2015年10月29日

中房から槍

前線は通過したけど冷えなかった。槍はまだ行けるかもしれない。
で、おととい思い切れなかった槍に!朝の早起きや段取り、長い行程を思うと一人で行くのはかなり覚悟がいる。
誰かがいれば「行かないと」という気持ちで簡単に行ける(はず)
最近はあえて一人で行くようにしていたらいろんな人と行く山が遠のいている。
だから仕方ないのです。
3:00スタートの予定で1:45に起きた。30分で用意できると思ったらうだうだして1時間かかってしまった。なのでスタートはかなり出遅れ登山口3:50出発(笑)
まあ、13時間かかっても17:00には帰れるか・・
燕山荘までゆっくりを心がけてうまくいった。でも、ゆっくりだったかは疑問。結構辛いんです。。。
ずーっと月が正面に見えた。ヘッドライトを当て返されてるようで笑えた。だから今夜は全く怖くない(いつも怖くないけど)。
山荘付近で夜明けちかく。空の色が美しい。でも稜線は風が強くて寒い。カッパ上下着込んだ。今回のカッパ上は旦那さんのプルオーバータイプの大きめのもの。いつもの私のは手まで隠れないし、丈が短い。その点、旦那さんのはすっぽり覆うのでいいと思った。思ったとおり大正解。自分のだったら寒かった!←自己満足(笑)
もう気づいてはいたけど槍は白い。思った以上に雪が降ったみたい。でもこっちは全くないので行けるところまでいってみようと進んだ。
IMG_8175.jpg
雲海が綺麗!
進むペースははかどってないけど、この景色の中進むのは悪くない。やや登り走らないとな、と思うけど後のことを思うと・・速歩き程度に。

IMG_8181.jpg
白い白い。大天井山頂は通らずヒュッテへ。もちろんやってない。冬季避難小屋があった。
ヒュッテは風が来なくてポカポカしてたので、入り口付近で楽しみにしてたドーナツとペットボトルの甘いコーヒー。下では怖くてなかなかできない組み合わせ。
そうだ、進まないと!と思い出す。歩きながら食べればいいのに・・と自分に言う。
西岳ヒュッテまでって1時間くらいだからすぐだよね、って思ったら・・・けっこうアップダウンあるし岩場もあった。私の記憶は相変わらず当てにならない(笑)

西岳ヒュッテで槍方面を見ると、東鎌尾根途中からダメそうだけどそこまでは行けそうだ。しかし・・・
目に入るのはぐーーーっと降ってがーーーと上ルート。
決断した!ピークハントしながら引き返す。どうせ槍はいけないからな・・・と逃げた(笑)
どう考えても良いペースで進んでない、おとといの疲れがあるかな。
とりあえず西岳(西田家w)に。標識がない?
まあ、以前にもなかったっけ?とりあえず一個目。
ここから常念岳が良く見えるおとといは向こうからこちらを眺めた。少しだけ槍に近づいた。
いろんなプラス思考を引っ張り出すけどやっぱり目的地に行けないのは悔しい。

次は大天井。ヒュッテをから大天荘に登り、山頂へ。ぐーっと上る記憶があったけど、けっこうトラバースしてなんとなく大天荘に。登山者2人一緒に山頂へ。中房から来て今日は常念で宿泊だそう。
大天荘へのトラバース道はロープで通せんぼしてあったけど、この人達がこっちから登るということは通れたはず。聞いたらやっぱりそうで、もう冬道で誘導してるけど、雪ないし、トラバースの方が歩きやすいと。
山頂からの下りは以前に転んだことがあるから怖かった。迷わず遠回りだけどトラバースへ。思ったとおり走りやすい。風は向かい風になって寒くて大変だったけど。何か着ればよかったけどめんどくさくてそのまま。寒いけどなんとか大丈夫だった。会う人はみんなニット帽にジャケットにパンツの冬スタイル。私はタイツにスカートにウインドブレーカー、頭はヘッドバンド。
次は燕。途中までけっこう走れる。そういえば西岳から大天井ヒュッテも走れるところがいっぱいあった。
そうか、帰りは少し楽なんだ!
燕山荘からもうひと頑張り。今日は槍に行けなかったペナルティーをしっかり消化する。
走れるとことは走った。おかげでタイムもいい感じ。

燕山荘からの下りも最速を狙おう!
下り始めると軽い!久しぶりにいい感じで下れる。たぶんこのルートが下りやすい。いつもここは調子が良く感じるのだ。たぶん足場がしっかりしているからブレーキをあまりかけなくていい。
もちろん1時間かからずに終了。
全体的にはよくまとまったけど、槍には行けなかった。もう今年はチャンスはないだろう。残念。

3:50中房温泉ー5:06合戦小屋ー5:40燕山荘5:48ー7:15大天井ヒュッテ7:20ー8:25西岳ヒュッテー8:40西岳8:50ー10:25大天井10:30ー11:45燕山荘ー12:00燕山頂12:05ー12:20燕山荘ー13:12中房温泉
posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする