2015年09月02日

元気な彼女、京都からアルプス体験(常念・蝶・燕)

京都からアルプスに登りたいとお友達が来てくれた。
しかし・・・予備日も含めてお天気悪い。
二転三転して常念・蝶に。お友達は元気なのでそれだけじゃ足りないと思うから、上高地も回ることにした。
前日の夜行バスで豊科に、そして我が家に泊まってもらった。
やっぱりおしゃべりしてしまって11:00ころ就寝。
よく日は3:00に家を出る。
もう一人のメンバーと合流して暗い中スタート。
元気なお友達は前々日に80Kmも走っているのでペースが速くなくてありがたい。
でも先頭の男子はひょいひょい行ってしまう。
元気な彼女は岩場とかは慣れてないとうまく足が置けないので苦労しているみたいだった。
まずは常念岳に登頂。幸いまだ雨は降っていない。
だんだん寒くなって小雨がパラパラしてきた。
蝶が岳に向かうトレイルは雲が湧いて荒々しくて素晴らしい
IMG_5577.jpg
元気な彼女はここも苦戦してたかな?でも転んだり滑ったりしないから身体能力が高い。
稜線は風が強く一気に走って通過。
蝶が岳手前で横尾に下りる。ここも根っこの急下りで難しいかも。でもなれると淡々と集中していけるから楽しい。リズムよく下に下に行けばいい。
ここは距離も短い。
横尾に到着。雨がしっかり降ってる。
トイレや補給をして徳沢へ。ここでカレーを食べると決めていた(笑)
暖かくて綺麗な小屋。みんなはカレーだけど私はもたれるので月見そば。

徳沢から蝶が岳へ。長塀(ながかべ)尾根を行く。
最初は根っこの急登トレイル。淡々と登る作業は嫌いではない。
だんだんみんなが遅れて行く。
ここは長い尾根なので、平坦な場所も多く走るところがある。
なんとなく走って水たまりを避けて蝶へ。
2時間くらいかかったけど、休まず行けばもう少し早いだろう。
蝶からの下りは元気なお友達とお話ししながら。
最初はやっぱり難しいのでゆっくり安全に。
先頭の彼は先にどんどん行ってしまったがまめうち平で待っていた。
そこから元気な彼女のスイッチが入る。結構なスピードで下って行く。
私はいつもあまり無理しないけど必死でついて行ってみた。
なんとかついて行って登山口。みんなはえー!修行せな・・・

4:15三股ー6:45常念山頂6:55ー8:50横尾9:00ー9:40徳沢10:00ー蝶が岳12:01ー三股13:15

終了後は行きたかったティティモっていうカフェにいったけど休み。
その隣は空いていて、お風呂後でも大丈夫そうだったので しゃくなげ荘でお風呂。
その後カフェに。徳沢でしっかり食べたのでお腹の減りが中途半端。
結局ケーキとコーヒーとかにした。

元気な彼女はうちにもう1泊して朝帰る。
なんでも、朝軽く(?)登りたいと。雨予報だけど、燕に行くことにした。

夕食は豚丼と残り物おかず。豚はヘルシーにモモにしたら固かった。やっぱりバラがおいしい。
でも元気な彼女はいっぱい食べてくれた。

次の日は朝から雨。
5時くらいが一番降ってる予報。
でもせっかく来てくれたし・・と向かう。車にはばちばち雨が当たる。
・・・やめたいと思ったけど一応スタート。
結構降ってるけど森の中だし、登るのには問題ない。上下カッパを着込んだので暑かった。
でも後ろは淡々と付いてくるので山頂までもつ行ける限りのスピードで淡々とすすめた。

稜線へはまあまあのタイムで。山頂手前の風のあたらない岩の間でで補給。
山頂は水たまりが。記念撮影などして下山。
下山はやっぱり慣れないと難しのでゆっくりと。
だんだん天気が良くなる。そういう予報だったので登ってくる登山者がいる。
譲ってお話しして・・でも1時間ちょっとで下山できた。
彼女の帰りのバスの時間に間に合いそうで良かった。

5:10中房ー6:50燕山荘ー7:05燕山頂7:10ー7:22燕山荘ー8:25中房

急いでうちに帰ってシャワーを浴びてもらってパッキングして・・・忙しかったけど充実した朝。
バスにも間に合いお別れ。今度は天気の良い日に当たるといいね(笑)


posted by ゆかりん at 16:20| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。