2008年03月07日

ビネツ(美熱)

CA380110-0001.JPG神の手を持つエステティシャンが主人公。引き抜かれてきて有名になる事で、ねたまれ、一度は客足がとだえるが、努力によって立て直す。これが私の天職と生き生きと仕事をする姿はよかったが、女の嫉妬はほんと、醜く怖い。
オーナー家族の関係が複雑で読み応えがあった。
私もエステに行きたくなった(笑)。
posted by ゆかりん at 00:19| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪虫

CA380109-0001.JPG新潟を舞台にした警察小説。
殺人事件を解決して行く。主人公が生真面目であまり好きなタイプでなかった(笑)。恋愛もあるが、そこだけはストレートで変な感じだった。展開が遅いわりに、だいたいの謎解きが簡単で、推理小説としては・・。(たぶん)
初めて二段の文字列の本を読み終えてうれしかった。
posted by ゆかりん at 00:18| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

憑流

CA380070-0001.JPG蛇の神様が生き延びるために一族の女に憑いて立ち回るお話(?)。神蛇の憑いた一族。こういう一族って実際にもあるのだろうか。読み終えて題名がなぜ憑流か。イマイチ繋がらなかった。
posted by ゆかりん at 23:31| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライオンハート

CA380071-0001.JPGいつのころからか読書が趣味になっている。
図書館で借りたり、読んでしまったた本を譲ってもらったり。
なんとなく記録しておくことにした。
これは図書館の本。選ぶ基準は・・ない。なんとなく手にとって決める。時にはanryが勝手に取ってきたり(笑)。あんまり古い本は借りないかな。
ライオンハートは題名で。
内容は、エリザベス女王のフィクション。読んでいくうちに話が繋がる。時代をまたぐタイムマシーン的な感覚があった。初めて出会うストーリーだった。何度も出て来る「ライオンハート」の意味がいまだに分からない(汗)。
posted by ゆかりん at 23:29| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする