2014年10月29日

テカリ

光岳(てかりだけ)。
南アルプスの南の端っこの百名山。TJARで通らない山。
本当は茶臼山も行きたかった。目前にして茶臼小屋に下りてしまうTJAR。試走の時も余裕がなくて行けなかった。
今回は
易老渡ー易老岳ーテカリー易老岳ー茶臼岳ー聖光小屋を計画していた。
現在易老渡登山口は手前で通行止め。北又渡発電所までしか車で行けない。この6kを自転車で。そうすれば下山も早い算段。
3:00北又渡スタートでどうかと思ったけど、こっちを1:00に出て2時間で着かなかった。
結局4:00着。用意して4:30スタート。もうこの時点で1時間半ロス。更にヘットライトで行ったので橋が確認できず聖光小屋まで行ってしまった。
今回の目的はテカリなので逆ぐるっとは・・・選択出来なかった。
戻って登山口発見。明るければ見落とさないのに・・・
登山者届けポストまで行っておかしいな、と戻っただけど、もう少し戻れなかった!くやしい。そこで更に30分ほどロス?
とりあえず光岳まで行ってみることに。
まずは易老岳まで。そこが急坂だとは聞いていたけど、本当に急。
後ろは今回も同行してくれたゆうじんさん。ぴったりついて来る。あれ?私遅いかな?ギアを上げても上げてもぜんぜん離れない。私も譲ればいいんだけど、ちょっと意地になって登り続けた。後ろの呼吸も厳しそう。
絶対同じだ、と言い聞かせ我慢の登り。易老岳に着いた時はもーふらふら。
写真 1.JPG
ココが山頂かと思ってたけど、後で写真と地図で少し東側にちゃんと山頂があったのだ!
まあココは目的地出ないのでOK。

稜線はアップダウンんで気持ちよく走れるところが多い。天気も良くて気持ちがいいが・・・足が重すぎ!
久しぶりにこの苦痛。ヘロヘロで光小屋へ。
写真 2.JPG
立派な小屋。もう冬期避難小屋になっているので無人。
そこからすぐで光岳。眺望はなくこじんまり。しばらくまたここへは来ないだろうから先の光石まで行ってみた。大きな白い岩。
二人ともばてばてなので色んなとこでとまったりダラダラ・・・
小屋の中も見学した。
イザルガ岳へも寄り道。
写真 4.JPG 写真 3.JPG
広い平らな砂利の山頂、眺望◎だった。付近のカンバの雰囲気もいい。幹のうねる感じがかっこいい。
易老岳の分岐まで行くと10:45.12:00には下山したいのでもう先は無理。
今回は茶臼も行けなかった・・・反省。

ココからの下りは登って来たんだから分かってる!テクニカルな急な下り!
しかし、今日はドライだったので、岩も根っこも滑らない。おまけに今日はHOKAシューズ。
グリップもいい。いつものDYNAFITはもうツルツルなので。
調子良く下る。中間までが長い長い。森の中でちょっと油断するとテープを見失い探す・・。
しばらく行くと、ゴロゴロに落ち葉が落ちて苦手な区間。
慎重に慎重に下りて終了。キツイけどこの登りも下りもアドレナリンでまくりの良いトレイル。
写真 1.JPG
ふり返ると紅葉がきれい!
写真 2.JPG
チャリンコで下る林道も紅葉天国。何度もふり返って立ち止まった。下山後の下りの自転車は爽快!
12:20頃車に到着し、時間規制通行止めの区間も1:00前にクリア出来て順調に帰宅。
子供の帰宅はちょっと間に合わなかったけど、お友達のお家にお願いしといたからOK。
今回もタイトなスケジュールで強行(?)。このスリルも楽しいのかも。
(で・も、時間があって、ゆっくりなが〜くいろんなところに行くのがしたいな)

4:00北又渡発電所前ゲート4:20−5:30聖光小屋ー5:50易老渡登山口ー7:30易老岳7:40−8:50光小屋ー9:00光岳山頂9:05-9:15光石9:30−光小屋ーイザルガ岳9:50ー10:45易老岳10:50−11:40易老渡登山口12:00−12:20北又渡


posted by ゆかりん at 20:22| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
南深南部は遠いですね。ていうか南アは遠い。この連休に塩見〜赤石あたりをテント泊する予定でしたが雨男を発揮してしまってあえなく没でした。晴れ女のエヌダさんが羨まCです。
Posted by みさご at 2014年10月31日 20:56
みさごさん、晴れてるときに行くんです。晴れ女ではありません(笑)。
Posted by ゆかりん at 2014年11月05日 18:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408031807

この記事へのトラックバック