼ばれると聞いたので行ったけど、名前を呼ばれなかった(涙)
またもや今日のレースの頑張る材料が!(笑)
次は呼ばれてやる!!ってね。

6:30スタートするが身体が重い・・・
ちょっと落としてマイペースで。これが誤算だった。
森に入り渋滞。この渋滞がだるい。抜かせそうなのにぬかせない「雰囲気」。
抜かして行く人がいたのでコバンザメ走法で着いて行くが、途中でウルサイ人が・・
「こんなとこで抜かすか?」と言う。
・・・・抜かせるから行くんですけどなにか?と思ったけど小心ものの私はそれからは我慢。
あああああ、ストレスだった。
休めるけど、精神的にキツイっす。

第一関門からの登りはけっこう急のつづら折れ。
ここでも渋滞。でもココは抜かせるところは抜かして・・調子に乗った・・
サクサク行けたけど、その後の下りで完全に足はパンパンに!
なので最後の姫次までの長い登りではかなりヘロヘロ。
やっと下りだと思ったら全然楽しくない。足が踏ん張れないから・・
おもいおもい足に体重を乗せて淡々とくだった。この時点で順位は分かってた。でも後続がいることをおもうと気が気でない。
出来ることとはやろう!最大限でやたかな?
分からないけど無事ゴール!

途中前モモ特に付けねが攣った。
めったにないこと。水分、ミネラルたりなかったか?単に練習不足か?

三大レースというとハセツネ、キタタン、富士登山だという。
そこで今回の順位は大満足です!

=補給=
水(ペットボトル400)
Eショッツ(ハイドレ1L)
パインジュース(300)
エイドでその都度ペットボトルに水補充


カーボショッツ(WB)5(ジェルボトル)←1/4残る
カーボしょっつ (カプチーノ)2←残る
うめゼリー 3←1残る
ミネラルタブ 5
バランスパワー 1←食べず
ひとくち羊羹2←食べず

エイドで
バナナ2
薄皮アンパン1

=服装=
mammut 長袖T
mammut 短パン
mammut7Lザック
swライトミニ(ソックス)
mammut シューズ
mammutキャップ
オークリーサングラス

今回短パン快適。
長袖は暑いけど日焼けを思うと正解か?
ナノハンカチで首ひらひらをつけようと思って持っていたけど、めんどくさくてやらなかった。
暑さは厳しかったけど、6時間くらいのレースなら我慢出来るんだと思った。

補給は少なめだったけどやっぱり走っている時間が短いのでそんな感じで。

水は結局ハイドレ半分、ジュースも半分、ジェルは1/3くらい残っていた。
posted by ゆかりん at 19:31| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

車山

ちょっとしたお仕事で美ヶ原・車山へ。

天気図は微妙だったけど悪くはないはず。
でも、朝はガスガス・・・

山本小屋周辺を散策するも真っ白け〜
朝日を浴びた美ヶ原を期待したけど・・

さて、スタートを変えて三峰茶屋より車山を目指す!
三峰はいつ来てもいいなあ。芝生の山みたい(実際は笹とかなんだけど)

鷲が峰も越えて八島湿原
写真 1.JPG
どんよりだけど、湿原が幻想的!更にお花もいっぱい咲いていて。
木道のお散歩が気持ち良い♪

沢渡あたりに来るとお花畑〜
写真 2.JPG
今年はレンゲツツジがイイ感じに咲いているらしい。

車山へも登った
写真 3.JPG
この辺は平坦だからトレランには最高だな〜
人にいない平日は、の話ですが。。。

殿城方面にも寄り道
ツツジがヤバイ!キレイ!進まない(笑)
写真 4.JPG
ロバやゼブラを通って鷲ヶ峰、三峰と通って終了。

お仕事の方は朝のお天気がいまいちだったのでまた来週〜

レンゲツツジ、最高でした!!

posted by ゆかりん at 16:31| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

三股〜常念・蝶ラウンド

やれることはやってるけど、なかなか痛みが撮れない足首。
って、きっとレストが一番の近道なんだよね!そんなことわかってるわい!!

で、常念に登ってみた。
調子がよかったら蝶ヶ岳までまわろうと。
今回もお付き合いはゆうじんさん。
なにやら三股ー常念のタイムトライアル(TT)を企画する予定らしく、下見を兼ねて、と。
私はTTなんてしませんからね・・と思ってたけど、登りだすとスイッチON!
平坦な所はやっぱり走れないけど、登りは骨盤を使ってぐいぐい登ってみる。
前常念のガレ地帯もリズムよく登れたと思う。
飛び石区間は痛かった!足首が。。。
こういう運動がダメなんだね、と気づいたけど、進まないと。。。
登山口ポストから山頂まで2時間弱。おお!去年より速くないか??

本日は穏やかな天気!
山頂でゆっくりしてやっぱり蝶へ向かってみることにした。ゆっくね!ってw。
慎重にくだった。
樹林地帯は残雪がけっこうある。急なところもあってちょっと怖かったけど、グリップはしてたので、滑って転ばないように注意して登った。
写真 1.JPG
蝶ヶ岳の稜線で雷鳥に会った。
写真 2.JPG
来て良かったな〜と思うこの景色!
自分、シアワセだなあと改めていろんなことに感謝する。

稜線では色んな撮影をしてゆっくりして、下山。
最初はやっぱり雪渓あり。一部まるごしではヤバイでしょうの所があったけど、わたしはストックを持ってきてたから良かった。でも、ゆうじんさんは普通に下っていた。。。
普通の人は軽アイゼンにストックがあった方が安全でしょう!!

全部で6時間くらいかな?楽しい山だったけど・・足首どうかな???
posted by ゆかりん at 20:44| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

悪あがき

足首の痛みがなかなか改善しないので・・

悪あがき その1

写真.JPG

POWER BALANCEという付けてるだけで調子が改善するという!
これは使ってみないと!!

と、アルペンで見ると、1個4000円くらいする!
ネットはまがいものが多いときいたけど・・
調べると500円くらいで売っている。ただし、サイズが調度良さそうなのがない・・
でも、XSとXLを購入。手首と足首にぴったりだった♪
さて、これが本物かは分かりませんが、効果の程は??
posted by ゆかりん at 20:16| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

御殿場口

女の子だけで御殿場登山口へ。

富士登山駅伝に女子チームを結成した。
お誘いいただいたけど、スイス行きが間近なので断念。応援、サポートとして名前はいれてもらった。
で、下見をかねた顔合わせに参加した。
写真 1.JPG

自宅から2時間で一宮御坂でおりて三人と合流。(集合時間ギリギリでけっこう飛ばした)
スタート地点の御殿場陸上競技場下見。
そこで今日の参加者5人と顔合わせ。

御殿場口写真 2.JPG
どんより天気。

12:00スタート。14:00まで戻る感じでGO!
写真.JPG
砂の坂道は歩きにくい。ここを走るって信じられない。
結局1時間登った所で雨が降って来たので引き返す。

ああ、今度は山頂へ行きたいあ〜。

しかし、御殿場口は遠い!




posted by ゆかりん at 20:12| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

3時間走ったぞ!

6月に入ってから着々と距離を(時間)を伸ばして走ってきた。
正直痛みはある。でも走れないほどではない・・で、走ってみた。
でもゆっくりで!
いつも2時間半で走るコースを3時間ちょっとで。
ZEROジムで教えてもらった走り方で淡々と走った。
後半も心肺は調子良く快適。いつも痛くなる背中も痛くない。
ただ、モモ付近は思い感じ。
足首も・・はっきり言って痛い。。。

終わってからアイシングして接骨院へ。
電気をかけてもらって、ちょっとマッサージして、針もやってもらった。
痛い方の足が短いらしいが・・
痛みに対するアドバイスが良く分からん・・

さて、どうかな、痛みがなくなるといいなあ。
posted by ゆかりん at 20:20| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

シンスプリント

鹿沢バーチカル、JST合宿とこなした後、前から痛かった右ふくらはぎ内側がもっと痛くなった。
足首までつづく痛み・・
次の週に予定した道志村トレイルレース、心配だったけど、いつものように何とかなると思っていた。
合宿後の火曜日、美ヶ原の試走も頑張ってやってしまった・・。
道志村トレイルレースの朝起きた時の嫌な感じ、忘れない。
足を着くだけでズキンと痛む・・こんな足ではあのコースは走れない。
直感した。DNS(走らなかった)。

そしてレストしつつ様子を見たが、回復が進まない。
整形外科で診てもらってシンスプリントと診断をいただいた。
そこで友人に紹介してもらって整体とジムで診てもらった。
悪いところを教えて頂き、ストレッチを教えてもらった。
そこでもう治った気になってしまった。
次の日にいつもの2hコース、その次の日に光長峰(約2h30)を走ってしまった。

その後はもう足首が痛くて・・。
走れるけど、ちゃんと走れていない。
自転車トレを組み合わせているけれどやっぱり少し走ってしまうのがダメなのかなあ。
全くレストは・・・私にはかなりツライ。

いろいろやってみたけど決めた!!5月いっぱいは走らない!!
・・チャリは乗るけどね・・・
約10日間走らないでいれるだろうか・・・
宣言したので(こっそりブログだけ)それもトレーニング、ってことで頑張りまっす!!
posted by ゆかりん at 19:19| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

JST合宿in鹿沢

楽しい表彰式の後は・・・
14:00からリレー形式の練習会。
最初に3周もしてから

3人チームで10周。
Aチーム、Bチーム、女子と距離が短い。
私は人数の関係でBチームだったけど、女子の周回で♪
で、なななんと!チーム優勝してしまった。。。

今回はついてるなあ。

夕食後のミーティングではビールを片手に?スカイランニングを広めようとみんなで話し合う。
写真 2.JPG
その交流会は深夜1:00頃まで行われたとか。
私は12:00頃布団に入ってしまいましたが・・みなさんタフ。

翌日6:00集合で
近くの村上山へ。30分くらい登ると、絶景が待っていた。
写真 3.JPG
男子はかっこいいなあ。

で、お風呂に入って朝食。
ああ、いいなあ。でも9:00から30Km走が待っている!!

もう朝の段階でくたくた。。。
昨日の疲れもあるね!
しかししかし、トレーニングのために来てるのだからさ!!
案の定、徐々に遅れを取る。。。
何度もお待たせしましたが、地蔵峠からは各自のペースでということで、帰りも想定したペースを刻ませてもらっていたんですが・・疲れてる・・。
最後はアサマ200のゲレンデ営業中でリフト下を通ったら注意をうけ・・
帰りはゲレンデを突っ切らせてもらいました。
写真 4.JPG

帰りの登り返しは前後間が開いていて、一人旅・・とぼとぼ走る。

地蔵峠でみんないてにこやかに話してるけど・・私はグロッキーだった。
底からは下り基調。全力で飛ばすけど、先頭はけっこう離れたかなあ。
終了は
写真 5.JPG

川にどぼん!
さすがに私は撮影だけ。

充実の二日間!
満足・・のはずが、無理しすぎたかな、現在体調×です。右足うちスネ&足首が痛い!!
今週末の道志村トレイルレースは大丈夫か??
心配だ〜



posted by ゆかりん at 21:35| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

鹿沢バーチカル!!

鹿沢スノーエリアのカマンゲレンデを一気に500m(標高差)のぼる、登り系レースに挑戦した。
ショート系のレースは初めて?と言っていいくらい出ない。
それは苦手だと思っていたから。
写真 1.JPG
しかし、なななんと!コースレコードで優勝してしまった!!
女子はトップ選手がいなかったというのもあるかも、でもでも優勝は優勝だ!(笑)
賞金1万年(これは鹿沢アルパインクラブに寄付しちゃいました)
それよりもわたし、向いてる??と勘違いしまくりです。
受付は宿泊先でもある鹿沢館。
写真 1.JPG

スタートは手作り〜な感じ
写真 2.JPG
90人くらいがスタートラインに立った。

表彰式はこんなレトロなステージでアットホームに
写真 4.JPG




posted by ゆかりん at 21:32| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

北アルプスに行きたい!!

周りの人たちが、雪山に行ったという報告をみるととってもうらやましい。
方法は何でもいい、雪の山に登ることは私にはとてもcoolで・・怖い不安なこと。

一番簡単なのは一人で行く・・
やっぱり自分に自信がないので、思いきれない。
誰かにくっついて行きたいけど、レベルや日程が合わなかったり・・

なので今日は登山口に行ってみた。
一歩一歩近づいてみよう。
三股登山口をチョイス。
連休だからけっこう混みあってるかな?
冬、何度もスキーで登った道路、走るのもこんなにつらかったっけ?
なんだか全然進まない感じ。
家から1時間45分ほどで到着。
写真 1.JPG
駐車場は20台くらいは停まっていただろうか、しかし登って来る車はゼロだったなあ。
きっと連休前半最終日だったから今日はいる人はあんまりいないか。

登山ポストの登山口まで行ってみた。とたんに走りにくい・・。
今日は履き古しのシングルトラック(TNF)はソールにダイレクトな衝撃、横の力に弱い。
登山口には係のおじさんがいた!ヤバイ、怒られる!!って思ったけど大丈夫だった。
雪の状態を聞くと、まめうち平までくらいなら行けるかも、とのこと。
今日は予定ではなかったけど行ってみた。
写真 2.JPG
いつもの看板。

30分くらい進むと雪雪・・
トラバースが出て来るとお手上げ。今日はアイゼンもピッケルもストックもない。
写真 3.JPG
登っては来たけど怖かったとこ・・

登山口のおっちゃんに挨拶してお家に帰ろう。
途中、まゆみ池の手前くらいに右に下りるシングルをみつけた。
黒いプラスチックの階段が続いていて、最後は鉄棒の梯子。そこは廃道となった林道で、延名水ちょっと上の急坂のつづら折れの所に出た。
写真 4.JPG
そこからはもうひたすら道路を走るんだけど、あちこち痛くなる。
4時間半くらいかけて帰って来ました。
今度はアイゼンとストックを持って行こう!そしたらまめうち平まで行けるかもしれない!!




posted by ゆかりん at 19:38| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

UTMFを思いながら行った池田トレイル

昨日15:00にスタートしたUTMF(富士山周辺の161kmのトレランレース)
去年は参加して完走した。
今年もエントリーしようと思ったけど断念した。
それは、2回目大会が「速さを競うのではなく楽しむ「旅」である」と言う趣旨を示し、環境保護や大会運営にお金がかかるとエントリー費を36000円に引き上げ(去年は24000円・・多分)、エントリー希望者が多数になるので抽選に、となったからだ。

最近私はレースに出る時はベストを尽くして速くゴールしたいと思っている。
走っている時は、コースのこと、ペースのこと、補給の事・・いろいろ考えていて、苦しいことの方がい多い。もちろん、ゴール後は充実で「楽しかった」と思うこともあるが・・
そんな私が100マイルを完走したいと願う人たちと競ってエントリー合戦に参加してもいいのだろか・・
エントリー費も高いし(汗)。
そう思い断念した。

しかし、蓋を開けてみると、海外の強豪選手を招待し、日本でもトップ選手が名を連ねている。
レースなんだから速さを競っていいと思う。でも、UTMFはそうではないはず・・。
去年、コースマークやスタッフの多さは必要以上な気がした。それは必要なのか・・。
そんな矛盾を思いながら、トレーニングに出かけた。

山に走りに行くのは以前は「遊び」だった。でも今はトレーニングとして行く。
速くなりたい、今はそう願っているからそれでいいと思っている。
速さを求めなくなって走りに行く時はまた来る。

今日は久しぶりに池田トレイルに。
沢山走りたいので家から。
今日は急斜面のいつも走らない所も走ってみよう。(ペースは歩くのより遅くなるかもしれないけど・・)
マムートのシューズはアスファルトはあまり向かないのかもしれない。
走りにくさを感じながら1時間ほどでトレイルへ。
とたんに違和感を感じなくなる足元。
頑張って走ると心拍が上がる。苦しくなって、復路は大丈夫か不安になりながら折り返しの登波離橋へ。
写真 2.JPG 写真 1.JPG
桜は終わりか、飛んでしまったか・・寂しい感じ。
ここは桜仙峡と呼ばれるビューポイントのはずだけど・・・時期をはずしたね〜

復路の方が走れる記憶。
でも、身体がきつかった。やっぱり往路で頑張りすぎたんだろうな・・
このペースで100マイルはあり得ないな・・と思いながらなるべく走った。
道路は身体が固まった感じ。このペースは速いのか遅いのか分からない。
いつも時間をきっちり計らないので比べられない。体感はギリギリなんだけど・・
4時間弱で終了。

今朝は2℃。小雨が降っていたのでモンベルのバーサライトジャケット(カッパ)を着て行ったのだけど、
すごく蒸れた。中が結露でウエアがびっしょりだった。着てた方が寒かったかも・・。
前に洗ったときに、すすぎが悪かったかも。

水500cc、オレンジジュース300cc、固形物なしで十分。まだまだ暑くならない4月です。
posted by ゆかりん at 07:24| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

諏訪湖の桜を見に行こう!

ロングの練習は難しい。
何と言っても計画をたてるのが!走りだしてしまえばこっちのものなんだけど・・
動機づけが大切。
そうだ!諏訪湖の桜を見に行こう!!
走りぬけてしまうので、桜の下でゆっくり花見は絶対ないいですが(笑)

電車で帰って来るシリーズなら修行系にならないので行きやすい♪

登校を見送ったら即出発。
自宅から走ると夕方に帰って来るのは忙しい。
そこが甘いところなんだけど・・
島内駅まで自転車で行った
写真 1.JPG
8:30頃ラン出発
通勤時間で車が多いのが嫌なところ・・
歩道があった方がストレスないかな?国道19号を南下。
南松本駅から289号をひた走る。
ずっと登り・・
63号に合流し、高速沿いを塩尻I.Cまで。それからは20号に出て塩尻峠。
ずっと登りなんだけど、ほとんど歩道があるのでマイペースで。
写真 2.JPG
ここからは下り♪

岡谷インター西から254⇒16で湖畔を左回り。
この時でもう11:30過ぎ。
岡谷駅まで戻れるだろうか・・
ほとんど休憩なしで走って来たので諏訪中央公園で自販機タイム&時刻表確認。
コーラ500一気飲み!おにぎりをほおばって・・
岡谷駅までは厳しそう。下諏訪駅1:52を目標に12:40ころスタート! 
写真 3.JPG 写真 4.JPG
わーーーさくらのトンネル♪
しかし、本当に止まっている時間はない。
下諏訪駅に行くにはどこで湖畔を離れればいいんだ?とiphoneで現在位置を確認すると、わ!行きすぎ!
岡谷駅とどっこいどっこい。一応下諏訪を目指す。
写真 5.JPG
13:35頃到着。
これなら岡谷駅でも良かったかも。
下諏訪駅は新しい感じだった。トイレもキレイなので顔を洗ってちょっとお化粧を直して・・
温かいし、自転車で帰らないといけないので着替えはしないでウインドブレーカを羽織った。
松本駅までは50分くらい。大糸線下りは15:08。乗り換えで30分以上時間があったが間に合いそうで良かった。

5時間くらいかかったので45Kmくらいかな?良く走りました!
posted by ゆかりん at 16:15| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする