2014年10月29日

テカリ

光岳(てかりだけ)。
南アルプスの南の端っこの百名山。TJARで通らない山。
本当は茶臼山も行きたかった。目前にして茶臼小屋に下りてしまうTJAR。試走の時も余裕がなくて行けなかった。
今回は
易老渡ー易老岳ーテカリー易老岳ー茶臼岳ー聖光小屋を計画していた。
現在易老渡登山口は手前で通行止め。北又渡発電所までしか車で行けない。この6kを自転車で。そうすれば下山も早い算段。
3:00北又渡スタートでどうかと思ったけど、こっちを1:00に出て2時間で着かなかった。
結局4:00着。用意して4:30スタート。もうこの時点で1時間半ロス。更にヘットライトで行ったので橋が確認できず聖光小屋まで行ってしまった。
今回の目的はテカリなので逆ぐるっとは・・・選択出来なかった。
戻って登山口発見。明るければ見落とさないのに・・・
登山者届けポストまで行っておかしいな、と戻っただけど、もう少し戻れなかった!くやしい。そこで更に30分ほどロス?
とりあえず光岳まで行ってみることに。
まずは易老岳まで。そこが急坂だとは聞いていたけど、本当に急。
後ろは今回も同行してくれたゆうじんさん。ぴったりついて来る。あれ?私遅いかな?ギアを上げても上げてもぜんぜん離れない。私も譲ればいいんだけど、ちょっと意地になって登り続けた。後ろの呼吸も厳しそう。
絶対同じだ、と言い聞かせ我慢の登り。易老岳に着いた時はもーふらふら。
写真 1.JPG
ココが山頂かと思ってたけど、後で写真と地図で少し東側にちゃんと山頂があったのだ!
まあココは目的地出ないのでOK。

稜線はアップダウンんで気持ちよく走れるところが多い。天気も良くて気持ちがいいが・・・足が重すぎ!
久しぶりにこの苦痛。ヘロヘロで光小屋へ。
写真 2.JPG
立派な小屋。もう冬期避難小屋になっているので無人。
そこからすぐで光岳。眺望はなくこじんまり。しばらくまたここへは来ないだろうから先の光石まで行ってみた。大きな白い岩。
二人ともばてばてなので色んなとこでとまったりダラダラ・・・
小屋の中も見学した。
イザルガ岳へも寄り道。
写真 4.JPG 写真 3.JPG
広い平らな砂利の山頂、眺望◎だった。付近のカンバの雰囲気もいい。幹のうねる感じがかっこいい。
易老岳の分岐まで行くと10:45.12:00には下山したいのでもう先は無理。
今回は茶臼も行けなかった・・・反省。

ココからの下りは登って来たんだから分かってる!テクニカルな急な下り!
しかし、今日はドライだったので、岩も根っこも滑らない。おまけに今日はHOKAシューズ。
グリップもいい。いつものDYNAFITはもうツルツルなので。
調子良く下る。中間までが長い長い。森の中でちょっと油断するとテープを見失い探す・・。
しばらく行くと、ゴロゴロに落ち葉が落ちて苦手な区間。
慎重に慎重に下りて終了。キツイけどこの登りも下りもアドレナリンでまくりの良いトレイル。
写真 1.JPG
ふり返ると紅葉がきれい!
写真 2.JPG
チャリンコで下る林道も紅葉天国。何度もふり返って立ち止まった。下山後の下りの自転車は爽快!
12:20頃車に到着し、時間規制通行止めの区間も1:00前にクリア出来て順調に帰宅。
子供の帰宅はちょっと間に合わなかったけど、お友達のお家にお願いしといたからOK。
今回もタイトなスケジュールで強行(?)。このスリルも楽しいのかも。
(で・も、時間があって、ゆっくりなが〜くいろんなところに行くのがしたいな)

4:00北又渡発電所前ゲート4:20−5:30聖光小屋ー5:50易老渡登山口ー7:30易老岳7:40−8:50光小屋ー9:00光岳山頂9:05-9:15光石9:30−光小屋ーイザルガ岳9:50ー10:45易老岳10:50−11:40易老渡登山口12:00−12:20北又渡


posted by ゆかりん at 20:22| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

粘土でネコちゃん

anry作
お出かけ前、私が洗濯もの急いで干してるあいだに・・
写真.JPG
ネコちゃん!良く出来てる!
posted by ゆかりん at 20:20| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あさじょーねん

最近やってないな〜。
朝じょうねん。
早朝から登って下りてきてからみんなで朝食を食べる。
子供が小学生になって6:00起床7:00出になってから出来なくなった。
4時間は必要な朝じょーねん。2:00スタートは楽しくない。

旦那さんが前日登山して来た日曜日の早朝は狙い目だった。
その日はみんなで らーら(室内プール)に行く予定だったし。←プールでアイシング出来る
更に約束された晴天のひだったし。
カラダもそんなに悪くない。
全ての要素がそろって行ってみた。

ヘッドライトを付けて3:45スタート。これは6:00日の出の逆算で。
さて、2時間で行けるかな?
つづらの終了までは1時間くらい。暗いのでそこからの平坦区間はスピードが出ない。
写真 2.JPG
いつものハシゴは金属に変わっていた!
写真 1.JPG
だんだん明るくなってくる、街の明かりが格別!
岩場は暗いのでマークが分かりにくく、やっぱり疲れちゃってスピードでない。
途中から岩がなんだか滑る。
前常念から平坦な岩場で気が付いた。霜が下りてて岩がツルツル!ちょっとはずすとツルっと行く!
チョイ斜めは絶対危険!飛び石でスピードが出なく・・更に元気ならもっと行けたんだけど・・
6:00頃の日の出にもぎりぎりアウト!
6:05くらいだったかな、到着全然ダメじゃん、2時間。
写真 3.JPG
祠に霜。寒いけどカラダはまだ暑いので調度いい。梯子から着たカッパはずっと着たままだったし。
頭はBUFFで耳は覆った。手袋はスマホ対応100均手袋でOKだった。ズボンは裏起毛のマムートスパッツ。
トップスはファイントラックのタンクに夏用の長袖ジップ。
だんだん寒さ対策進むな〜。風がある日はバラクラバ必需品になるかな〜。

山頂はこの時期だけど、日曜日なだけあって前日泊まった人たちが上がってきていて5〜6人いた。
カロリーメイトを1袋食べて下山開始。岩がツルツルでほんとモチベーションだうん。
写真 4.JPG
撮影してごまかしたw

前常念あたりからは滑りにくくなったのでスイッチオン!
・・・あれれ、体が遅れる。疲れからか、先日作ったインソールのせいなのか・・、古いシューズのせいか・・・
とにかくリズムに乗れないまま終了。1時間半くらいかかってしまった。。。
まあ、こんな日もあるよね。

帰宅したらanryはまだ寝ていた。シャワーを浴びて朝食用意したら起きてきて、みんなで朝食。
そうそう、これ!得した気分の一日のはじまり。

らーらは昼頃に行ったので途中でみんな腹減り。いつもの売店がやってなくて中で食べれないので2時間くらいでお着替え。本当はanryがスイミングやめたいってうるさいから、私も一緒にパパに教えてもらってモチベーションUPを狙ったんだけど・・・
クロールをちょっとやったanry、うまく出来なかったからか、それから全くやらなくなって潜水するのみ。
絶対自信がないからやらないんだって分かった!
ん〜、手ごわい。これじゃあ全然効果ないな。
posted by ゆかりん at 13:51| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

スカイパーク

サリュの散歩がしたい。anryが言うので喜んでスカイパークに行ってみました♪
今日は高気圧でーーーんのお天気サイコー!
写真 1.JPG 写真 2.JPG写真 3.JPG 写真 4.JPG
あっちゃんとRアちゃんと。
サリュはキャーキャーの子供たちにも優しい。
今まで私の子供と時に飼った動物たちはちょっと違った。
動物の性格なのだろうか、育てる人間の問題なのか。
動物は飼いたいけど、このカケがどうも踏みきれない。


posted by ゆかりん at 18:11| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

生坂

先日の池田のカエデのときに通った池田がすっごく良くてまたそっち方面に行ってみた。
今回はランニング長く走りたくて(走らないとな〜と思ってw)。
生坂経由で夢農場(八代峠)通って池田を通って帰って来る。
まずは生坂までずんずん行く。途中、「乳房イチョウ」の看板。時間はあるし、1km先ってあるから行ってみた。
写真 1.JPG
黄色いイチョウを想像してたらまだ緑真っ盛りだったw。
また黄色くなったころ見に行こう♪
お腹がちょっと空いたので、途中にあった看板「おやき あります」の元気だせ屋さんに寄った。
写真 2.JPG
1個270円を2個買って、1個は歩きながら食べた。この写真は帰ってからお家でゆっくり頂いた。
灰焼の固いおやきでとってもおいしかったです!

八代峠はけっこう登るって覚悟してたけど、やっぱりがっつり登ったw。
下りてきてとっても黄色いイチョウが。でも、そこに行く道に行かずにスル―。長福寺の大銀杏で有名なスポットらしい。残念!!

クラフトパークあたりからは山麓を通れないので、下りてタンボ道を突っ切る。
すると、子猫ちゃんが「ミャー」と言って近づいて来た。目ヤニがいっぱいでハエが2匹くらいぶんぶんしてる。とってもかわいくて連れて帰って目薬さしてあげたかったけど・・・そこから家は走って1時間。無理だ〜(真剣に考えたw)

4時間くらいの晴天の秋のランニング、楽しかった!
posted by ゆかりん at 18:17| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

報告会

TJAR報告会が東京で行われた。出場選手は義務みたいになっていたので参加。
もちろん、参加したみんなやスタッフに会えるので楽しみでもあった。その後のパーティーも♪

その前に東京に出たついでに知り合いに紹介してもらったショップへ。
シューズのインソールを作ってもらった。
写真 1.JPG
職人技だ〜。足のためになるお話も!

さて、報告会は装備展示担当だったので荷物多く・・・都会の電車ではけっこうヒンシュクな場面も。
写真 2.JPG
参考になったかな???

パネラーも務めさせていただいて、TJAR出場のきっかけやその準備についてお答えしました。

パーティーは楽しく盛り上がり、いろんな方とお話出来て楽しかった!
会場もこんなに素敵なところ・・・
写真 3.JPG

結局2次会3次会も参加してホテルには1:30ころw。
次の日はMAMMUTへ挨拶に行って高速バスでanryが帰って来る前に帰る。
そんな忙しさも楽しかった!さあ、次に進も―!
posted by ゆかりん at 18:16| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

池田の七色カエデ

良く晴れた土曜日の朝、anryがテレビ見てる間に池田の七色カエデを見に行ってきた。
土日の昼間はきっと混んでいるし、朝練になって調度いい。
やっとロードバイクのパンク修理が終了(結局旦那さんにリムテープ貼り替えてもらって直してもらった)。
久しぶりのツーリング♪目的地手前の坂がかなりきつかったけど、何とか押さずに到着!
写真 1.JPG
8:00頃だったけどもう数人見学者。
池田の住宅地を通って、北アルプスでーーーンを見ながら気持ちよく帰って来た。
・・・あまりトレーニングになっていない気がするけど・・・まあいっか(笑)

帰って来たらanryとお散歩。
anry自転車、私run。まだランニングで着いて行けるな!
しかし、ちょっと前は乗れなかったのに上手になった。
穂高神社では七五三でにぎやかだった。
写真 2.JPG
こんな仏像も!

クラフト市みたいなのやっててそこでアイス食べたりうどん食べたり。
駄菓子屋寄ったり・・って食べてばっかり?でもこれが楽しいからいいよね〜
posted by ゆかりん at 18:14| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

スザク

小布施の小布施堂の朱雀(すざく)という栗菓子が有名で、20日までと言うことで、早速。
白馬のお友達(男性)二人と現地で合流。
9:00開店30分前から並ぶ・・・
沢山の人が並んでいてびっくり!
並んで整理券をもらって、最短の時間が10:30って!
どんだけ人気なの???
私はその辺の山を走っていようと提案したけど、冷静な男性達はその辺を観光すると。
買い物したり、その辺を散歩。
まだ時間があるので北斎館に。前に行ったことあったのであまり進まなかったけど合わせて同行。
二人の男性はあーだこーだ楽しんでいるよう。私が口を挟むと的を得ていない感じ(汗)
やっと時間になって行くと、ならんでる!ってか沢山の人が栗菓子を座って食べている!
やっと席に通されると合席。特に断りもなく普通に!
緊張して座っていると合席の奥さま組に朱雀が運ばれて来る!わーーーーと思って横目で見る。
ついに私たちにも!写真 1.JPG
なんじゃこりゃーーーーー!栗のお化け???
味も栗そのもの。モンブランなんて想像しては行けません。生クリームが恋しくなるくらい・・・これはスイーツじゃない!点心とは良く言った!w
けっこうなボリューム。この半分の量で半額(500円)にしてくれればいいのにな・・・

堪能した後は近くの里山、雁田山へ。
posted by ゆかりん at 18:12| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

五竜ラウンド撤退

柏原新道から入って五竜に抜けたい!
そう、八峰(はちみね)キレットを通って。
信濃大町駅に一台車デポ。3:00より柏原新道を進む。
とても寒い朝。前日には台風が通過している。台風一過の晴天は約束されていない。今日の天気予報は微妙。
途中から石が凍って滑る。霜柱が長い。種池山荘手前はうっすら雪が。
薄明るくなって来て鹿島槍を眺めると・・・
写真 2.JPG
白い。
道も北側は雪がうっすら乗っている。足の置き場が難しくててスピードが出ない。
寒さも半端ない。夜明け前のこの時間が一番寒いのは分かっているけど・・・ダウンとカッパのズボンを着こんでも寒い。この状況だと時間のうちに五竜を抜けるのは難しそうだ。神城駅12:36発に乗らないと子供の帰る時間に間に合わない。雪道で急ぐのも危ないし。もう来年の宿題にしよう。
せっかくなので日の出を待った。・・・寒い。
写真 3.JPG 写真 1.JPG
厳しい状況の景色はいつも美しいものだ。

とりあえず種池山荘まで戻った。そしたら、先々週通った方は雪がなさそう!
時間もあるし、ルートは危険な所はないし。今回はそっち周りで帰ることに。
写真 1.JPG 写真 4.JPG写真 2.JPG 写真 3.JPG
ちょっと雪あったけど問題ナシ。
写真 4.JPG
黒部湖が紅葉と水の色とでキレイだった!

写真 5.JPG 
針の木小屋からの谷の風景は以前の紅葉の賑やかさは全くなく寂しい感じ。
下山はちょっとガレてたとこと氷がやっかいだったけど、楽しく下った。

時間があったので薬師の湯で温まってそこでお昼。
写真 2.JPG
私はダムカレー(800円)普通においしかった。

次はどこに行けるだろうか・・・。








posted by ゆかりん at 17:12| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

雨でも

雨だったけど松川大町あずみの公園へ。
ココは建物の中で遊べるので。
ただし、そこまでは歩かないと行けません。
写真 1.JPG
傘にカッパで完璧ですw。

写真 2.JPG 写真 3.JPG

途中のコスモス畑。とってもキレイ。花が大きかった!

写真 4.JPG
お部屋の中のアスレチック。写ってないけど、何人か子供来てました。
でも、ここまで来るのは親も面倒なので、やっぱり晴れの時より混んでいません。

クラフトも。
写真 5.JPG
最後のお客さんで帰りはさびしく三人であずみの公園を歩きました。

雨でも出掛ける、なんだか得した気分になります。



posted by ゆかりん at 10:59| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

穂高槍ラウンド

上高地起点の1DAYは朝と帰りの時間が制限される。はたして穂高―槍は出来るのか?
まだ通ったことのない穂高岳山荘―槍を通りたかったのでこの計画を立ててみた。当初、下山の時間がタイトなので、蝶ヶ岳を越えて三股に下りようと思ったけど、ゲートが閉まったら自力で通れば問題ないということで、朝一のタクシー(4:55ゲート開門)で上高地バスターミナルまで。幸い同乗者が4人になったので、一人の値段は1050円と安くなって良かった。(沢渡―上高地バスターミナルは定額で4200円)
写真 1.JPG
暗い中、もうターミナルは賑わっていた。
5:10頃出発。まずは河童橋を目指す。岳沢入り口まではランニング。暗くて景色関係ないので林道を通った。
岳沢小屋まで登りの整備の行き届いた道。段々日がさして穂高連峰が輝く。
写真 2.JPG

岳沢小屋はゆっくり景色を眺める人が何人かいて、ゆっくりした時間が流れていた。

写真 3.JPG
今回はゆうじんさんが同行。このルートは単独は自信がない。
ライトをしまったり、上着を一枚着たり整えて出発。ここから少しずつ岩場が現れたのでヘルメットを着けた。ハシゴは鎖があるが、天気が良いのでコンディションが良い。
写真 4.JPG 写真 5.JPG
前穂高岳は最初の計画ではスル―だったけど、せっかくだから寄ることにした。山頂は意外に広い。
写真 2.JPG 写真 1.JPG 写真 3.JPG
写ってる人は先客の方。絵になったのでついパチリ。
北尾根を通っている登山者がいて、クライミングの世界がここにあることを改めて思った。
奥穂高に尾根は続いているけど、ピストンでもとの分岐に戻される。
写真 4.JPG
この岩の上に道が。カッコイイ景色が次から次へとあらわれる。
奥穂高までは一回下って登るがすぐに到着。何度か来ているけど、今回が一番天気が良く景色が最高!ジャンダルムに登ってる人が見えた。
穂高岳山荘に下ろうと行くと雪。うっすらだけど、所々凍ってて怖い。山荘前の鎖ハシゴ場はけっこう怖かった。
山荘は人が多いと思ったけど、少ない方なんだろう。お腹が空いたし、温かいものが食べたかったのでカップラーメン(400円)日焼け止めを忘れたので欲しかったけど売ってなかった(北穂高岳山荘も)
写真 5.JPG
涸沢岳の登りは疲労を感じててキツかった。
写真 1.JPG
ふり返ると穂高岳山荘が小さく見えた。
その先の岩場でスイッチオン。疲れたなんて言ってられない!集中してこなす。
写真 2.JPG
所々凍ってる・・・
岩の感じがすごい!険しいルート+雪に四苦八苦。
写真 3.JPG
北穂高山頂は何人かでにぎわっていた。クライマーが多い。
北穂高岳山荘は山頂に食い込むように立てられていた。すごい所に作ったな、悪天候の時はさぞかし怖いだろうな・・・。今日はお天気が良いので登山者はテラスでみんなくつろいでいてリゾートな雰囲気だった。
写真 4.JPG
さあ、先を急ごうと進むと・・すごい急な下りが始まった。
しかも雪がついている。下には単独女子が下りている。石は落とせないのでとっても慎重に下りた。何度かアップダウンを繰り返した。
写真 5.JPG
長谷川ピークとやらのナイフリッジな岩場。しかし、その前の方が怖かったのでここはあまり怖くなかった。何処がキレット??と疑問をいだきながら最後の岩場を登った。この岩場のことがキレットかと思ったら、北穂高からの険しいルートの総称らしい。最初の飛騨泣きという所が一番こわかったな!
南岳小屋からは全く山容が変わっておだやかに。
写真 1.JPG
水がなくなって来たので南岳小屋へ。しかし、水500mlでここまで来たぞ!涼しいので水が少なくてOK。インスタントコーヒーセルフ200円と持って来てたどら焼きでほっこり。駄菓子が充実してて良い小屋だった。
15:30槍ガ岳山荘が今日のタクシーに間合うぎりぎりと思い、先を急ぐ。南岳〜中岳は平で走れる。
槍ガ岳手前はごろごろ石区間。でも、ところどころ走れるのでスピードが稼げて良かった。リミットより早く着いた。
写真 2.JPG
ので、ついでに槍ガ岳も登った。渋滞がなくて快適。
写真 3.JPG
山頂からのハシゴは相変わらず垂直で長い。
戻って来て15:35になってしまって下山開始。さて、バスにも間に会うかな?なんて期待もあったけど、やっぱりながい長い。走っても走っても着かない・・・。けっこう走ったけど、 6:00の最終バスは絶対間に合わなかった。ゲート閉門前のタクシーのリミットは6:45と聞いていたのでそれを目指して走る走る。こんなにはしれるんだ、と我ながら感心w、バスターミナルに6:40!間に会った!
社内では涸沢のDVDを見せてもらって、沢渡駐車場の車まで横付けしてもらった。間に合わなかったらゲートまで走ってタクシーを拾えば、なんて思ってたけど、やっぱりゲートまでは長いのでタクシー間に会って良かった。。。
疲れて冷えていたので20:00までやってるという湖畔の湯へ。740円で安くなかったけど、温まって極楽だった。すごくお腹が空いてたので、同行者の車を置いた波田まで行って食事。福金源は安いのにボリューム満点!味もおいしかったけど・・・胃腸が追いつかず残した。。。これからは胃腸の衰えも課題だと思う。


5:10上高地バスターミナルー6:30岳沢小屋―8:15前穂高8:20−9:30奥穂高岳―10:50穂高岳山荘10:05−10:25涸沢岳―11:40北穂高岳―北穂高岳山荘11:50−13:30南岳小屋13:45−15:05槍ガ岳山荘―15:15槍ガ岳15:25−15:35槍ガ岳山荘―18:40上高地バスターミナル
posted by ゆかりん at 08:06| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

休校

近所に熊出没につき、午後からだった小学校は、熊が見つからないので休校に・・・
今日は何故か夕食休みでお弁当の日で、あさ頑張って作ったのに・・。
昨日は台風で午後からでしょ、明日は教員の研修かなんかでお休みでしょ・・・
まったく。

ご機嫌とりにお庭でランチ
写真.JPG
その後洗車して・・・良い休日だった?
posted by ゆかりん at 21:18| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

針の木岳周遊


あまり時間が取れないけど、紅葉を見がてらぐるっとしたい。
登山口が近いし、過去の記録を見て6時間くらいで回れるかな、と今回のルート。
針の木岳ー種池山荘周回。
8:30下山口の柏原新道に車を置いて針の木に向かう。ターミナル周辺も紅葉が見ごろ。
写真 1.JPG
ちょっと近道して大沢小屋。もうすでに閉鎖!そうか、そういうもんか、と今更思う。小屋の営業を確認してから出かける季節になったんだね。
その後全て夏道。実は初めて、下の方は高巻きがあったりでするので、雪渓のある時期の方がラクだなあ、と思った。それでも2時間弱で峠。
針の木以降のとがった岩の岩場はスピードが出ない。
周辺の紅葉はきれいだった。
写真 2.JPG 写真 4.JPG
写真 3.JPG
ふり返るといつも針の木岳がそびえ立つ。針の木岳ってかっこういいなあ、と思った。
赤沢岳あたりまでとがった岩の多い岩場が続く。そこからガスで景色が見えなくなったのでもくもくと進む。新越山荘がやってなかった。針の木小屋はやっていたが・・・。けっこういいペースで進んでいたので喉が渇く。新越山荘でコーラ休憩でもしようと思ったのに・・。水が50ccくらいしかなくて心配だったけど、その後は走れたりして1時間もかからず種池山荘だったので助かった。
周辺の紅葉見事!ここだけでかなり楽しめると思う。
水500ml(80円)とコーラ350ml(350円)購入したけど、水はいらなかった、けっきょく下まで飲まずに行けた。
あとは下るだけ。柏原新道を下るのはとっても楽しい。しっかり整備された良い道。けっこう登ってくる人もいた。

8:30柏原新道入り口ー8:45扇沢ー11:00針の木岳11:15ー13:40種池山荘13:55ー14:45柏原新道
posted by ゆかりん at 15:51| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする