2015年09月30日

涸沢で打ち上げ

昨日の今日だけど紅葉は待ってくれない。
紅葉の涸沢に。
旦那さんの出張や天気予報が変わったりで急遽決行。
子供が学校に行っている間しか時間がないので、三股から蝶超えを考えていたけど、上高地からに。

子供が登校してからすぐに出発(7:10)
直前でも予定が合ったゆうじんさんと沢渡へ。
バスターミナルに到着するとすぐに出発する便があるという。
ガラガラだったけど、各所で乗せてそれなりのお客さん。

9:10上高地スタート。
横尾までランニング1:10ほど。そこからも走れるやや登りだけど、すれ違いや追い抜きが多くてゆっくり。
登りは大したことなく、予想していた2時間かからず到着。
IMG_6622.jpg IMG_6560.JPG
お天気良く、文句無しの紅葉。
昨日の火打とはスケールが違う。鮮やかだった。
涸沢ヒュッテでビールおでんセットを注文し、おつまみやパンで反省会。
今年はなんだか実力を思い知らされる場面が多かった。去年までがラッキー続きだったので仕方ない。
しかし、こんな景色の中ゆっくり座ってビール飲む・・・贅沢な時間。
1時間くらいゆっくりできた。
下山も人は多いけど、譲りあって穏やかに降りる。
横尾手前で友人に会う。ここで13:40くらいだったけど・・涸沢行って帰ってこれる?
心配したけど後でFBで報告があって無事に遂行したと!素晴らしい!まあ、ギリギリ行動はあんまり良くないけど、上高地だから問題ないか?

横尾ー上高地はもちろんランニング。歩いてたら長い。結局よていどうり2時間くらいで下山終了。
走り続けるとやっぱり吐き気がする。食欲が出ず、暖かいお茶が美味しい。
この胃はなんとかしないとな。

無事バスにのり沢渡へ。途中TJARで通った「うす焼き豆まめ」へ。なんでも今季で終了するらいので。
すると・・・
IMG_6646.JPG
売り切れ(涙)
本当は
IMG_6649.JPG
こういうのが売ってた。
飲み物だけ注文し、TJARでお世話になった会話をしたら、揚げパンサービスで頂いたり。
最後に
IMG_6647.JPG
この写真を撮る前に飲み物アスファルトに落としたりでおっちょこちょいしてたんだけどね(笑)
なんでも春には中町にお店を開けどうだということ。
あのうす焼きまた食べたい。

posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

高谷池の紅葉

UTMF後で胃の調子は大丈夫か心配だけど筋肉は元気なきがする。
日月とランニングしててむしろ以前よりも調子が良い。刺激が入ったってこと???

妙高方面の高谷池がみごろらしいということで、涸沢と天秤にかけてこっちにした。
涸沢は木曜日で良さそうだ。

4:00に家を出て6:00前に笹ヶ峰の国民宿舎に到着。
立派な登山口で計画書を提出して6:10スタート。
長く続く木道。頑張ればずっと走れる。ゆるゆる走ってみる。
IMG_6356.JPG
十二曲がりで少し急に。でもすぐに終わる。
だんだんと最初の目的地、火打山が現れる。以前にスキーで来た山。無雪期は初めてかなあ。
高谷池ヒュッテは意外に森の中だった。雪のあるときは雪原にポツンと屋根だけ見えていた。
池は静かにそこにあった。ちょっと行くと眺めが良かった。
IMG_6411.jpg
大したことないかな、と思ったけど、今季の見頃だそうです。

山頂へはもう一個湿原を通って。そこも良い雰囲気だけど整備の荷物か何かが置いてあってちょっと残念だった。
遠くに見えた火打山は意外にかからず到着。たくさんの中高年の登山者が入っていた。
山頂は砂利の広場になっていて360度のパノラマ。

次は妙高に向かう。
黒沢池方面も静かな景色。紅葉も良い感じ
IMG_6414.jpg
黒沢池ヒュッテでポカリ購入(400円)
小屋の人は無愛想な男の人だった。
そこから1時間くらいかな、峠に登って降りる。
峠の下りは結構急なので帰りが大変そうだった。トラバースも足をちゃんとあげないと引っかかるので疲れそう。
最後の登り上げが両手も使う感じで集中できて楽しい。予定どうり1時間くらいで山頂。
山頂は岩に囲まれ視界が悪いが、近くの岩に登ると素晴らしい景色が広がる。
奥の日本岩も登ってみた。下りが怖かった。

帰りは1時間くらいかと最初は思ったけど、黒沢ヒュッテまでちょっとかかりそうだから1時間半くらいか?
結局黒沢ヒュッテまで1時間近くかかってしまった。また水が少ないのでポカリ購入。今度のおじさんは優しそうな人だった。
結局笹ヶ峰までもう1時間かかった。
今回たくさんの登山者にトレランの人?と歓迎してもらえて良かった。

6:10笹ヶ峰ー7:45高谷池ヒュッテ7:50ー8:40火打山9:00ー9:55黒沢池ヒュッテ10:00ー11:00妙高山12:00ー12:45黒沢池ヒュッテ12:55ー14:05笹ヶ峰
posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

富士山麓 穴めぐり

UTMF後表彰式も行きたくないので家族と観光に行くことにした。
富士急ハイランドも考えたけどまだanryは怖いだろう。
朝ランで発見した猫グッズやさんと宝石の森という成金っぽいところは目をつけておいた。
チラシ等で見ると、氷穴とかいいかもしれない。レースで通るけど行ったことがない。
まずはコウモリ穴に行くことにした。この時はまだコウモリが観れると思っていたが、実際は見られない。

10:00チェックアウトで出発。猫雑貨やさんは11:00からなのでまずはコウモリ穴。
混み合っているかと思ったらそうでもない。
入場料も大人300円子供150円
いきなり入り口でヘルメットを渡される。
???と思ったけど後でなっとく。あったほうがいい(笑)
最初は明るい樹海を歩く。とっても気持ちがいい。
間も無く穴に。
最初っから天井が低い。
IMG_6259.jpg
背の高い旦那さん苦戦。私も何度もヘルメットをぶつける。
あって良かった。anry得意げに進む。
ゆっくり回って、次の穴に行こうと張り切る。
おみやげ屋さんに富士山コーラなるもの発見。
IMG_6265.JPG
コーラの味もするけど別物。味はおいしい。anryは気に入って現在お家ではかコスモスが差してある。

鳴沢氷穴、富岳氷穴と巡った。面白さはコウモリ穴だけど、それぞれ中は寒く、氷もあっった。
IMG_6286.JPG
森に気の名前があるのだけど・・これは笑った。

猫雑貨は・・・anry気にはあんまりだったみたい。
まだ時間あるのでやっぱり宝石の森に行ってみた。
IMG_6297.JPG
こんな門構え。
入り口にいきなりお巨大な紅水晶があったり、あちらこちらに石(宝石)がごろごろしている。
IMG_6309.JPG
中に入ってもケタ大きな値札に気後れ。
しかし、手が出そうなお値段の宝石もあり・・・3個で1000円コーナーで旦那とanryが夢中になる。
結局
IMG_6337.JPG
これを購入。二人とも大満足の様子だった。

MF後の観光は楽しく終了で良かった。来年は・・・あるかな?まだわからない。
posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

2015MF初めてDNF

今年のUTMFはいろんなプレッシャーを感じていた。
過去の栄光に負けてはいけない。自分との戦いなのに。
練習はランニングをちゃんとやっていなく自信がない。
でもなんとかなるなかな、何て甘い考え。
スタート後ゆっくりめに進んでいく。ランニングパートで走り続けると気持ち悪くなってきた。
上州武尊山のレースの記憶が思い出される。
吐き気、嘔吐の戦いは辛かった。体がふらふらになる。
天使山塊の手前のエイドに来たけど、食欲がない。
登れる気がしない。でも進めばなんとかなると思いいく。
すごく急な登りでふらふら。我慢して動き続ける。食べる気、飲む気がしない。
みんな同じ辛いんだ。
でも、考えるのは天使より先の長いランニングパート。全く走れる気がしない。
やっぱり練習で経験して自信をつけておかないとダメだと思った。
もうここからリタイヤという文字がちらちら。下りになるといい感じなので消えたりもするが・・・
天使終了で下りにかかると吐き気がピーク。歩くしかない。はてしない下りに感じる。道路に出ると嘔吐。
何も出てこないけど胃が出てきそう。
もう進むことが嫌になってきた。今回はゴールの情熱が全くなった。
初めてのリタイヤだけど全く罪悪感がない。
サポーターに連絡してとりあえず自販機でお茶を飲んで待機。
自力でエイドに向かうが途中も嘔吐でふらふら・・・
後からいろんな人もこういう状態だった。多分気力の問題。全くダメ。
途中でサポーターが様子を見にきてくれたので迷わずリタイヤ。
こんなに早く戻ってくる予定でなかったので、着替えなどがない。
サポート用具の中に汗拭きシートがあったからそれで吹いて、サポーターの服を借りて着替えた。
6:00くらいまでお風呂やっていないので車で寝させていただく。
6:00すぐに宿へ行き、事情を話すとお風呂は入っていいと言ってもらえた。
26日15:00から入室のよていだったけどありがたい。お風呂に入ったらお腹がすいてきた。
食べれるか不安だけど、お肉が無性に食べたかった。
近くのガストへ。生憎朝メニューしかなかったけど、ビールも飲んで打ち上げ。
こんな状態だから絶対走れるけど、走る気がしない。
きっと、もう上位に行けないからだろう。いつからこんな考え方をするようになったのだろう。
でもそういうことも受け入れよう。きっと自然な流れだから。

IMG_6168.JPG
スタート前。
IMG_6189.JPG
女子2位のゴール同時にゴールしてきた。二人とも2位。ともに戦ったそれもありか。

IMG_6174.JPG
使わなかったサポートグッツ
posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

猫カフェ もふもふ

anryにせがまれ移転した猫カフェへ。
前日からお友達が泊まっていて一緒に。
60分、90分、フリーとあるけど?と言われ、90分。
そんなに時間持て余すよ、って思ったけど、全然。もっといたいってせがまれた。

猫カフェの猫ちゃんたちはだいたい人懐っこくておとなしい。
中には引っ掻くのや噛むのがいるけど・・・
IMG_6002.JPG IMG_5986.JPG
私の膝にもずーーーっといてくれる猫ちゃんが。アリスちゃん。里親募集・・手を上げたいくらい可愛かった。
anryたちも満喫したよう。お客さんも12:00くらいだとあまりいなくて良かった。出る時間になって続々と。
その風景を喫茶コーナーでお茶。
IMG_6014.JPG
こんな可愛いケーキセット。子供達が残したケーキは私が(笑)
最後に雑貨をせがまれ・・・結局購入。
まあ、子供達楽しそうで良かった。
さて、anryは猫が飼いたいっていうけど・・
子供がしたいことをサポートしてあげよう、っていう人の言葉に最近共感した。
その共感からはここでは飼ってあげるのがベスト。でも、世話をするのはきっと私になるだろう。
そんな余裕があるか。でも子供は大きくなってて意外にいたらお留守番もしっかりできるかもしれない(いまでもしっかりお留守番してくれるけど)
みんなで長くお家を空けることはできなくなるだろうけど・・・
私も飼ってあげてもいいかな、って思ってる。
一応 マラソンで6位以内に入ったら飼ってもいいよ、ってことにはなってるけど。
夢はネコカフェって言ってる娘にはやっぱり飼ってあげるべきなのかしら。

posted by ゆかりん at 18:03| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

1day親不知

家から親不知が今年のメイン山行だった。
でも8月はいろいろあってろくに山に行けなかった。それをするとなると3泊4日は欲しい。
さらに稜線ルートのここはビバークには厳しい(寒さが)
荷物を軽くするとなるとどうしても寒さはしょうがない。でもねれないと回復しないし・・。
そこで変更して1日(24時間)で行けるところはどこからか考えた。
お友達の記録や自分の経験から扇沢から柏原新道から行けるんじゃないかと考えた。
そのために今週は仕事を休みにしてスタンバイ。いつでもオッケーだったのに・・天気がずーーーっと悪い。
最終日の金曜日に決行したけど・・・

最初は良かった。種池山荘までは穏やか。稜線に出て風雨が来るけど想定内。
冷池山荘では日が差した。
IMG_5866.JPG
しかしそれから天気が悪かった。稜線はじっと強風にたまに雨。さらに濡れた岩は滑るので進まない。
だんだん天気はさらに悪くなり寒くなる。
唐松山荘で働いている友達に会って食事して元気をもらって出発したけど・・・通過タイムがどんどん遅れる。
ビュービューの稜線でいい加減寒くてウールのアンダーを重ね着して寒くなくなったけど、岩場の連続で体力消耗。最後の補給の白馬山荘に行く前に頂上宿舎で休憩飲食調達の選択が裏目に。
販売は終了で、少し中で休ませてもらおうと思ったら、早く下山しなさいと叱られた。
もうこうなっては白馬山荘へ登る気はうせ・・やっぱり下山することにした。
猿倉に行くには雪渓を通らないといけない。アイゼンないけど・・出発前にエスケープの相談した時、旦那さんは遅くなるだけで大丈夫じゃない?って言ってた。それを信じ切っていったけど・・・
怖い!滑ったら下まで滑落してしまいそう。
その辺の気の棒を2本でなんとか進むけど、急になると怖くて足がすくむ。
これじゃラチがあかないので考えて・・・
靴にテーピングを縛ってみた。貼るのではなく縛ることで凹凸ができた。髪の毛のゴムも巻いてみた。
そしたらなんとか少し滑らないので恐怖心が和らいだ。
そうこうしてるうちに斜度が緩くなって快適に下り始めた。そうなるとこっちのもので。あとは猿倉へ。
途中で旦那さんにお迎えに来てもらえるように頼んでおいた。駐車場にはいないけど、走って下っていれば会えるだろう、と走る。
期待どうり途中であえて回収された。
今回は文句なしに敗退。

本当に稜線の寒さはやばかった。「低体温症」が頭の中をぐるぐるし、このままそうなったらみんなに迷惑がかかる・・さらに生きていないかもしれないという恐怖も感じた。実際風で体力を奪われ、通過タイムがだんだん遅れる。白馬岳に14:00予定が14:00でもまだ天狗山荘に着かなかった。天狗山荘に着いた時間を確認する余裕さえなく焦ってそのまま進んだ。時折晴れ間が出るので天気が回復する期待を抱きながら。
実際風が来ないと寒くなく、このまま山行を続けられると半分思っていた。
しかし・・・頂上宿舎での対応。確かに16:00頃にあそこに行って買い物と休憩可能か聞いたことは非常識だったかもしれない。でも、いろんな山行をしているひとがいて、休憩すら許さず、疲れた登山者を外に放り出す従業員・・・とても切なかった。もちろん自分もいけないけど・・私じゃなかったら危険なことになっていたかもしれない。固定観念に囚われた山のひと。もちろん、いろんな経験があってそうしたのだろうけど。とても納得がいかなかった。こういった山行をしてるお友達はどちらかというと小屋のひとに優しくしてもらっている。でも私はどちらかというと良い悪い思いが半分。よくしてもらう時もあるけど、たいがい無謀なひとにみられてしまう。
小屋を頼ることを極力避けてこんかも行動し、唐松山荘で食事をしただけで、あとはよらずにも来ている。
最後の小屋と思ってたよった頂上宿舎・・・とても冷たい対応だった。
次回は絶対自分の力で親不知まで行ってみたいと強く思っている。
もちろん、無謀なことはしないけど。

IMG_5879.jpg
所々秋の気配。

IMG_5898.JPG IMG_5889.JPG
八峰キレットは怖かったけど危険ではなかった。
むしろほかに危険な怖いところがいっぱい!

IMG_5939.JPG
もうこんなのばっかりで完全に修行。でも嫌いじゃない。

唐松山頂以降は余裕がなくて記録がない。唐松山頂ー天狗山荘が1時間の予定たったけど、ばっちり2時間はかかっていた。その後は時計すら確認せずがむしゃらに進んだ。余裕がなくなるともう負け試合は確実・・・(実感)
4:00扇沢ー5:40種池山荘ー6:00爺が岳南峰ー6:40冷池山荘ー布引山7:15ー7:42鹿島槍南峰7:55ー8:28八峰キレットー8:36キレット小屋ー9:21北尾根の頭9:30ー10:26五竜岳山頂ー10:50五竜山荘11:00ー12:00唐松山荘12:20ー12:40唐松岳山頂ー16:10頂上宿舎16:20ー17:15雪渓ー18:00白馬尻小屋ー18:30猿倉ー19:00車で回収
posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

水とシダと苔のトレイル(扉温泉ー鉢伏山)

私の好きなトレイルの一つ、扉温泉ー鉢伏山のトレイル
ここはシダがとっても綺麗!
今回は雑誌の取材で紹介した。
山岳スキーレースのためのオフトレ企画、トレイルランニング。
女子二人とカメラマン。
今日は雨の後で水が多く沢の水が豊富で白い水がきれい!
苔もシダも生き生きしている。とっても良い雰囲気のトレイルを紹介できて良かった。
みんなもこのトレイルを満喫してくれたよう。
IMG_5723.jpg
下りはスキーで滑る意識をしながら。
ゆっくりのせいもあるけど、ターンを意識して下ると、私の足首の捻挫もなんか調子良かった。
posted by ゆかりん at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

元気な彼女、京都からアルプス体験(常念・蝶・燕)

京都からアルプスに登りたいとお友達が来てくれた。
しかし・・・予備日も含めてお天気悪い。
二転三転して常念・蝶に。お友達は元気なのでそれだけじゃ足りないと思うから、上高地も回ることにした。
前日の夜行バスで豊科に、そして我が家に泊まってもらった。
やっぱりおしゃべりしてしまって11:00ころ就寝。
よく日は3:00に家を出る。
もう一人のメンバーと合流して暗い中スタート。
元気なお友達は前々日に80Kmも走っているのでペースが速くなくてありがたい。
でも先頭の男子はひょいひょい行ってしまう。
元気な彼女は岩場とかは慣れてないとうまく足が置けないので苦労しているみたいだった。
まずは常念岳に登頂。幸いまだ雨は降っていない。
だんだん寒くなって小雨がパラパラしてきた。
蝶が岳に向かうトレイルは雲が湧いて荒々しくて素晴らしい
IMG_5577.jpg
元気な彼女はここも苦戦してたかな?でも転んだり滑ったりしないから身体能力が高い。
稜線は風が強く一気に走って通過。
蝶が岳手前で横尾に下りる。ここも根っこの急下りで難しいかも。でもなれると淡々と集中していけるから楽しい。リズムよく下に下に行けばいい。
ここは距離も短い。
横尾に到着。雨がしっかり降ってる。
トイレや補給をして徳沢へ。ここでカレーを食べると決めていた(笑)
暖かくて綺麗な小屋。みんなはカレーだけど私はもたれるので月見そば。

徳沢から蝶が岳へ。長塀(ながかべ)尾根を行く。
最初は根っこの急登トレイル。淡々と登る作業は嫌いではない。
だんだんみんなが遅れて行く。
ここは長い尾根なので、平坦な場所も多く走るところがある。
なんとなく走って水たまりを避けて蝶へ。
2時間くらいかかったけど、休まず行けばもう少し早いだろう。
蝶からの下りは元気なお友達とお話ししながら。
最初はやっぱり難しいのでゆっくり安全に。
先頭の彼は先にどんどん行ってしまったがまめうち平で待っていた。
そこから元気な彼女のスイッチが入る。結構なスピードで下って行く。
私はいつもあまり無理しないけど必死でついて行ってみた。
なんとかついて行って登山口。みんなはえー!修行せな・・・

4:15三股ー6:45常念山頂6:55ー8:50横尾9:00ー9:40徳沢10:00ー蝶が岳12:01ー三股13:15

終了後は行きたかったティティモっていうカフェにいったけど休み。
その隣は空いていて、お風呂後でも大丈夫そうだったので しゃくなげ荘でお風呂。
その後カフェに。徳沢でしっかり食べたのでお腹の減りが中途半端。
結局ケーキとコーヒーとかにした。

元気な彼女はうちにもう1泊して朝帰る。
なんでも、朝軽く(?)登りたいと。雨予報だけど、燕に行くことにした。

夕食は豚丼と残り物おかず。豚はヘルシーにモモにしたら固かった。やっぱりバラがおいしい。
でも元気な彼女はいっぱい食べてくれた。

次の日は朝から雨。
5時くらいが一番降ってる予報。
でもせっかく来てくれたし・・と向かう。車にはばちばち雨が当たる。
・・・やめたいと思ったけど一応スタート。
結構降ってるけど森の中だし、登るのには問題ない。上下カッパを着込んだので暑かった。
でも後ろは淡々と付いてくるので山頂までもつ行ける限りのスピードで淡々とすすめた。

稜線へはまあまあのタイムで。山頂手前の風のあたらない岩の間でで補給。
山頂は水たまりが。記念撮影などして下山。
下山はやっぱり慣れないと難しのでゆっくりと。
だんだん天気が良くなる。そういう予報だったので登ってくる登山者がいる。
譲ってお話しして・・でも1時間ちょっとで下山できた。
彼女の帰りのバスの時間に間に合いそうで良かった。

5:10中房ー6:50燕山荘ー7:05燕山頂7:10ー7:22燕山荘ー8:25中房

急いでうちに帰ってシャワーを浴びてもらってパッキングして・・・忙しかったけど充実した朝。
バスにも間に合いお別れ。今度は天気の良い日に当たるといいね(笑)


posted by ゆかりん at 16:20| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。